朝日新聞によると、「銀座のクラブママが夫に「枕営業」 妻の賠償請求を棄却」という記事に、 妻の代理人の青島克行弁護士によると、裁判で妻側は「不倫だ」と訴え、女性側は性交渉の事実を否定した。「双方とも主張していない枕営業の論点を裁判官が一方的に持ち出して判決を書いた。訴訟も当事者の意見を聞かず、わずか2回で打ち切られた。依頼者の意向で控訴しなかったが、不当な判決だ」と述べた。 とありますが生成はこの弁子さんですか。ご本人でしたらお聞きしますが、判決文をあげて評釈記事などを書かれましたか。あるいは記事を目にされたことはありますか。

私がその青島です。評釈記事はとくに書いていません。おいおい私なりの見解はお伝えするつもりです。記事はこれまでは目にしておりませんが、今月号の判例タイムズに掲載されております。なので本日報道されたのだと思います。

View more