Ask @daikouzui:

きしょう
Latest answers

初彼と結婚するのはオススメしませんか? まだ彼氏が居たこともないんですけど、バイト先の人に初めて出来た恋人と結婚したいんです!って言ったら、それは良くないね〜って言われてしまいました オススメしないというか、初彼と結婚する〜なんて夢でしかないんですかね、

あなたのおっしゃることも、バイト先のかたがおっしゃることも、半分正しくて、半分間違っていると思います。
あるいは、そんなに心配いらないかな、とも思います。
--
それがあなたの価値観に近いと思うので、いろいろと単純化して、「誰もがみんな結婚を、そのなかでも恋愛結婚をめざしていて、最終的にはそれを実現させる」という前提に立って考えてみましょう。
それが初彼でも初じゃない彼でも、恋愛がとてもうまくいけば、あなたはその相手と結婚することになるわけです。あなたはおそらくまだお若いのでしょうから、むろんすぐ結婚ということにはならないのですが、ゆくゆくはそういうことまで視野に入ってくるような、長期的に良好な関係を築けるひとと恋人になりたい。それは至極当たり前のことです。だってお別れすることを前提に、恋人関係を始めるひとなんていないわけですから。
だから、「初彼と結婚する」という言い方をするひとは必ずしも多くないかもしれませんが、あなたの考えそのものに、特に変なところはありません。
--
いっぽう、そのバイト先のかたの立場から考えてみましょう。
「初彼と結婚したい!」というあなたの考えに否定的な発言をするということは、おそらくこれまでそのかたには、何人かの恋人がいたということでしょう。N人の恋人がいたということは、普通に考えればN人またはN-1人のひととお別れしてきたということのはずです。
いま恋人(あるいは配偶者)がいてしあわせならば、N-1人の元恋人と過ごした時間と、N-1回のお別れにも、それなりに意味があった、いくつかの恋を経験して、その経験があるからいまのしあわせがある、と考えている部分もあるということです。
あるいはいまそのかたがフリーだとしても、過去の恋愛を引きずっているのでないならば、同じことです。お別れした相手には、お別れするだけの適切な理由があって、いわゆる恋愛経験のようなものを積んだから、次はもう少し、傷つかなくてしあわせに近い恋ができる。そう考えるのも、自然なことです。
--
恋人になったひとは、他人じゃないと思います。恋人になったならば、お別れなんてしないほうがいい。そう考えるのがふつうです。
でもそれは、恋人と別れてはいけないということでも、初彼と結婚しなければならないということでもない。
しかしあえてもう一度ひっくり返していうならば、恋人になったひととは別れたくないし、あるいはそれが初彼でも初じゃない彼でも、結婚できれば、そして一生添い遂げられればいちばんいい。
ですから僕は、あなたもバイト先のかたも、半分正しくて半分間違っている、という感覚をもちました。
--
そのうえであなたに対するアドバイスとして書き直すなら、これから先いつかできるだろう初彼、そのひととお付き合いするかどうか検討するときに、「ゆくゆく結婚できそうか?」というところまで考えるべきではなくて、このひととひととき以上一緒に歩いていきたいかどうかでお付き合いするか考えるべきです。
あるいはめでたく初彼ができたとしても、「このひとと結婚しないといけない」のように考えてはいけません。
何度トライアルアンドエラーを繰り返したって、あるいは結婚したって、そうするだけのハードルを越えた適切な理由があれば、何度でもくっついたり別れたりすべきなんです。
でも、「初彼と結婚したい」と思うことは、その「初彼」をじゅうぶんに愛することができる無敵のエネルギーでもあります。どうかそのエネルギーは最大限にそのはじめての相手に向けて、きっとしあわせになってください。でも、そのエネルギーが尽きてしまうひとも多くて、それはしかたないことで、あるいはそのバイト先のかたもそのひとりで、そうなればトライアルアンドエラーを積み重ねていけばいい。それだけのことです。
--
もうひとつだけ、まあ結婚はほど遠いとはいえ二十代をとっくに折り返したおじさんとして付け加えるとするならば、結婚というのは生活であり現実との直面の連続だと思います。まわりの方々をみていても、それはそうです。
だからまわりの、あなたより大人なひとたちが(もしかしたら僕も含めて)、なんというかどこかシニカルになるのは当たり前のことで。
でも、それは初彼うんぬんとは関係なくて。だって初彼とずっとうまくいくなら、その彼と一緒に成長してもっと大人になって、現実と折り合えるだけのリアリスティックな部分を長い目で身につけていけばいいだけの話ですから。
--
だからたくさん夢をみましょう。恋すべき相手が現れたら、どこまでも夢中になりましょう。そこにあるあなたは誰よりも輝いています。僕たちおじさんおばさんは、それが羨ましいだけなんです。
でもあなたも数年たてば、いまの僕と同じ年齢になるわけで、しかしそれは、いまのあなたがおじさんおばさんの感性をもっていなければならないことではない。

あなたの人生の時間を、夢中で突き抜けてください。それがあなたが自分自身のためにできる唯一のことだから。
僕からは、それだけです。

View more

この人と結婚したい!というのが理想ですけど、現実は、とにかく結婚したいんだけど、この人はどうかな…?という風に順番が逆転してる気がします。婚活うまくいかない。

「順番が逆転」とおっしゃいますが、婚活ってそういうことだと思いますし、「この人と結婚したい!というのが理想」とおっしゃいますが、それは確かに理想かもしれませんが、それこそ昔から、多くの人びとにとっては本当にただの理想にすぎないものだと思います。

僕自身は婚活しているわけでも結婚がうまくいっているわけでもないのでこんなことをいうのもアレですが、「順番が逆転しちゃってるなあ……」と思うのをやめて、開き直って素直に努力できるひとのほうが、婚活は成功しやすいんじゃないかなと思います。
また、周囲の結婚されている人をみていると、結婚生活についても似たことが言えるような気がします。すべてのことに対して、ある意味では近視眼的に、素直に自分事として向き合い、ひとつひとつ努力したり、楽しんだりできることが大事なのかなって思います。

「この人はどうかな」といろいろ探している過程も、ある意味楽しむことにしましょうよ。結婚相手が見つかってしまえば、二度できないことなんですから。

View more

好きでもない人とのデートは時間の無駄だと思いますか

無駄だとは思いませんよ。結果楽しければもちろんいいですし、もし楽しくなくても、回数が重ならなければ、そんなものかな、と思ってすませればいいと思います。
また、「好きでもない人とのデート」とおっしゃいますが、そうひとまとめにするべきものではなく、相手が変われば新たな可能性がある、とも思います。

時間に追われていない状態であるならば、最初から何かを「時間の無駄」と決めつけるのは、よくないことだとも感じます。
デートのお誘いがあったのでしょうか。行かれるのであれば、あまり堅苦しくいろいろ考えずに、楽しんできてくださいね。

View more

女性からの手作りって、重たいですか? 食べ物の場合と、物を貰う場合とで、受け取る側の気持ちは変わりますか? あと、付き合っているのと、付き合っていないけど仲良しな場合も、違いはありますか めちゃくちゃな日本語ですみません

重たいというか、そこに込められたぶんの意味は当然にもつと思います。
食べ物とそうでないものだと、やっぱり変わる気がしますね。食べ物は食べるとなくなってしまうから。残るものだとして、メッセージカードくらいならどうってことない気がしますけど、身につけたり身近に置いたりしたりする手作りのもの、となってくると、お付き合いしていない限り、ちょっと重いな、と感じます。
「引き出しにしまっておいていいもの」が限度かな、というのが直感です。
お付き合いしていれば、やり場に困る大きさのものでない限りなんでも受け取れると思いますが、そうでなければ前掲のような制約というか、そんな感じのものがあるかな、というのが、あくまで僕の感覚です。
何か好きな人(?)に差し上げたいものがおありなのでしょうか。
おっしゃるようなところで迷うようであれば、食べられるもの(手作りかそうでないかはあまり問いません)に、手書きのメッセージカードを添えるくらいでちょうどいいとおもいます。あとに残るちょっとした小物くらいならあってもいいかな、とも。
でもまあ、「これをプレゼントしたい!」という具体的なものがあれば、なんでもいいかなとも思います。そうでなくて、「何かを手作りしたい!」というくらいの動機なら、手作りじゃなくても思いは遂げられるはずです。
注意しなければならないのは、込められた思いが大きくて「重たい」のと、もらった物が扱いに困って「めんどくさい」のとは慎重に区別しなければならず、後者は例外なくできるだけ排斥すべきで、前者についてどこまで表に出していくかが問題となっているのだ、ということです。

View more

最近仕事でのミスが多くて落ち込んでいます。なぜか同じようなミスを繰り返してしまいます。上司には、よく振り返って、行動をどう変えて行けば良いか考えろと言われました。どうしたら良いのでしょうか…(;_;)

ミスがあることは仕方ないとして、「行動をどう変えるか」なんてあまり大きいことを考えないのがいいと思います。まあ、それを言葉にすることが求められる場面もあるのかもしれませんが、そこと自分の行動は切り分けてしまいましょう。
ミスを繰り返さないために必要なのは、次に同じミスをしかねない場面で、自分がおかしたミスについて思い出すことができるようになることです。
結局のところできることは地道な対策なのかもしれませんが、仕事関係じゃない人に他愛なく自分のミスについて話してみるのも案外効果があるかもしれません。

View more

また会いたいと思う人がいるんですが、積極的なれません。会うのに理由、目的、口実がないと誘えないというか…なんて誘ったら良いかわからなくなります。。相手にどう思われてるかわからなくて怖いのかもしれません。

とりあえず、会いたいと思うならそれでじゅうぶんだと思います。理由や目的なんてなくても自然ですよ。
またお目にかかりたい、ごはんでも食べましょう、そのくらいでいいじゃないですか。
変に勘ぐられるのが嫌なら、「特に何があるわけでもないんですが」とか付け加えてもいいかもしれません、という程度で。
どう思われたところで、会いたいひとに会えないと意味なくなっちゃいますよ。なんて。

View more

きしょうさんがつらいと わたしもすこし せつないです。 どうか おからだに きをつけてください すきです、きしょうさん

ありがとうございます。
あなたが切ないと、僕は悲しいです。なので、身体には気をつけますね。できるだけ。

僕もあなたのことが好きです。
どうか今夜も、よい夢を。

View more

ある恋愛コラムに「ちゃんと告白したり、交際する前から相手を大好きすぎる気持ちを悟られてはいけない」と書かれていたのですが、私は(さすがに「好き」という言葉は避けますが)好きな人に会いたいと思えば、会いたいと伝えなければ気が済みません。 付き合ってもいないのに、私の一方通行な想いだけでそんな行動をしてしまうのは、やはり迷惑なことなんでしょうか

うーん、「恋愛相談おじさん!」とか浮かれたことを言いまくっておいてなんだと思われるかもしれませんが、世の中にあふれる恋愛コラムなんてろくなもんじゃないですよ。
もちろん、「世間のいろいろな意見の総和」とか、「多くの人が流されやすい声」とかを知るには役立ちますけど、その程度のものです。
そういうコラムって、多くの人に響いたほうが勝ちなんですから、極端な意見とか角度をつけた意見を、わかりやすい表現で投げつけているにすぎないんです。

僕はほんとうによくわかりませんが、駆け引きみたいなものの一環としてそういう態度をとりなさいということなのでしょうか。
でもまっすぐな気持ちがあるのに、それを封じ込めるなんて、あとから何かがこじれてくるに決まっています。
誰かに幸せだねと言ってもらったり、幸せをアピールするための偉そうなコラムを書いたりするために恋愛をするのではなく、ただただあなたが満たされるために恋愛をするわけであって。

だからあなたがしなければ気が済まないことがあるならば、まずそれをすべきであって。それを前提として、あなたが手に入れたい結末と折り合わせることを試みるべきであって。
迷惑なんて、考えないでください。あなたの世界に存在するひとりめはあなたであって、その次にようやくふたりめとして好きな人が存在するんですから。

あけすけにまっすぐに想いをぶつけるならば、万が一迷惑だったとしても、それにお断りの返事をする余地はあるということで、それは健康的なコミュニケーションです。
どうかどこまでもまっすぐなあなたであってください。どこまでもまっすぐ、いろいろなものを見られるようにしていてください。受け入れたいものも受け入れたくないものもあなたの世界にあって、それを正面から受け入れることです。

View more

好きな男性に、4年ほどお付き合いされている恋人の方がいるのですが、どうすればその男性と発展できますか。それとも諦めた方が良いのでしょうか。

素朴に考えれば、たぶん諦めたほうがよいのでしょう。こういう文脈になったとき、4年という時間はやはり重いです(その事実だけでなく、その男性自身が4年という時間をもはや諦められない、というところまで含めて)。

しかしひとつ思うのは、かような状況であるわけですから、少しだけ捨て身になってみてもいいということで。肉弾戦を挑めみたいなことではなく、まあ自分から気持ちをきちんと伝える、くらいの意味です。
どうせ失敗しても相手は変わらないのであって、何も言わず諦めたところであなたがもやもやするだけです。

可能性はあまり高くないですが、4年付き合っている恋人の存在が公になっているのであれば、相手とうまくいっていないとしても、公になっていること自体が「次」の可能性を遠ざけてしまうこともあると思います。
すべての可能性を勘案しても、一対一の関係だけをとらえているならば、あなたの「好き」はどこかへぶつけておくべきだと、僕はそう思います。

View more

10ヶ月前「冗談を言う男性は何かを試しているんでしょうか」と相談した者です。あれから食事に誘うなど友人として少しずつ距離を詰めいています(長期戦です)。先日二人で飲んでいる流れで、初めて彼の家に行ったのですが、ベッドで添い寝(腕枕や、手を軽く握られる程度のスキンシップ)をして終わりました。朝「ソフレってやつですね」と何度か言われて、(ソフレって…私の気持ちを知ってて言ってるの?)(その先に進む気はないんだ…)とモヤモヤ苛立ち、悲しくなりました。彼の言動をどう捉えていいのかわからずにいます。はっきりさせようとすると、かわされてしまう気もして。しばらくは曖昧にしておくべきですか?

https://ask.fm/daikouzui/answers/127056696303
https://ask.fm/daikouzui/answers/127095878895
こちらのaskをくださったかたということですね。ご無沙汰しております。またaskをいただけて嬉しいです。
前回くださったask、ちょうど引っ越しの準備をいろいろしていた頃だったこともあって、お答えしたときの情景まで含めてよく覚えています。

さて。
最初に結論を申せば、他人であり、かつ男性である僕からすると、曖昧にしておくべき時期は過ぎてしまった、という印象です。

彼に関しては、少なくとも1年近く、ゆっくりしっかり距離を詰めてきた相手に、「ソフレってやつですね」なんて言えるあたり、ちょっといけすかないな、と思ってしまいます。
だけど一方で、そうやってやっぱり冗談めかしてしまいたい気持ちも、なんだかんだわかるような気がして。ことあなたに対しては、冗談を言いかさねて関係をつくってきたわけですから。

忘れないでいただきたいのは、僕はその彼のことを(そしてあなたのこともほとんど)何も知らないということです。

その上で申しますが、ソフレとか言ってる時点で、あなたと彼は明らかに他人ではありません。ソフレなんていうカジュアルな関係がもしわかりやすく成立する世界線があるとしても、そのソフレって何人も何十人もいるものですか、という話です。
またあるいは、「ソフレ」発言は、彼にとって特に意味のないことだとも思います。それで何かを約束するわけではないわけで、ただただ状況を冗談めかして説明しただけ。ソフレになりたかったわけではなく、ソフレでいいと思っているわけでもない。ただのバズワードとしてソフレと言ってみただけ。その先に進む気はないわけではないけど、あるわけでもない。そんなところだと思います。

前回のときから、あなたはとても真面目なかただとお見受けしています。
前段で「ソフレ」の捉えかたについて真逆ともとれるふたつを紹介したのは、曖昧なことを信じたり頼ったりすることが難しく、しっかりと約束したいと思っていらっしゃるようなあなただから、あえてそうしたまでのことです。
そして、そんなあなたにとっては、そろそろその関係を曖昧にし続けても、あまりプラスにならないと思うからです。

あなたのおっしゃる「私の気持ち」の中身はよくわかりませんが、おそらくそこに、彼への戸惑いこそあれ、嫌悪感のようなものはあまりないでしょう。10ヶ月前のあなたも、きちんと告白されれば付き合いたいとおっしゃっていましたね。
逆にいかなる方向であれ、彼が「きちんと」してくれないからこそ、あなたはもやもやしてしまっている。客観的にみて「他人ではない」ようなところまできたのだから、そのレベルでもやもやしていても、あなたはもう何も得られません。
あなたが彼とどうなりたいのか。どうしたいのか。あるいはいま、どのような戸惑いを抱えて、彼と対峙しているのか。ぶつけて反応をみてみるべきところまできていると思います。

そうしてはっきりさせようとしてみて、かわされたとします。そのとき、あなたはもしかしたら少し傷付くかもしれない。でも、たぶんあなたがたの関係は変わりません。
誠心誠意、ほかに手段がないくらいの方法ではっきりさせようとしてみて、それでもかわすような相手であれば、すっぱり諦めるべきで。あるいはそうならないように、はっきりさせるように働きかけるべきでもあって。

あるいはこれは僕個人の感覚ですが、男性として素朴に、ある程度踏み込んで申せば、添い寝してくださる女性の方はとても貴重な存在ですし、それ以上のことを踏みとどまれるということは、あなたのことを得難い存在と自覚しているか、もしくは男性機能にひどく乏しいかのどちらかだと思います。

だらだら書いてしまったので、最後にすっぱりまとめます。
あなたはおそらくベストを尽くしました。長期戦であること、そしてあなたがそれをしっかり戦ったことは、彼も(態度はどうあれ)わかっている。
だからそろそろ、結論を出すことを(遠回しか直截かは関係のバランスによりますが)あなたの側から迫るべき段階にきています。
これ以上その関係を続けても、あなたに残るのは「もやもやさせてくる彼を失わなかった」という消去法の未来だけで、あなたに約束されるものはどこまでもない。そう思います。

珍しく、askへのお答えで強いことを言った気がします。
でも、本気です。思っていたお答えと違っていたらごめんなさい。でも、これが僕なりの誠実だから。

またお話聞かせてくだされば嬉しいです。では今日はこのへんで。

View more

チャーミングな女性、とは。

「チャーミング」という表現、割と好んで使う(使っていた)なあ、と思うなどしています。
直訳すれば「魅力的」あたりになるのでしょうか。割と万能な表現です。

ですから「チャーミングな女性」といわれて、特定のタイプのかたを想起することはなくて。ある意味で、程度の差こそ大きかれ、「好き」と方向性は似たようなものかもしれません。理由ははっきりしないような、たくさんあるような、だけどとにかく「いいな」と思うひと。そんなところだと思います。

View more

最近どうですか?

仕事が忙しくて休みに乏しいのですが、体力的にはそこまできつくなくて、ちょっと無理したりうまく合間をぬったりして飲みに出かけたりもしていて、充実はしている、という感じです。
何かで忙しくないと生きている実感が得られない人なので、これはこれで、と思ったりもしますよ。でももうちょっと、仕事よりチャーミングな女性のかたに構ってもらえる機会のほうが多くてもいいかな、と感じます。ええいつものように酔ってます。

View more

好きな人の好きな女性のタイプが、品の良い人だそうです。きしょうさんにとって品の良い女性とはどんな人ですか?

他人を傷つけるようなことを言わないひとです。

View more

募集してますか?

先ほどの件でしょうか。
募集という言い方はしっくりきませんねえ。そういう相手がいればそうなるし、いなければそうならないということです。

View more

きしょうさんはセフレ欲しいとか思うことありますか?

たまに思うことはあります。
理由や目的がはっきりしている関係のほうがいいですね。

View more

1年ほど前、気になる男性から告白されたのに、自分の気持ちに自信がなくすぐに返事ができませんでした。さらに何度か食事に行くうちに私も大好きになり、体の関係を持ちました。しかしその後付き合おうという話は出ず...。好きだったとはいえ、軽率だったと思います。猛省しています。彼と付き合えなかったことも辛いですが、彼に軽率な人間だと思われたんだろうなと思うと、胸が張り裂けそうです。今でもたまに仕事関係で会います。その度に精一杯の何でもない態度を取るのですが、本当は今でも大好きです。でも、もう手遅れですよね

なかなかお答えの難しいaskです。
手遅れか手遅れでないかということですと、僕にはなかなかわかりかねます。でもひとつ言えるのは、例えば手遅れであったとしても、あるいはまったくそうでなかったとしても、あなたが彼のことを好きであり続け、さらにそれと裏腹に彼に対してなんでもない態度をとり続けている限り、あなたのおかれている状況は変わることはないということです。
もっと言えば、手遅れかどうかは、あなたが確認しなければわかりません。いただいた文面から判断するに、関係がぎこちなくなってしまってからは1年も経っていなくて、それは素朴に考えれば短くはないですが長くもない時間です。流れてしまった時間より、あなたが精一杯なんでもない態度をとることを繰り返してきたことのほうが、事態としては重いと思います。
しかしみずからの振る舞いや態度であれば、改めることができる。それは時間を巻き戻すことができないこととは対照的で、ある意味で希望でもあります。

そのうえでもろもろの経緯について印象を述べますが、まず彼は、果たしてあなたのことをほんとうに軽率な人間だと思ったでしょうか。男性なりに考えてみると、僕はそこが少ししっくりきません。
軽率というのがつまり、そういう意味で奔放で「軽い」みたいな意味であるならば、しかしそれは彼もある意味で共犯のはずです。むしろ、彼のほうには自分が告白して答えてもらえていなくて、その状況の中で身体の関係をもってしまったのですから、あなたを軽率だと思うより、自分自身を軽率だったと自己嫌悪するほうが先に立つような、そんな気がしてしまいます。

どちらから誘ったのか、お酒でも入っていたのか、どんな形で身体の関係をもつことになってしまったのかは判然としませんが、告白したりそれに応えたりする過程に存在するであろう逡巡や手数について想像すると、薄暗い部屋に入って、下だけでも服を脱いでしまえばおおむね問題なくできてしまうセックスは実際よっぽど簡単です(だから貞操観念みたいなしくみがあるのだと思います)。
別にそのようなことを推奨するわけではありません。しかし、それはわかりやすいメルクマールのひとつではあるけれど、交通事故のようなランダムイベントのひとつととらえておくほうが健康的です。そこに一対一の好意がなんらかの形で存在したことを、少なくともあなたは知っているわけですから。

話が少し逸れてしまいました。
他人事として読んだり考えたりしていると、関係をもったあとに付き合おうと言い出さなかった彼は少しいくじがないと思いますが、前述の自己嫌悪もあったのかな、と考えてみると少しかわいそうにもなります。
一方で、あなたは彼に対して、身体の関係を許す(許してしまう)以外のシグナルをなんらか送ったでしょうか。有り体にいえば、告白の返事ができていないのはあなただったのだから、あなたから何か言ってみるという形だってあり得たはずです。

「付き合おうという話は出ず」とおっしゃいます。
でも、付き合おうなんていう重大な話、何もないところから湧いて出てくるものではありません。彼はそのような話をしなかったし、あなたもしなかった。それだけのことです。
恋人関係が生まれる余地がそこにあったとしても、これではなにも生まれてきませんね。困りました。

あるいは、そのときにはもう彼の気持ちはなくなってしまったのでは、と思われるかもしれません。しかし前述のように、僕は彼があなたのことを軽率だと思って評価を下げてしまうようなことはあまりあり得ないと思っているので、もしあなたのことを好きな気持ちがその時点でなかったから付き合おうという話を出さなかったのであれば、身体の関係うんぬんとは関係なく、それ以前の時点で気持ちはなくなっていたということになります。

うだうだ述べてきましたが、つまりはあなたが後悔すべきことがあったとすれば、何か(セックス)をしてしまったことではなく、何かをしなかったことで、逃してしまったものがあるかもしれないということで。
そしてそれは、あなたのいまの状況とも重なります。

どのような経緯でそのような距離感に至ってしまったのかはわかりません。もっといろいろつらいことも実際はあったかもしれない。もしそうであれば申し訳ないですが、いただいた質問文から素朴に思うのは、いまでも大好きな気持ちがあるのであれば、なんでもない態度をとるのではなく、そのエネルギーを少し前向きに使ってみませんか、ということです。
自分からいくのは、どちらかというと苦手でいらっしゃるのでしょうか。でも、いきなり告白しなさいとか、もう一度身体の関係をもちなさいとか言うのでは、もはやありません。食事にでも誘ってみましょうよ。結局のところありきたりなご提案になっていますが、どこまでもそう思います。

だってそうしないと、その「なんでもない態度」が、実は「なんでもなくない」ということは永遠に伝わりません。それが伝わらない限り、あなたがたの関係やあなた自身の気持ちは、時間の流れとともに「手遅れ」の境地に向けて確実に進んでいきます。
あなたのとった行動がすべてよい方向につながる、なんて無責任なことはいえません。ひとりで過ごす数ヶ月間は、新しいひとと出会って恋人をつくるにはじゅうぶんな時間でもあります。つまり、もしかしたらすでに手遅れなのかもしれない。だけど、窓をひらいて確認しないとそれはわからないじゃないですか。

今夜は少し調子がよくて、長々とお答えしてしまいました。
僕はどこまでも正直な印象を述べたまでですが、どうか少しでもあなたの心に引っかかって、少しでもよい方向に動かすことができていたらいいな、と思います。

View more

来るかわからない人を待つのはつらいね

つらいですね。

View more

孤独に押しつぶされそうです

そうですか。それはたいへんです。
孤独が特定の誰かの「不在」にすぎないならば、埋める努力をするか紛らわせながら耐えるかしかないのだと思います。他のものでは代えることのできないものだと思うから。

一方で、それがかたちのない「寂しさ」であるならば、誰かととりとめのない話をする機会をまずは持ちましょう。そのなかでいうならば、askをくださったのも、悪くない手だとは思いますが、やはり生身の他人は質が一段と異なるものだとも思います。
可能性は低いでしょうけど、僕でよろしければ、ぜひお呼び立てくださいね。場所時間の制約はあるのでしょうけど、最近の僕はひとと会う用事がないとメリハリなく働いてしまうので、そんな機会があってもいいかな、と淡い期待のあるところでもあります。

お答えが夜遅くなってしまいました。
まずは、よい夢を。

View more

好きかどうかわからないのに、別れたらさみしいから別れられないのって最低ですよね。相手が可哀想ですよね。どうしたら良いんでしょう。都合よく新しい人は現れないし、自分でさみしさへの耐性をつけるしかないですか。

少し変なことを言いますが、恋人関係を続けるのに「好きかどうか」は条件として不要だと思います。どちらかが別れたくなったときに別れが切り出される、それだけの話で、「好き」は最初にマッチングさせて関係を形づくるための引力でしかないんじゃないかなって。
もちろん、きちんと「好き」であることは「別れよう」と思うことを明確に妨げますから、関係が続く前提であれば「好き」であるにこしたことはないのですが。

あなたが「さみしい」とおっしゃる内実は、おそらく「ひとりがさみしい」ということなのだろうと思いますが、しかしそこには確実に「(好きかどうかわからないけど)このひとと離れるのがさみしい」という要素が含まれています。
都合よく新しい人が現れないのはもちろんのことで、だからこそそのふたつの「さみしさ」は、ないまぜになって存在しているはずなんです。

「好きかどうかわからない」とおっしゃいます。でも、自分の「好き」を確信できるひとなんてそうはいませんよ。だから最低だなんていわないで。それは知らず知らずのうちにあなた自身の心を重くして、あるいはあなたのなかにいるお相手のことも縛りつけてしまいます。
人間のこころには揺らぎがあり、あるいは、こころの動く速さには個人差もあるのですから、必ずいまこの瞬間に、気持ちが釣り合っている必要はなくて、ただたまたま一緒にいること、それを悪いことだと思わないならば、それでいいのだと思います。

たぶんあなたは、「好きじゃない」って思えたときにはきちんと、「さみしさ」に勝ってお別れすることができるんだと思います。だから、やっぱり最低なんかじゃありません。そのときはもしかしたら、新しい人が現れたときかもしれないし、ただ自分のなかのもやもやに押し切られたときかもしれない。もしくは、あなたがさみしさへの耐性を身につけたときかもしれません。
でもそのときがきたら別れることができるとしたら、同じことだと思います。

View more

私は人前で手をつないだり、あんまりイチャイチャしたくない人間なのですが、相手は、付き合ってるのに手繋がないなんてオカシイでしょ、みたいな人で、恋愛に対するスタンスのズレを感じています。違和感を感じながらも手を繋がなきゃいけないのかと思って、仕方なく?繋いでますが、この価値観のずれは小さいようで大きいのかな?と思うので、相性が合わないということで、早くお別れした方がよいのでしょうか。 他にも、この日は友達と会うから夜は会えないと伝えていた日に、夜話したいんだけどLINEがきて、断ったら、「優先度低すぎじゃん」と逆ギレ?拗ねられちゃって、ちょっとそういうのも面倒くさいなあと思ってしまいました。

ふうむなるほど。確かに、価値観のうち大事な部分がずれているような感じがしますね。
あまり我慢しすぎないことは少なくとも必要で、お相手の方はカリカリしたり拗ねたりすることこそあれ、あまり何も我慢してはいないように思えて。関係を続けることを前提として、それが一定程度我慢によってつなぎとめられなければならないものであるならば、その我慢はお互いがおおむね平等にすべきものだと思います。

あるいはもちろん、バランスをそこまでもっていくのが難しければ、お別れしてしまうという考え方もありです。
そのほうが、いっときパートナーはいなくなってしまいますが、それ自体が自由の象徴でもありますし、あるいはより相性のよい相手を見つけられるチャンスもなんだかんだ高まりますからね。

そのうえで、これは完全に僕の勝手な印象ですが、身体的接触のとりかたに対する感覚、つまりここでいう「人前で〜」というものは、案外時間とともに感覚がすりあっていくものだとも思います。ただ一方で、人付き合いに対する考え方の問題、つまり「優先度」云々の件に関しては、なかなか変えられない相性の部分だったりするんじゃないかな、と。
しかしいずれにせよ、あなたの「違和感」「面倒くさい」をまずは大切にしてください。それをおさえつけることが、恋人に対する誠実さでは微塵もなく、あとになってやはり、あなた自身がそれに苦しめられる、問題の先送りにほかなりません。わざわざ骨を折ってまで、問題を先送りすることはないんです。

まとめとして少しだけ建設的っぽいことを言うならば、あなたがそれでもいいかなと思えるなら、別れようとしてみちゃえばいいんじゃないでしょうかね。ショック療法ではありませんが、お相手の方がそれで少し変わるかもしれない部分もないではありませんから。

View more

きしょうさんアスクフムに戻ってきてほしい

ぼくはいつでもここにいるよ。

(アカウント作らないと質問できない仕様になったことに愛想を尽かして移転したのでした。でも、こちらでもいつでもお答えしますよ!)

View more

気になっている方がいて、何度かデートをしているのですが、実はバツイチなのだとカミングアウトされました。なんだかショックです。どうしたら良いかよくわからなくなってしまいました。

ショックなのは、どうしてでしょうか。
むろん、「そんなことは想像していなかった」のは確かでしょうから、その点ではいくぶんショックかもしれません。「カミングアウト」という表現が妥当するような言い方を相手のかたがされたのであれば、あるいはショックであっても仕方ないとそのかたも思っていたのかもしれません。

でもどうしたらいいかと問われれば、何も変わらないんじゃ、としか申し上げようがありません。
気になって、何度かデートをして。そもそも惹かれるところがあったわけです。そうした心の動きじたいが、判明した「バツ」によって、ただちに打ち消されるわけではない。あなたはまず、その心の動きを大事にすることを考えるべきです。バツイチであることだけを原因としてその関係を終わりにしてしまったならば、それはあなたの人生にとっての後悔にしかなり得ないと思います。
社会的なことではなく、あなた自身がその関係にバツをつける(結婚して離婚するという意味ではありませんよ)まで、そのひととそのひとと対峙している自分自身を見つめるべきです。

一方で、ある意味で残酷に、冷静なことを言えば、「バツ」があることには理由があります。それに目を向けるべきです。結婚するに至る過程にはいろいろあって、バツイチであるならば、相手がひどい人だった、というケースもあるわけです(バツ2以上であるならばそのひとに原因がある可能性が高いけど、そうでないわけです)。でもそれと平等に(バツイチならば)、そのかた自身に理由があるのかもしれない。あなた自身の幸福を願うのであるならば、そこを見極める必要はある。
しかし、まだある意味でフラットなわけです。このひとに関係があるか、バツをつけた相手に問題があるか。そのことはそのひととあなた自身の関係、たとえば恋人関係までを想定するならば、なんでもないことで。バツがついてなくても、相性が悪いひとも、そもそもクズな奴も、いっぱいいます。

ここまでを前提とできるならば、カミングアウトされたことはプラスの要素です。
あなたと適当な関係を続けたいだけならば、そのひとにとってカミングアウトする必要はほとんどなくて。バツイチであることを気にするのは、あなた自身以上に、あなたの周囲にいらっしゃる、家族あるいは同様に近しい方々であることであるのは疑いないから(あなたはそのひとに惹かれていることは一人称的な事実で、それを打ち消す動きがあるとすれば、周囲の人の評価や、そこをふまえた人間関係を生きることによって形づくられた三人称的なあなたであると思うから)。

そのひとの誠実さに、まずは答えましょう。あなたも誠実に、どうしたら良いかわからない、と答えるのが先決かもしれません。
秘密にするのがダルくなっただけなら逃げ出すべきかもしれませんけど、そういうわけでないのなら、あなたが想像する以上に、そのお相手も、あなたに惹かれているのだと思います。

総じて言えば、多少なりとも惹かれている相手から「バツイチ」という新情報が与えられたからこそ、それ自体とそれをあなたが知るに至った過程を冷静に分析すべきです。そのよすがに、僕がこれまで述べてきたことがなれば嬉しいし、的外れならまたaskをいただくか、もう少し近しい相手に相談すべきだと思います。

ショックを受けて絶望するにはまだ早い。
そうなるかもしれない可能性は出てきたけど、まだそういうことでは全然ない。
長々と言った末にこれかよという感じですが、正直な気持ちです。

View more

対談の結果はどこで確認できますでしょうか?

いま、鋭意記事にまとめている最中です。
申し訳ありませんが、あと1週間くらいお待ちいただければ。
また、記事公開後にaskとしてもお答えしますので、あわせてお待ちください。

View more

その人が単純に好きなのか、その人のステータスが自分の理想と合致してるから付き合いたいだけなのか、よくわからなくなります。

「単純に好き」って、なんなんでしょうか。むずかしい問題です。

ステータスが合致しないから敬遠してしまうことは、いわば不純物なんでしょうか。
たぶん、理念型からいくと悲しいことなんでしょうけど、ほんとうは恋人関係って、「不幸にならない」ことが大前提です。おっしゃるように「わからない」段階なら問題なくて、違和感が生じてきたときにそれに応えられる余地を残しておけるところまでは、行ってもいいのだと僕は思います。

View more

あ、混乱させてしまってすみません。きしょうさんもうこっち見てないんじゃないかと思って、念のため向こうにも送ってみました。運良く認証がうまくいくときと、できないときがあります。。

わかりました。めんどくさいですよねあのロボットじゃありませんのやつ。

(いちおう内容面でもご本人確認をしたいので、やっぱりキーワードもいただけると助かります。)

View more

Loading…

About きしょう:

「なぜ女性は最後に必ず男の人生観を否定して去っていくのだろうか。肯定とともに現れたにもかかわらず。」

大後悔時代