元彼と付き合っていた時、共通の女性の知人が私の元彼に好意を抱いていたらしく、陰でいやがらせを受けました。(その女の子は彼氏と別れたばかりだったらしく、私の元彼に対しては恋愛対象というよりは自分の女としてのプライドを維持させてくれるのに丁度よい相手という感じだったようで、元彼が大して可愛い訳でもない私と付き合っていたのもプライドが傷付いたのだと思います)それ以来、女の子との友人関係も異性との恋愛関係にもなんとなく臆病になっていますが、男女の友情というのもやはりバランスが難しいものです。なにかご助言いただければと思います。

僕は男女の友情は存在しないよ派の人間なので、そのへんはなんとも。
最近はそもそも友情というものが存在するのかを疑い始めています。
ちなみに恋愛感情というものについてもそろそろ見失いそうです。
(僕は結論として「友情」と「友達」は別のところにあると思っているというのがまた難しいところです。)
 
どのあたりに関して助言を求められているのか判然としないのですが、総じて言えるのは「利害関係を超えた、理由のない人間関係はすべて、自己肯定感を高めるためにある」と割り切ってしまえば楽になるということです(極論ですが)。
男女の友情にしたって、それは友情じゃなくて、安全な場所からお互いに、それなりに自分に性的魅力があることを確認してるだけなんじゃないですか、と思うことのほうが多いです。
自分は魅力ある人間だと思いたいから、ひとりぼっちは寂しいから、人間は何はなくとも群れるんじゃないですかね。
 
臆病なままでいいと思います。
必要もないのに他人と無理してかかわろうとするとろくなことがありませんよ。
あなたは僕ほどには寂しい人間ではないはずですから、いつか臆病じゃなくなれるときもやってくると思いますし、異性の親友もできるかもしれないし、またいい人に巡り会えますよ(いままた恋人がいらっしゃるならごめんなさい)。