なんで弁護士になろうと思った?

弁護士業というのは、人様の深刻ななにかに首を突っ込むという仕事なんですね。二十歳ぐらいの私は、そんな仕事につきたいと思いました。性根が野次馬なんです、私は。そしてこの仕事なら一生飽きることがないだろうとも思っていました。表面的にはあらゆる人間関係を整理する仕事ともいえますが、欲を言えばその心のドロドロジメジメをポイするお手伝いができればと思うようになりました、最近は。

View more