好きかどうかわからないのに、別れたらさみしいから別れられないのって最低ですよね。相手が可哀想ですよね。どうしたら良いんでしょう。都合よく新しい人は現れないし、自分でさみしさへの耐性をつけるしかないですか。

少し変なことを言いますが、恋人関係を続けるのに「好きかどうか」は条件として不要だと思います。どちらかが別れたくなったときに別れが切り出される、それだけの話で、「好き」は最初にマッチングさせて関係を形づくるための引力でしかないんじゃないかなって。
もちろん、きちんと「好き」であることは「別れよう」と思うことを明確に妨げますから、関係が続く前提であれば「好き」であるにこしたことはないのですが。
あなたが「さみしい」とおっしゃる内実は、おそらく「ひとりがさみしい」ということなのだろうと思いますが、しかしそこには確実に「(好きかどうかわからないけど)このひとと離れるのがさみしい」という要素が含まれています。
都合よく新しい人が現れないのはもちろんのことで、だからこそそのふたつの「さみしさ」は、ないまぜになって存在しているはずなんです。
「好きかどうかわからない」とおっしゃいます。でも、自分の「好き」を確信できるひとなんてそうはいませんよ。だから最低だなんていわないで。それは知らず知らずのうちにあなた自身の心を重くして、あるいはあなたのなかにいるお相手のことも縛りつけてしまいます。
人間のこころには揺らぎがあり、あるいは、こころの動く速さには個人差もあるのですから、必ずいまこの瞬間に、気持ちが釣り合っている必要はなくて、ただたまたま一緒にいること、それを悪いことだと思わないならば、それでいいのだと思います。
たぶんあなたは、「好きじゃない」って思えたときにはきちんと、「さみしさ」に勝ってお別れすることができるんだと思います。だから、やっぱり最低なんかじゃありません。そのときはもしかしたら、新しい人が現れたときかもしれないし、ただ自分のなかのもやもやに押し切られたときかもしれない。もしくは、あなたがさみしさへの耐性を身につけたときかもしれません。
でもそのときがきたら別れることができるとしたら、同じことだと思います。

View more