ショートカット好きのきしょうさんにこんなことを訊くのもあれですが、やっぱり男の人って黒髪ストレートロングが好きなんですか?というよりも多少のあざとさが透けて見えるくらいの子の方がなんだかんだで好きなんですか?

すると女性からすると黒髪ストレートロングは「あざとい」にカテゴライズされるんですかね。よくわかんないですね。
 
男性は全員「かわいい」女の子が大好きです。かわいくないよりかわいいほうがいいに決まっています。
ただ国民的アイドルとかでも好みが分かれることは当然あるわけで、一方で芸能人でもなんでもない女の子もそれぞれ必ずどこか「かわいい」部分を持っています。個性と言い換えてみても遠く外れるわけではありません。ただそこには、それが訴えかける広さと深さの問題があるだけです。
これを前提として認めてみると、結局「あざとい」って「自分の『かわいい』部分をきちんと理解し、それが活きる方法を自覚的に実践し、アピールすることをためらわないこと」だと思うんですよね。
(背のちいさいひとがわかりやすく上目遣いをすることは「あざとい」気がしますが、とても背の高いひとが同じことをしても「どこ見てんの?」って感じですよね。)
 
つまり「あざとい」ことは良いことだ、大好きだということを回りくどく言っているだけなのですが、「あざとい」がマイナス評価になるケースももちろんあって、それは「自分の『かわいい』部分」についての認識が周囲とずれている場合ですよね。乱暴な言い方をすれば「勘違い女」になってしまいます。あるいは主に同性からのやっかみのような場合は、やっかむ側がその人の「『かわいい』部分」についての認知をゆがめてしまって、ちゃんと認められていないケースも考えられます。
あるいは「かわいい」ことが一般的に要請されていない、恋愛感情やそれに近いものを喚起することが歓迎されない場面においては、それをアピールする「あざとさ」は完全にマイナス評価で、例えば仕事なり何なりであればプライベートとちゃんと線を引いて、同じマナーで行動することが求められますよね。
 
そういう問題がクリアされているとするならば、有り体に言って「かわい」ければ「かわいい」ほどいいし、それはそれをアピールするための「あざとさ」と表裏一体なわけです。
あるいは「あざとさ」はつまりアピールですから、自分がアピールされていると思うことは一般的に悪い気はしないはずです。もちろん「あざとい」ことが悪いことだという固定観念が男性の側にあるとすれば、レッテルを貼られて敬遠されることだってあり得ますが、そちらのほうが実際は少数派だと思います。
 
「かわいいは正義」をいったん認めて、自分のどこがかわいいか考えるほうが建設的ですよ。