「お互いに他の人との恋愛関係を築かないことを約束する」以外に付き合う意味が見出せません。健全な心が欲しいです。

僕も同じことを考えています。「健全」ってなんなんでしょうね。自分は不健全だとは思っていません。
せっかく仲良くなったひとと排他的な関係を築いて、そこにある自然な引力以上に近付いて、不安や不安定になったり、なんの意味があるんでしょう。
もし自然な距離感に戻れたとしても「一度埋まった距離がまた開いた」ことには変わりないし、もっともっと離れて戻れなくなってしまうことのほうがあまりにも多いですよね。
人間関係は宇宙空間に近いんじゃないかなあ。感性だけの関係だから慣性に抗えないんですよ。
 
僕みたいに開き直るのがいいのか、そうではないと思うかはあなた次第ですが、僕に言えるのはここまでです。
 
 
 
「彼氏彼女と呼び合う関係に、一体何の意味があっただろう。誰と誰の心が深くつながっているかに呼び名なんて関係ない、あるのはいつも、抗いがたい引力と、視線を交わした後のさりげない微笑みだけ」
 
『かわいそうだね?』(綿矢りさ)という小説の一節らしいです。
(このフレーズを知って読みたくなって買ってきたので、中身はよく知りません。)