人間と人間って完全には分かり合えないんだよな、と思うとどう人間関係を築けばよいのか分かりません。ぱっと見分りやすくパッケージしたものでなんとなく選んで、そこから多少個人的に話をしていくようになっても、すべてを言語化できる訳ではありませんし、それを齟齬なく受け取ることはほぼ不可能だと思います。「理解できる部分」と「理解できない部分」のどちらに重きを置くかの違いな気もしますが、相手のこと分かったような口調で的外れなこと言うのは往々にしてあんまり理解できていない人です。結局、多少の誤差を許容して四捨五入して考えていくしかないのでしょうか。これがきしょうさんがよくおっしゃっる「諦念」なのでしょうか。

おっしゃっていることがちゃんと理解できている自信がないので思いついたことから順に書きますが、とりあえずコミュニケーションにおける「諦念」とは、ざっくり言うと形式的には「いかなる主張に対しても、それを論破/説得しようとしないこと」だと思います。基本的には何にでも共感して、それがどうしても無理な場合は目を背けて去るような。
それってつまりは「人間と人間って完全には分かり合えないんだよな」という意識で、そこはどうやらある程度共通しているのだと思いますが、分かり合えなくても人間関係は築けます。というより、ひとは人間関係の外で生きることはできません。
 
つまりあなたはおそらく「分かり合えない」ことを察しつつも、諦めきれずにいるのだと思います。相手のことが大して理解できなくても、生きていく上ではあまり困りません。まして相手の主張を変えようとする試みにもまったく意味はありません。
「諦念」とは究極には、「理解」とかいう概念をこえて、「分かり合えなくてもどうでもいいよね」というものだと思います。
 
あなたはその諦念の中にあるわけではなさそうですし、自分からそうなりにいく必要もないと思います。
諦めないひとがいるおかげで諦めても許されているのだと思うし、誰もが自然に、だいたいのことを「諦めていない」ように見えます。
他者への理解に価値を見いだせるなら、中途半端に諦めてはいけないと思います。あなたはむしろ貪欲に理解しようとしているひとです、おそらく。