写真が趣味な方と一時期お付き合いをさせていただいていたのですが、その間一度も私のことを被写体にしてはくれませんでした。撮る価値のない人間だったのでしょうか...

そんな悲しいことおっしゃらないでください。そんなことはないはずです。
 
うーん、僕も「写真を撮る」前提で出かけたりしないと、ふたりで一緒にいるひとを被写体にはしないかもしれないです。ファインダーを覗いていると、世界をメタ的に見てしまうようになって、誰かと一緒に歩くことにはあまり向かなくなってしまうんです。
恋人と一緒にいるときは主観で世界と対峙しているけど、画角を考えたときに客観になってしまうのが寂しいというか。写真を撮るコミュニケーションを楽しむ目的でないと、微妙な感じになってしまう気がします。
 
あるいはなんというか、好きなひとの写真を持っていることには、なんとなく罪悪感(?)のような感情がありませんか。長くない恋人関係やそれ未満だと、割とそういうところがあると思います。
また趣味として写真を撮っていると、その一枚一枚にあまりにそのときの自分の息づかいが込められすぎていると感じることがあって、それに耐えられる自信は実際あまり僕もないかもしれません。
 
というわけで、僕も好きなひとをそれを決めて撮ってみたくもあり、でもそれができる状況になったからといってがっつり撮る自信は実のところないのでした。