Ask @djutakata:

GFRIENDについて質問したものです。そのままの事情を書いて矛盾していると書かれ途方に暮れたのですが、付け加えると私自身はヨジャGに特別興味ありません。曲の好み以上の情感が湧かないのですが他Gは好きだがGFRIENDの良さが分からないと捉えられたのでしょうか。韓国内で彼女達の容姿についての評判のみ知っていて、私の中でヨジャGは華を愛でられるものだという意識があり、疑問に思い腑に落ちないという表現をしました。むしろネガティブな要素を否定してほしくて質問いたしました。お答えありがとうございます。これで矛盾していると言われると困るのですが大丈夫ですか?質問ではないので回答はどちらでもいいです。

保存した写真
askの存在を忘れかけており久々に開いたので遅くなってしまいました...すみません。
前回の回答に「矛盾している」と書いたのは、「ビジュアル面でパッとしない彼女たちがここまで人気を集めてるのがいまひとつ腑に落ちません」という書き方をしていたのに、次の時には「他の人がそう言ってるからそう書いただけで、自分はそう思っているわけではない」と仰られてたからです。最初から「パッとしないビジュアルという評価のようなのに、人気があるのが腑に落ちない」というような書き方だったら矛盾してるなあとは思わなかったと思います...特に個人として負の感情があるわけではないという事を釈明されたいというお気持ちは伝わりました。が、「私自身はヨジャGに興味がありません」との事なので、その無関心さが悪意はなくても最初のご質問でのイマイチ無神経な感じの表現(女子アイドルに対して華がないとかパッとしないというのは自分的にはネガティヴな表現だと思いました)に繋がってしまったのかな...とも思いました。ご自身がネガティヴな気持ちがなかったとしても、あの質問をヨジャチングペンの方が目にしたらけしていい気持ちはしなかった表現だと思います。
以前のご質問で質問の対象になったアイドルのファンの方が気を悪くされるという事があったので、ご質問の文章内での表現に若干神経質になってる部分があったようで、あのような書き方になってしまった事をご容赦頂ければと思います。「自分にはわからないんですが、何故どういう部分が人気の理由なんでしょうか?親しみやすいルックスとか雰囲気だからなんでしょうか」的な言い方なら気にならなかったかなーと思いました。

View more

少人数で統一感のあるボーイズグループが売れるには何が必要だと思われますか?最近大所帯グループが増え、グループ内で多様性が生まれたというか雰囲気に統一感がないグループが多くなってきた印象があります。wannaoneが何故あそこまで人気なのか納得できませんでしたが、調べてみると一般層が支持していることはもちろんのこと俳優ヲタがオンソンウを支持していたり韓国のジャニヲタがパクジフンを支持していたりと違うジャンルのヲタクが支持していてなるほどなと思いました。wannaoneは色々な意味で特例ではありますが、多様性がないと売れないのでしょうか。Kドルヲタからの支持だけでは売れるのは難しいと思いますか?

2個の質問が入ってる?みたいなので分けて考えてみますね。
「多様性がある」というのと「統一感がない」というのは全く別の事なんじゃないかと思いますし、人数の多さと統一感もまた必ずしも関係ないかと思います。全体で統一感はあるけど個々は個性と多様性があるというのが一番いいんじゃないですかね?理想的なのは戦隊モノみたいなキャラの立ち方というか.....でもメンバーに個性があってもまとまりがあっても、技能が高かったりルックスの良いメンバーと良い曲とかっこいいダンスを組みあわせただけでは必ずしも売れないという現実もあるので、売れるセオリーなんてものがあるのかどうかも謎ですね。時代によっても変わるでしょうし。実際今現在、韓国のウェブ掲示板などで名前の上がるHOTなボーイズグループはWANNA ONE ・EXO・防弾少年団・WINNER・SEVENTEEN ・HIGHLIGHT・NU'EST Wあたりのようなので、大人数も少人数も中間も入ってますよね。
会社がメンバーをチョイスしてグループを作る場合は個々の技能や性格や人間関係をある程度客観的に判断してバランスを考慮して作る事が出来るんじゃないかと思いますが、個人の視聴者投票制サバイバル番組を通してグループを作るとなると、WINのようにあらかじめ固定で設定したグループ対決ではない限り、素人のファンが自分の好みだけでそれぞれのメンバーを選ぶことになる可能性が高くなるので必ずしもバランスのとれたメンバー構成になるとも限らず、しかも番組が終わってそんなに間もなくデビューした場合はメンバー間にケミストリーが生まれるのにはデビューしてから少し時間がかかるのかもしれないとは思います。その1番極端な例が単推しの集合体であるWANNA ONEなのかもしれませんが、あくまでも解散前提のグループなのでそういう人気の出方でもいいんじゃないかと思いますし、短期間でも集中して一緒にグループとして活動したり過ごしていれば自然とある程度は一体感や統一感が出てくるんじゃないかとも思います。
さてグループの多様性や統一感はともかくとして、現在WANNA ONE以外に売れてるEXOや防弾少年団のファンはほぼオタクですから、オタクの支持だけで売れることは当然可能だろうと思いますし、とりあえずの基本じゃないでしょうかね。まずオタクにある程度人気がないとまず始まらないというか。WANNA ONEは今までオタクではなかった層からの人気も得ているとは思いますが、普通にオタクのファンもいろんなグループのペンカを閉鎖させている程度にはたくさんいると思いますし、むしろ今までオタクにはなりづらかった一般層をオタク化させたという部分もあるんじゃないかと思います。それだけコンセプトや楽曲が複雑化しすぎる傾向にあった既存アイドルにはハマりにくかった層にとっても、入りやすい魅力があるという事じゃないかと思ってます。

View more

先ほどGFRIENDについて質問したものです。GFRIENDの人気について不満があるわけでは一切ありません。容姿については個人の意見ではなくその手の評価をペンからさえもよく目にするためです。日本では親近感のあるアイドルの方が人気出やすいですが韓国では洗練された美女の方が大衆受けするイメージでしたので意外に思い、多数のグループを理路整然と評価されている泡末さんに意見を聞きたくて投稿しました。私がよく目にする長所が「クラスにいそうな程度の可愛い子が頑張ってる姿が良い」というものだったからです。誤解を生む書き方をしてしまいすみません。

「GFRIENDの人気に不満があるわけでは一切ありません」と前回のご質問にあった「大衆は女子アイドルの華やかさに惹かれるものだと思うのでビジュアル面でパッとしない彼女たちがここまで人気を集めてるのがいまひとつ腑に落ちません」に矛盾がある気がしないでもないですが、こっちも別に怒ってるとかいうわけではないのでそんなに気にしないでください...ただ「パッとしない」ってご質問で言っちゃってるので、答える方としてはちょっと困った答えづらいなとは思いました笑
前回お答えした翌日にたまたまMONSTA Xのウォノがインタビューで「日本の女子高生は自分にとって夢のような存在だった」的な事を言ってるのを目にしまして、ひょっとしてそういう事なのかな?とちょうど思ったところでした。ヨジャチングの初期イメージは「日本のアイドル」とか「日本の女子高生っぽい」と韓国では言われているようで(参考:http://nenuphar.hatenablog.com/entry/2017/01/19/005919 http://nenuphar.hatenablog.com/entry/2016/09/06/210233)そこが韓国男性の「日本のJKファンタジー」みたいなものにハマった部分もあるのかなと。TWICEのMVでもミナがセーラー服着せられたりしていましたし。韓国人男性じゃないので実際はわかりませんが...

View more

produce 101やWANNA ONEに楽曲提供したメンバーがいるPentagonについてどう思われますか。彼らが今後売れることはあるのでしょうか。

以前MONSTA Xのaskにお答えした時のコピペになるんですが、
「2010以降デビュー組で音楽番組1位をとるまでに「1年以上&活動曲5曲以上かかったボーイズグループ」をざっと調べてみました。他にもいると思いますが目安として...
INFINITE / 1年3ヶ月 (5曲目) Be Mine
Block.b / 2年8ヶ月(1位を取る前に約10ヶ月活動休止) (6曲目) Very Good
B1A4 / 2年1ヶ月 (6曲目) What's happening?
B.A.P / 2年1ヶ月(1位を取った後に活動休止)(8曲目) 1004(Angel)
VIXX / 1年7ヶ月 (6曲目)呪いの人形
防弾少年団 / 1年10ヶ月 (6曲目) INEED U
GOT7 / 1年9ヶ月 (5曲目) If you do」
PENTAGONは今度の10/10で1周年(覚えやすいですね)で活動中のLike Thisで5曲目でしょうか。ここ2、3年デビューしたグループは競争が激しいからか、数年前よりカムバのペースが早いぶん一位をとるまでの期間も短くなってる感じですが、まだ気にするには少し早いかもしれませんね。PENTAGONの先輩であるBTOBは1位をとるまでに3年7ヶ月、10曲かかってるんですよね。BTOBの場合はバラエティやドラマで個人が先に一般的に売れるというちょっと変形の売れ方でしたが...
友人に誘われて日本でのライブを見に行きましたが、馴染みのあるメンバーがいるし(ジノとホンソク)歌は上手いし曲もパフォーマンスもいいし、日本人メンバーも頑張ってるので、個人的には売れたらいいなと思いました。

View more

GFRIENDは何故あんなに人気があるんですか?「美人すぎない、共感を得やすいアイドル」に一定の需要があるのは分かります(日本のアイドルもそうですし)。でも大衆は女子アイドルの華やかさに惹かれるものだと思うのでビジュアル面でパッとしない彼女たちがここまで人気を集めてるのがいまひとつ腑に落ちません。

「ビジュアル面でパッとしない」というのは完全に質問者の方の主観だと思うので、その前提からして答えづらい質問ですね...ビジュアル的な事だけじゃなくて音楽やパフォーマンスやコンセプトの「良し悪し」っていうものは本当に所詮個人の好みにすぎないと思ってるので、ぶっちゃけそこに別に優劣的なものはないと思ってます。1番たくさんの人の「個人の好み」を集められた結果が「人気」という形になると思うので、個人的には「なんで人気があるんだろう?」っていう考え方よりは「こんなに人気があるという事はみんなに好かれる何かがあるんだろうな」っていう前提で見る方が、自分なりに気づきがあるんじゃないかと思います。もし理解できたとしても、自分もそこがいいと思うかどうかはまた別の話ですし。
これは繰り返し言ってる事なんですけども、個人的にはアイドルの人気っていうのは単純にいかに好きにさせるかだと思っています。そして人を好きになるのに一目惚れみたいに見た目が好きだったりフィーリングがあったり、あるいは面白いから好きとか脚が速いから好きとか、いろんな理由がある(あるいは理由はない)ように、アイドルを好きになるのにもいろんなきっかけがあるんじゃないかと思います。人の数だけ好みがあって好きになる理由があるので、「人気があるアイドルのどこが人気があるのかわからない」というのも人間として至極当然の事だと思いますし、わからなくても別に良くないですかね...?でもどーーーしても気になるんだよ!という場合は沢山のファンの人に手当たり次第に魅力についてきいてみることをオススメします。それでもわからないし腑に落ちない場合は今の自分にはわからないという事だと思うので、腑に落ちないまま生きていくのもまた良しです。そこまで気になるなら経験を積んだり精神が成熟していった結果、いつか自然にわかるようになることもあるかもしれません。特にビジュアルなんて本当にアイドルの全ての要素の中でも特に「好み」としか言えないものなので、質問者の方が腑に落ちてなくても他の人たちは好きなビジュアルって事じゃないですか?で終わってしまう...違ったらすみませんけど質問者の方が日本の方だとしたら、国や文化が違えば当然一般的に好かれやすいビジュアルも違うということも踏まえて考えるべき事でしょう。
ヨジャチングはデビュー当時から曲とパフォーマンスがデビュー時の少女時代を思い起こさせるという事ですぐに注目を集めていた印象があります。(実際、ソスミュージックの社長も少女時代のデビュー当時のビジュアルイメージを貼っているスレッドを見てコンセプトを思いついたと言っていました)でもその注目が一過性に終わらずにいるのは、やっぱり人を惹きつけられる彼女たちにしかない魅力があるんだと思います。個人的には大ブレイクした「시간을 달려서 」が曲だけでもすごく好きなんですが、むしろJPOPっぽくて清純そうなコンセプトなのにすごく力強いパフォーマンスはKPOPだ!という感じでありきたりではないと思いましたし、人気が出た事に共感しました。

View more

もし日本も韓国みたいに色んな事務所からアイドルがデビューして新人でも音楽番組に出れる時代がきたらどうなると思います?テレビをつけると男アイドルが某J事務所ばかりでたまにうんざりしてこんなことを考えたりします。

そもそも日本はゴールデンタイムにレギュラー放送されている音楽番組がほとんどひとつくらいしかなくなってしまったし、そこを大手の事務所が抑える事は変わらないんじゃないかなあと思います。というのも、最近は以前と違って結構色々な事務所から男性アイドルがデビューしてたりするんですがそのひとつの番組に出る事はなかなか難しいようなので、結果的に「TVをつけると男アイドルはJばかり」とおっしゃる質問者さんの目にはほとんど入ってないって事ですよね...。
でも逆にあえてアイドルってラベルはつけてないけど実質アイドルだよなーという、新しいアイドルの形態や在り方が増えてきたんじゃないかと思います。Kドルもそうですけどダンス&ボーカルグループと言ってみたり、LDHも最近はもうほとんどJとファン層がかぶってないアイドル的なものになってると思いますし、舞台に出ている役者さんとか声優さんのグループとか、あるいは2次元とか。ドラマやバラエティでもちらほら見かけますし。主な媒体がゴールデンタイムの地上波TVじゃなくてイベントや舞台や動画やウェブTV、CSや深夜枠やゲームやアニメになっているというだけで、よく見ると最近はJ以外の男性アイドルも巷に溢れてるんだなと思ってます。
大手事務所がメジャーな番組を占めがちというのは、実は韓国でもあんまり変わらないんじゃないかなあとも思います。ただ、韓国は今音楽番組がとてもたくさんあるのでその分出られる機会も多いという事なんじゃないんですかね。アイドルブームがずっと続いてるので、アイドルがテーマだったりメインの番組も多いですしね。

View more

はじめまして。今流行りのワナワンに関しての質問です。今後ワナワンのようなグループが増えるという意見をよく見かけるのですが泡沫さんはどう思いますか?私は正直プデュはもうシーズン3をしても流行らないしこの形式のグループも出でももう売れないと思っています。アイドル学校も視聴率悪いようですし……。しかしSMやYGなどの大手事務所のファンの方はワナワンのようなグループが今後増えると思って危機感を抱いているようで少し不思議に思っています。そこらへんに関して泡沫さんの意見を是非聞かせてください。

他の方のaskでもちょっと書いたのですが、プデュ2やWANNA ONEが充分話題になったので、オーディションブームの時のスーパースターKみたいに完全に飽きられるまではこのフォーマットはある程度続くんじゃないかとは思います。ただし、その結果出来たグループが売れるかどうかはまた別の話でしょうけども...
個人的にはプデュとWANNA ONEがここまで人気が出たのは、ここ数年のアイドル業界の目指した方向があまりにマニアックになりすぎていわゆる「大衆」を置いてけぼりにしてきた部分への反動もあったからなのかなあと思わないでもないです。具体的に言うとEXO以降のSMのグループが発端ではないかと思いますが、アイドルにしてはあまりにもアーティスティックに走りすぎたり先鋭的なコンセプトや曲に向かいすぎて、それはそれで国境を越えて熱狂的な「オタク」やステレオタイプ的なアイドルには興味がなかった層や、そういうものを追いかける元気がある若年層には集中的にアピールした結果巨大なファンドムを作ることが出来たのだとは思いますが、逆に国内の一般の人の生活からはアイドルが感情的に離れて来ていたここ数年なのかなと。この辺はまた長くなりそうなので割愛しますが、チラチラと出るティーザーの端々に隠されたキーワードを集めて過去から遡ってコンセプトやストーリーを妄想したり、今までの新曲発売日に密かに仕込まれていたキーワードを探したり...という様々な「遊び」に疲れたりやりすぎでついていけないと思ったりした層もいたと思うんですね。ファンをより内側へ惹きつけていく仕掛けではあると思うんですが、そんなに毎日頭や時間を使ったり難しいことを考えながらアイドルを愛でたくないといういわゆる「ゆるオタ」だったり、かつてはドルオタだったのが大人になってリアルの日常に追われて現実的にそこまでして追う気力体力がなくなった人たちとかも。
そういう人たちの前に現れたのが、毎週TVを見ていればある程度の情報は入ってくるし、言わばサバイバルで頑張る本人たちそのものがコンセプトなので番組のシステム以上には難解なコンセプトは特にないし、自分で能動的に色々見にいかなくちゃならない既存アイドルほどは敷居の高くない「プロデュース101」だったんじゃないのかなと。TV番組なので翌週職場や学校でこの間のあれ見た〜?とかお互いの1pick誰?とか、話して盛り上がったりも出来そうですし、そういうノリでオープンに好きなことを公にできるのって楽しいですよね。
(韓国のケーブルTV加入率は日本よりもかなり高いそうですし)
1pickというシステム自体がまた別種のストレスや厄介ごとを産んだ面はあるかとも思いますが。
昨年のGAONチャート総まとめのブログ記事で、去年(2016)はTWICEによって久しぶりに新しいアイドルを知って楽しむ事が大衆に帰ってきたのではというような事を書いたのですが、WANNA ONEも同じような面があったんじゃないかと思っています。
でも、これはあくまで今までアイドルから少し離れていた層が引きこまれた結果の部分が多いと思いますので、既存グループについていたようなコアなドルオタの人たちは変わらずいると思いますし(一部は流れることはあるかもですが)そもそも今のトップ2と言われているEXOや防弾少年団は巨大なペンドムに支えられてはいますが、過去のトップグループと比べると誰もが曲やメンバーを知っている「大衆的なアイドルグループ」ではないので、そもそも好きになるファンの質自体が違うんじゃないでしょうか。
そういうわけで、プデュ現象自体はあくまでもアイドルが有名になる選択肢がひとつ増えたというだけの事なんじゃないかと思います。SMもYGやJYPも今までデビューオーディションやサバイバル番組をやってきましたし今後もやるとは思いますが(特にYGのボーイズグループはすでにサバイバルを経てデビューが定番になってるので、今後も必ずやると思います)、プデュというのは事務所単独で番組ができるほどは資金もネームバリューも足りていない中小事務所が練習生たちにスポットを当てさせることが出来た希少なチャンスでもあったと思うのです。そして1年ちょっとのWANNA ONEの活動後に元々の所属事務所に帰った後は彼らはまた他の大手事務所のアイドル達と同じライン上に並べられるわけですし、その後のアイドル人生の方が長いわけですよね。既存グループのファンがなにか漠然とした危機感のようものを抱くのはわからないでもないですが、今までの育成システムが変わるわけではないと思いますし、あんまり気にしなくてもいいんじゃないですかね。今まで自分が良しとしていた価値観とは別の価値観に人気が出た事への潜在的な拒否感があったりもするのかな?でも、価値観が違う人たちにもアイドルは必要とされていたりする場合もあるわけで、そこはそこで需要と供給が成り立つべきだし、自分がそこに入れなくてもそれ自体を否定する事もないと思います。「サンは森で、私はたたら場で暮らそう(もののけ姫)」です。そしてたまに遊びに行ったりしてもいいのでは?
よくわからない方向のシメになりましたが、成り立ちはどうあれアイドルでもある程度のレベルのパフォーマンスが要求されるのが韓国芸能界だと思いますし(そこまでお客さんが寛容ではなさそう...)、特に個人的にはこれといって大きく変わる事もないんじゃないのかと思ってます。

View more

Kドルのドーム公演をスゴいと思いますか。東方神起、KARA、少女時代、2PM、SHINee、EXOとドーム公演をしたKドルを並べていくとEXOだけ異質なことに気付きました。(BIGBANGはアーティスト枠なので除外)EXOは日活をガッツリやっていない、今でも韓国での人気がある、日本と韓国での人気の差があまりないことということです。EXOの初ドーム公演が決まったとき、日活の苦労ガー日本語ガーと言われ、要するに早すぎると。でも私はドーム公演するのにそんな条件ありましたっけ?洋楽アーティストはどうなる?と違和感を感じ、もしかして今はドーム公演って大したことないのでないかと。私の考えはおかしいですか?

保存した写真
ええと、EXOの事とドーム公演が凄くないのではないかという事は全然関係ないように思いますが...それと、日本活動それほどがっつりやってないし日本語もそんなに喋れてないのに代々木から東京ドームというコースを辿ったグループは別にEXOが初めてではなくて、SUPER JUNIORという先例がいます。しかも初ドーム公演だったSUPER SHOW4、京セラも東京ドームも結構チケット取れなかったと思います。EXOよりはすでにキャリア自体は積んでた時期でしたが、日本での活動頻度や日本語力としてはドーム決まった当時のEXOと大差なかったと思います。そして当時も先輩グループのファンの方達が早すぎとかあまり日本活動してないとか日本語力がとか言っていたような...要するに、後輩グループに急激にファンが増えた時のある意味テンプレ的な反応って事なんじゃないでしょうか。
個人的には別に日本でそんなに活動してなくてもお客さんが入るなら東京ドームでやった方がいいと思いますし、集客力以外の「ドーム公演をやる資格」があるとは思いません。会社的にはファンクラブの人数等ある程度の見込める観客数を把握した上で公演場所を決めるんでしょうしね。ドームは音響も良くないし座席の位置によってはステージが全然見えないし、公演場所として観客的には割と最悪の場所ではあるとは思いますが、ライブを見たいお客さんがチケットを取りやすいキャパという点では最高ですので...単純に50,000人もコンサートにお金払って見たいという人がいるってそれだけで本当にすごい事だと思います。EXOの東京ドーム公演は例にあげてらっしゃるグループよりも体感として日本国外からのお客さんが多いようにも思いますが、そうだとしても逆にわざわざ日本までコンサート見に来る人があんなにいるのも凄いと思います。ここ数年のウェブやSNSの発達もあって日本国内での人気の出方も昔とはかなり変わってきてますから、ドーム公演にたどり着く方法は以前のように必ずしも単一じゃないと思いますし、それはいい事じゃないかと自分は思っています。
結果、東京ドーム公演をやれる人たちはどんな行程を辿ったにしろ、それだけ人気があるというだけでもみんな凄いと思います。コンサートのキャパもわかりやすい「売れ方」のバロメーターのひとつでしょうし。
まとめますと、
①EXOの東京ドーム公演、別に日本語力なかったり日活してなくてもやって良くないですか?→わかる
②東京ドーム公演って別に大した事なくないですか?→わからない
です。
(①から②の流れが、何故そうなるのか自分にはよくわからずでしたすみません...)
あとBIGBANGこそ日本で地道にずっと活動してきた立派な「アイドル」だと思うので、その並びに入れてよいと個人的には思います...日本オリジナル曲もたくさん出してますし、TVやライブにもいっぱい出てますしね。
(アーティスト的な人気もある事は確かですが、日本への定着の仕方は東方神起や少女時代と同じスタイルだったと思います)

View more

いつも興味深く読ませていただいています。 先日、wannaoneのラッパーラインについて言及されていましたが、 ボーカルとダンスについてどう思われますか? 特別ファンではない、一般的な意見を聞きたいと思い、質問させていただきました。 よろしくお願いします。

WANNA ONEはプデュからの流れでキャラクターに興味を持って見てるのですが、まだ生で見たことがないのもあり、パフォーマンスについては正直よくわかりません。音楽番組は見てはいますが、やっぱりTVだと番組によってどこまで生歌(MR)なのかARなのかよくわからないですし...って素人なんで生で見たとしてわかるかわからないかで言ったらまあわかんないですけどね!でもやっぱりライブで見ると素人でもそれなりに色々感じるものがあると思うんですが、音楽番組のパフォーマンスだけだと極端に言えば曲の好き嫌いくらいしかあまり感じなかったりします。加えて個人的にダンス自体にはそれほど興味がなくて(曲・ダンス・ボーカル・ラップの個人的優先順位で言ったらダンスが最後です。見るのは楽しいですが、単純にダンスに対するこだわりが全然ないです)上手い下手もよくわからない方です...それぞれの味が感じられたら良いね!くらいの。
そんな感じですが、WANNA ONEは歌もダンスも普通にアイドルとしても見てて楽しいと思います。流し見してる音楽番組でも、出てきたらつい最後まで見ちゃいます。

View more

泡沫さん、こんにちは!質問させてください! 私は授賞式でのアイドルのスピーチを見るのがすごく好きです。スピーチも一種のパフォーマンスだと思っていて、ジコやラップモンスターのスピーチは、自分の伝えたいことを自分の言葉で話していて特に格好いいなぁって思います。反対に新人アイドルが、事務所のスタッフの名前をひたすら連ねるのも、それはそれで初々しいくて微笑ましいです。アイドルのスピーチ力ってないよりはあったほうが格好いいし、そのアイドルグループに興味をもつきっかけにもなると思うのですが、泡沫さんはスピーチ力のあるアイドルは誰だと思いますか? 教えていただけるとうれしいです!

韓国の授賞式はやたら長いしCMが前後にまとめて入るため最中に休む時間があまりないので、どうしても大体他に何かをやりつつのBGVとしてながら見&パフォーマンス以外はあんまり見てなかったりする事が多くて、つまりアワードのスピーチってほとんどちゃんと見てないんですすみません...
好きなグループですら今見てなかったけど何か賞とったっぽい!みんな泣いてる!おめでとう!くらいの感じなので、場面として印象には残っていてもスピーチの内容自体はあんまりちゃんときいてない事が多いです。そんな感じでアワードを真剣に見てないながらも今でも印象に残っているのは、SUPER JUNIORイトゥク(エモい)とBIGBANGのスンリ(笑かしてくる)です。2人とも話が長いから(...)つい見てしまうというのもあると思うんですが。

View more

先日質問で、wannaone のラップパート担当について話されていたと思うんですが、個人的にパクウジンのラップをどう思うか教えてもらえると嬉しいです。

よく知りもしないのに答えるなというaskが来た後でめちゃくちゃお答えしづらい!
でもせっかく感想きいていただいたので、活動ステージとわなわんごーの感想を気楽に書かせていただこうと思います。喋ってる時よりラップしてる時の方が滑舌が良くて聴き取りやすいです...。

View more

BTSのラップラインについてDJ泡沫さんの思われるところをお聞きしたいです、という趣旨のアスクを送ったものです…また別のラップラインについてアスクがあったのことでしたので、そちらの方がわたしのものかもしれないと迷ったのですが、一応再度送らせていただきます…しつこくてすみません… いつもあらゆるカルチャーコンテンツがロジカルな言葉に落とし込まれていて、感激しながら拝見しております。ありがとうございます。

こちらのミスで2回も送らせてすみません...お手数おかけしました!
防弾少年団のラップラインについてですか...これは本当にただの個人的な好みに過ぎないんですけども、アイドルとして彼らのことが好きというほどには正直ラップスタイルはそんなに好みではなかったりします。単純にグループとしてのパフォーマンスや曲としての好みと、ラッパーとしての好みはまた別というだけなんですが。割と3人とも似た感じのフロウという事もあるんじゃないかと思うのですが、ファンじゃない人が聴いた時にすぐは聴き分けづらいというか、ラップ自体にはまだそこまで個性が際立って感じられない気がしてます。(※しつこいですけども個人の感想です!
しかしRMとSUGAのミックステープを聴いた時は、お互いがお互いの少し足りてない部分を補いあってるんだなあと思いました。RAP MONSTERのトラックはほとんどが欧米のアーティストのトラックを借りていたり(これは別にhiphopでは普通の事ですが)歌詞にスマートながらも若干の恥ずかしさ(若さゆえ...感が...いやでもこれもRMの好きな所でもあるんですが)があったんですが、一方では洗練されているトレンディさがあるし、バリエーションもあって聴きやすかったです。SUGAのトラックはフロウが割とワンパターンなのでどうしてもアルバムとして聴くとどの曲もちょっと似た感じに聴こえてしまうんですが、何よりリリックにhiphopでは多分一番肝になる率直さ=リアリティが感じられたし、トラックが一部を除いてオリジナルでそれが格好よかったので、特にプロデュース面で才能が豊かな人なんだろうなあと思いました。自作やセルフプロデュースをするアイドルにとってはトレンディさとクリエイティビティのバランスが難しいと多くのアイドル自身が言っている気がするんですが、そこをお互いうまく補いあえてる組みあわせなのかなと。個人的に防弾少年団の凄い所は多少メンバーの中で足りない部分がある人がいても、キャリアと共にそのスキルが高くて得意な人が全体をブラッシュアップさせて引っ張り上げていく力がある所だと思っていて、そしてそれがイコールアイドルがグループをやる意味のひとつであり、良いグループの条件なんじゃないかと自分は思っています。勝手に。
J-HOPEはリリース予定のミックステープをまだ出せていないのでなんとも言えませんが、ラッパーだけでなくダンサーもいてのhiphopクルーという感じがするので、防弾少年団がこの3人のチームから始まった事を思うと良いバランスだったんじゃないかと思います。J-HOPEめちゃくちゃ性格良さそうですし...

View more

はじめまして、匿名で失礼します。 前回の回答でワナワンのラッパーについて評価されていらっしゃいますが、ワナワンのラッパー、メンバーについてよく把握出来ていないのに評価をするのは少し浅はかなのではないかと思います。評価できるほど詳しくないものには、詳しくないので以後追っていくと誠実な回答することは不可能だったのでしょうか?未開拓なグループの質問に必ずしも答える必要はないと思います。失礼しました。

WANNA ONEのラップラインのご質問に関しては本当に失礼しましたとしか言えません。askに関してはとりあえず頂いたものには答えようというスタンスなので、自分がよくわからないものでも自分なりに答えるようにしてます。別に評価してもいなくて「ただのいちおたくの個人的な感想」といつも言うようにしています。だって本当にそうでしかないので...? 全然わからないものはわからないと言ってますし、わかってないのもわかってなかったというパターンもあると思います。(WANNA ONEラップラインについてのご質問がまさにそれだったんですが)
感想をきかれた事や曲やパフォーマンスに関しては一応必ずいくつか見たり聴いたりしてからお答えしてますが、今までも思ったまんまの個人的な感想とか適当な事しか言ってませんので...物を知らない浅はかさもそのまま露呈してますが、それもまたaskだと思うので、こちらの答えを見てこいつは何もわかってないなダメだなと思われた方はもう質問してこないでしょうし、それで別にいいかなあと自分は思ってます。

View more

ワナワンのラップライン3人のラップについてどう評価なさりますか?またラップが一番上手い、若しくは改善の余地があると思うメンバーは誰でしょうか。

WANNA ONEにはいわゆるラッパーと呼べるような人は残らなかったので、個人的にはWANNA ONEのラップラインはラッパーというより「ラップパート担当メンバー」という認識です。曲自体も今のところhiphopというよりあくまでダンスミュージックとかポップス色が強い曲ばかりなので、ラップパートも曲のパーツの一部と考えると特に瑕疵になるようなメンバーはいないように思います。
パクジフンはオールマイティな感じで1番上手いかなと思いますが、カンダニエルは声がいいなと思います。ライグァンリンは練習生期間を考えると本当に成長速度がすごいので、これから1番伸び代がありそうですね。

View more

こんにちは。いつも興味深い内容のブログを楽しく読ませて頂いてます。 突然なんですがアイドルをプロデュースすると仮定して、ボーイズグループとガールズグループどちらがヒットしやすいと思いますか?ガールズグループの方が大衆に浸透しやすいと思う反面、ボーイズグループの方がファンダム構築はしっかりしている印象なのでなかなか結論が出せません。お時間ありましたら泡沫さんの意見が聞いてみたいです。

えっ...むずっ!専門家が悩んでも多分結論が出ないような難しいご質問ですね!!??
「ヒット」の概念によるんじゃないかと思いますが...仰る通り大衆的に浸透しやすいのは女子だと思いますし、ファンドムがついたら世界的に大きく一発当てる事が出来る可能性が高そうなのは男子かなと思うので、自分がプロデュースするとしたらガールクラッシュよりもうちょい踏み込んで女子にキャーキャー言われてモテそうな女子グループを試みてみたいです(女子に優しい世界であって欲しいので自分が面倒見るなら女性グループがいいと思う)。なんだかご質問内容と違う答えになってしまいましたが、ヒットの法則に男女の差はないんじゃないですかね。もう少し昔だったら兵役がない分女子の方が少し良いと思ってたかもしれませんが、男女ともにグループの寿命が延びて人気があるグループなら兵役後も活動に戻れるようになりつつあるのでわからなくなりましたね。ちなみのidologyのデータブックによると、2015年にデビューした全60組のうち女子が37、男子が23という割合だったそうです。

View more

初めまして。私はEXOのファンなのですが、今回の正規4集並びにタイトル曲KoKoBopに関して、あまり好きではないという声をよく聞きます。私はこれまでのEXOとはこれまた違った姿、最近の流行りに乗らず新境地を開拓していく姿にとても感銘を受け、また、アルバム全曲を通して、特にボーカル陣の表現力の高さや幅広さに改めて驚きました。しかし、これはファンであるがためにフィルターがかかって良く感じてしまっているのかな?と少しわからなくなってしまいました。もし泡沫さんが今回のアルバム(タイトル曲だけでも構いません)を聴いていましたら、どのように感じたのかお聞かせいただけると嬉しいです。

おや、そうなんですか?個人的にはアルバム単位で聴いたら今までで一番好きかもと思いました。自分がどちらかといえばゴリゴリに揃ったパフォーマンスよりも多少遊びや余裕のあるパフォーマンスの方をいいと感じる嗜好だからかもしれませんが(完璧にビシッと揃ってるのももちろんかっこいいし凄いと思うんですが、何故か自分的には飽きが早く来やすくて...)トレンドも抑えつつ曲のバリエーションもあるし飽きのこなさそうな良いアルバムだと思いました。何より音楽的な余裕が感じられるし、今までのEXOのアルバムにありがちだった、美味しいけどちょっとクドめなので食べすぎると胃もたれして当分はいいや...ってなる感じがあんまりなかったです。Ko Ko BOP単体よりもアルバム全体で聴く方が楽しくて毎日聴けます。ベッキョン・D.O.・チェン以外のメンバーのボーカルも印象に残りますし。
でも、確かに自分の周囲でも好き嫌いは別にしても今回はEXOっぽくないという声はわりと聴きます。NCT127のCherryBombの時も思いましたが、こういう曲やパフォーマンスこそEXOだ!というイメージが強い人にとってはなんか違うって思うようなアルバムなのかもしれませんね。それだけ今までのEXOのタイトル曲やパフォーマンスが与えて来たイメージが強烈だったという事かもしれないと思いました。
「売れている」「ファンが好む」「一般的によく聴かれている」「音楽的な評価が高い」というのは全部別のことで、全てが一致する曲やアルバムは本当に滅多にないと思うので、ぶっちゃけいいアルバムかどうかというのに特に「他のファンが好きかどうか」というのは一番気にしなくていいんじゃないかと思います。ご自身がEXOのファンであるなら尚更、自分が素直に思った事とか自分の好き嫌いしか信じなくていいと思うんですよね。
ちなみにアイドロジーのレビューでは結構評判良かったと思います。今までとはガラッとイメージが変わってある意味で冒険的だけど、5年目を迎え今回は激しい雰囲気は後輩グループに譲って余裕のある感じで、メインボーカル以外のメンバーの能力も良く現れているし全体的にスキルが上がって曲の感情理解も深まっている、ざっくりですがこんな感じの事を言われていました。

View more

初めまして、私は少女時代を日本デビューの頃から応援しているソウォンです。 今月もうすぐソシが10年を迎えるにあたり、音楽番組で1位を獲る事を狙うのか、もうベテランとして1位にこだわらなくてもいいのか、ファンとしてどういうスタンスでいるべきか、どうなんだろうなと思って質問させて頂きました。ざっくりしていてすみません。 正直今回のカムバックはWINNER、 WANNA ONEなど勢いのあるグループと被っているため、1位を獲ったり、成績を出すことは容易ではないと思っています。 あと、ソシは音楽的にどのような評価を受けているのか、また泡沫さんはどう思っていらっしゃるか教えて頂きたいです。

少女時代久々のカムバックおめでとうございます。10年を迎えるグループのファンでいるという事でいちばん悩ましい事はなんだろうと自分なりに考えてみたのですが、個人的にいちばん煩わしいのは外部から色々言われたりとか(ベテランアイドルには色々口言いたがる外野もそのぶん多かったりするし)同じファンドムの中で色々意見が割れたりという、結局外的要因の方が多い気がしました。なので、いちばん大事な事は他の人が何をどう言っても「自分がファンとして彼女達がどうある事を望んでいるのか」「その為にどういう応援の方法が自分が楽しくできる事なのか」という事からブレないようにする事なんじゃないかなあと思いました。長く続いているグループほどファンのキャリアも様々で色々な年代や立場の人がいるでしょうし、リスニングキャリアもバラバラで推しドルに対するスタンスも全員違ってきて当然ではないかと思います。そこの方向性を無理やり揃えるのも無理がありそうですしね。今でもトップで何が何でも輝いていて欲しいと思うなら投票やストリーミングを頑張るのもいいでしょうし、もうベテランなんだし、あくせく競争しないでただそこにいてくれるだけでありがたいと思うなら自分の好きな時に聴いたりゆったり見守るのもいいでしょうし、どうであれ周囲の「少女時代はこうあるべき」とか「ファンならこうするべき」という風潮には流されないで自分なりのスタンスで応援する事で、結果はどうあれ後でもやもやせずに済むのではないでしょうか。女性アイドルがキャリア重ねていくことに対しては男性アイドルよりも色々言う人がいるかもしれませんけど、今現役で少女時代より長く続いている韓国の女性アイドルグループはいないわけですし、それだけでどこにも代わりになれないオンリーワンの存在なんだと思います。ソシの前に道はなくソシの後から道ができると言ってもいい現在、ファンドムも又同様なんじゃないでしょうかねえ...
少女時代の音楽的評価ですが、自分が韓国の批評記事などを読み始めた時期以降には少女時代に関する音楽的評価というものはあまりなくて、コンセプトに対する評価の方が多かったように思います。SMではわりと珍しいフックソングだった「Gee」を除いては少女時代はどちらかと言うとSMの中では先鋭的な音楽的冒険はそれほどしないグループというイメージです。近年はソロ活動が増えてきてそちらの方がメンバー自身の意向が反映されやすいからか、音楽的評価の俎上にはそちらの方があがる事が多いように感じます。(特にテヨンのボーカリストとしての評価は一般的にも高いように思います)
ちょうどHoliday Nightを聴いたところなのですが、ミュージカルっぽいと言うかファンクとかR&Bとかちょっと
懐かしいレトロテイストがあるように感じました。TTSもですが、個人的には少女時代にはゴリゴリのダンスミュージックや今流行のジャンルよりもシンプルに歌唱力を生かすクラシックなジャンルの方が似合うのかも?と思います。SMのベテラングループだと東方神起スリスリのジャズテイストとかSJ DEVILのファンクなどがしっくり来たのもあり。
Mr.Mr.の時にizeに載った記事で好きだったフレーズの訳を載せて〆とさせて頂こうと思います。
『今回の活動は、少女時代に昔のような人気の頂点を与えるだろうと言うのは難しい。次のステップが何なのか予想するのは不可能だけでなく、不必要なことである。重要なのは、なんと8年間活動してきたグループが終止符を打つのではなく、未来を持つようになったという事実だ。 それゆえに「未来を開く鍵はすでに君が持っている」という"Mr.Mr."の歌詞は、少女時代自らの言葉のように聞こえる。 8年という時間は再びゼロにリセットされた。 いや、「再び」というよりは「新たに」だ。誰も経験したことのない20代半ばの少女たちの時代が到来している。 この先どこに伸びていくかも知れず、さらにジンジンと体が震えるような時代が。』
http://m.ize.co.kr/view.html?no=2014031018117256711&pDepth1=i2101

View more

初めまして!初めて質問させていただきます。わたしSJ1本で追ってるえるぷなのですが、昨日Devilを褒める嬉しい記事の翻訳を上げてくださってとても嬉しかったです^ ^昔からすじゅは事務所から放置プレイだったと思うのですが、Devilはちゃんとプロモしてたら売れたかもしれないのにーと良曲揃いなだけに悔しいです。SJはペンも減少傾向ですし、アンチもいるのでやはり曲が売れるのは難しいでしょうか…아는형님などメンバーがバラエティに出てるのでそこで宣伝したら行けるのでは?と思ったりするのですが(나비잠が売れたので!)、今のSJに必要なプロモーションはどんなものなのでしょうか?よろしくお願いします…

個人的には「SJはペンも減少傾向ですしアンチもいるので」...という見方は2013年くらいだったらそうだよなぁという感じですが、もはや全員兵役公益済or入隊中な10周年を迎えたグループとしては、もうあんまり気にするところではないんじゃないでしょうかね。アイドルとして頂点を極めた直後から国内のファンは減って行くのが必然で例外のボーイズグループは多分ありませんし、むしろ10年以上続いてるのに未だにアンチがいるなんてバリバリ現役の証と言ってもいいんじゃないかと思います。そもそもSJは海外にファンが多いし(途中からそういうグループにすべく活動してきたような感じもあるし)国内のファンドム規模は今となってはあんまり気にしなくてもいいゾーンに入ってるんじゃないでしょうか。ましてや国外のファンとしては、その辺気にしてもぶっちゃけどうしようもないというか...
とはいえカムバのたびに順位は目に見えますし、アイドル楽曲はいい曲アレな曲以前に国内のファンドムの規模がそのまま反映されがちな韓国アイドル業界なので、現役で活動するグループのファンとしては久々のカムバが売れゆきはやっぱり気になりますよね。SJの他のSMのグループにはない大きなアドバンテージというと、やはりダントツの一般層への個人知名度ではないかと思います。旬のアイドル達でもメンバー全員が一般層から認知される事は容易ではないと思いますが、これだけ地上波の各種バラエティにレギュラーで出続けてきたグループもそうないでしょうし、ひょっとしたらTVによく出てるけどアイドルとは知らなかったっていう視聴者も今時は結構いるかもしれません。
人気バラエティで作られた曲は売れるという法則がすでにできていますし(大体音源しか出ないので、アイドルが絡んでいれば音盤分も上乗せで売れるかも)いちばん確実なのはヒチョルあたりがレギュラーの番組で曲を作る企画をしてSJとしてリリースする事じゃないかと思うんですが、韓国のアイドル業界はそこのところは何故か融通がきかないっぽいので企画ものは企画として、その曲でカムバ活動というのはきっと非現実的でしょうね...
質問者の方がおっしゃるように、メンバーの出演番組で宣伝しまくるくらいが現実的かもしれません。8月に除隊するシウォンはすぐにカンソラと一緒にドラマ出演が決まっているそうですし、ドラマの中でシウォンとか出演者が新曲を歌って踊るシーンをねじ込んでもらうのもいいかもしれませんね!
(どちゃくそシリアスドラマの可能性もなくはないけど)
SJレーベルのスタッフが徹夜で考えてそうな内容のご質問なのでいちオタクが考えるには荷が重すぎでは?と思いましたが、とりあえず答えてみました。カムバとスパショ楽しみにしてます。

View more

こんばんは。泡沫さんのこのTwitterに書いてある反対の意見のことを含めてもう少し詳しく教えてください、よろしくお願いします。 ↓↓↓ 自分はWINNERほど毎回カムバにお金かけてもらってる若手グループも中々いないと思っていて大事にされてる印象だったし(YGで自作ならカムバ間隔が空くのは仕方ないし)iKON今回TVもラジオも沢山出ててプロモ頑張ってるなと思ってたので、全く正反対の意見を見かけて井之頭五郎と化した。

「YGはWINNERの事をほっぽらかしてたくせにヒットしたら大事にして、今度はiKONに同じ仕打ちをする気か。2組とも会社の駒じゃない」というような意見をちらほら目にしたので、そういう考え方はあんまりした事なかったなーと思ったんでした。YGのグループのカムバの間隔についてはYGEXの社長も言っていた通りで会社に認められるような曲が出来次第だから、先にカムバ予定ありきだったり事務所にほぼ作ってもらっているグループとは正反対で間隔が開いた=放置ではないだろうし、そもそもWINNERに関しては3回目のカムバの遅れに関してはそういう事情を差し引いても特殊な理由があって致し方なかった面もあったわけですし。カムバ自体には毎回海外撮影とかプロモーションもお金をかけてもらってそうだし、カムバの度にわざわざ番組を作ってもらったり地上波の番組などにも結構出てますし、オファーの有無もあるでしょうがこれは事務所がお金とコネをグループの為にフル活用しないと、大手といえどなかなかしてもらえる事じゃないと思うんですよね。WINNERは韓国ではそもそもデビュー前から一般的な知名度がものすごく高いメンバーが2人もいたので出来る事だったのかもですが。カムバ出来ると判断出来るレベルの曲が出来たと事務所がなかなか認定しない事を「放置」と解釈されるのだったら何も言えませんけど、自分は本当の意味で事務所が自作に拘るなら事務所の経済事情に関わらずそう簡単にカムバ出来ないだろうと最初から思っていたので、あまりそうは思いませんでした。WINNER TVでのプレゼン回を見ていたので余計に...(個人的に元々はずっとバンド系音楽が好きなので、アーティストのクリエイションファーストの場合新譜リリースには時間がかかる事に慣れてたからかもですが)むしろあんまりその辺せっつくと、事務所に認められるような曲がなかなか出来ない本人たちへのプレッシャーにもなるんじゃないかとは思ってました。カムバの間隔が開くのって特に新人の場合は事務所にとっても損しかないと思うんですが、結局は事務所にとっての第一優先事項がなんなのか?稼ぎなのか完成度なのかポリシーなのか評判なのか?という事なのではないかと思います。まあ社員じゃないから本当のところはわからないですけどね。
YG自作グループのカムバ特殊事情に関しては知らない人からは放置っぽく見えるのは仕方ないとも思うのですが、言ってる方たちはYGのグループのファンのようだったので、事情を知っててもそういう考えになるのかーと思ったのでした。
iKONも今回のカムバの後サイン会はもちろん結構色々な番組やラジオに出ているのを見ますし、日本のツアーも下半期にがっつり入っていますよね。カムバには中小事務所でも一千万単位のお金がかかるそうですから、大手なら億単位だと思います。YGは毎回さらっと同時にダブルタイトルを出す事が多いですが、カムバ費用も2倍かかるので、回収できるかどうかを考えたらこれって普通はなかなか出来ることではないんじゃないかと思うんですよ。1曲で活動した方が音楽番組では上位をとりやすいし、1曲活動した後数ヶ月後にリパケを出すのが無難なんじゃないかと思います。それでもやるのはある種の信頼があるからなんではないかとも思います。
(最終的にアルバムを出さなきゃいけないので、単純にリリース間隔が開くの埋めるためもあるかもですが)
最近俳優やバラエティというビジネス分野に手を出しているのも、印税収入が多かった時代と違って今はコンサート以外の音楽活動の農閑期(?)には他の仕事をしないとアーティストはあまり稼ぎがないので、その問題を解決する手段のひとつなのかもとも思ってます。
アイドルはビジネスなので、カムバの間隔はYGの場合はさておきMVとか衣装とか仕事周りの事にお金をかけてもらってるというのが1番わかりやすく手をかけてもらってるというバロメーターではないかと思ってるんですけど、どうでしょうかね。個人的には他の物差し(ファンから見て愛情を感じるかとかお気に入りかどうかとか)の方が個人の受け取り方次第のように思うのですが...こっちからは見えない面も多いので。それに、ある意味事務所の駒になれない人はアイドルは向いてないとも思いますし。

View more

こんにちは。アメリカの絵本や子供向けの番組を見ると、韻を踏んだ表現がたくさん出てきて、英語はよく分からないのですが、ラップが産まれる土台があったんだな。と感じます。 韓国語も、同じようにラップを作りやすい言語なんでしょうか。 また、アイドルもよく5文字作文みたいなの(なんて言ってよいか分からずすみません)作りますけど、あれは学校の授業でよくやる事なんでしょうか。 それも文を考える訓練になるなぁと思いました。 変な質問ですみません。 韓国と日本のラップ人口の差を考えてなんでかな。と思ったもので。 でも、日本のバンド人口は韓国よりも多い気がするから、好みの問題かなとも思いました。

このご質問にはいくつかの事が混在してると思うので、一旦整理してみますね。
①アメリカでは子供の絵本でも韻を踏む表現があってラップの素地を感じるが、韓国でもそうなのか。
②アイドルがよくやる五文字作文は学校で教わったりするのか。
③日本と韓国でラップの流行り方に差があるのは何故か。
まず、①の件ですが、質問者の方は文章から察するにどうもヒップホップ=ラップだと思われてるように思いますが、必ずしもヒップホップ=ラップという事ではないです。「ヒップホップ」という文化の中に「ラップ」というスタイルの音楽が含まれるという事だと思います。韓国でヒップホップブームがあってそこからラップミュージックが人気ジャンルになったのは確かだと思いますが、個人的には最初に流行したのはラップそのものというよりヒップホップダンスなのではないかと思います。韓国のhiphop史に関しては鳥居咲子さんのご本などを参考にして頂くとして(長くなるので...)最初にヒップホップジャンルで国民的に人気を得たのがソテジヮアイドゥルだと思うんですが、当時はラップリリックそのものよりもダンスミュージックとしての認識の方が大きかったんではないかと思います。
アメリカ国内でのhiphop史にしても起源は諸説ありまして、ラップの大元になったと言われているjiveという言葉遊びは韻を踏んでいたわけではなくある単語を別の言葉に置き換えて表現する遊び(空をblueと置き換えたりとか)だったので、ラップ自体も韻=ライムありきではなかった可能性が高いです。またリリックに韻が必要か、どのくらい重視するべきかというのも時代によって変わっていったり意見が分かれるところのようです。更にアメリカ国内では一口に英語といってもどういう身分なのか、どういうコミュニティに属するかによって幼少時から使う言い回しや言語に対するスタンスも異なっていると思います。
そして「韻を踏む」という言語文化は英語圏だけでなく漢詩の世界や日本語でも古くから見られる文化なので、それ自体がラップの発展に直接関わったかは結局よくわかりません。韓国語に関しては、ハングルが出来たのは15世紀ですがそれまでは話す言葉は朝鮮語だけど書く文字は中国の漢字を使っていて、ハングルがきちんと国字化されたのは19世紀ですから、喋る言葉と書く言葉の言語体系が今のように統一されてから100年ちょっとしかたってないですしね。
②のアイドルがよくやる5文字作文というと、折句のことでしょうか。平たく言うと「あいうえお作文」ですかね。折句自体は漢詩や日本語でも古くから見られる表現ですがこれはラップとはあんまり関係ないような...学校で習うかどうかはわかりませんけど、韓国のアイドルがバラエティであいうえお作文やるのは日本のバラエティの影響じゃないのかと個人的には思います笑
③の日本と韓国でのラップ人口(?)の差ですが、個人的には韓国でヒップホップがメジャージャンルになったのはやっぱり社会的な背景が大きいような気がします。日本でロックがメジャージャンルになったのは、世界的なロックブームがあった60〜70年代にたくさんの国産の名グループが誕生してそれが下の世代に影響を与えて...という連鎖があったからではないかと思います。韓国は世界的にロックが流行っていた時代にはまだ政情が安定しておらず、ロック音楽やライブハウスが国から弾圧された時期があってその連鎖が途切れてしまったのではないかと。様々な規制や弾圧からようやく人々が自由に音楽を楽しめるようになったのは90年代からだと思うのですが、この時期はちょうどヒップホップというジャンルが80年代からの流れでメジャー音楽として流行っていた時期でもあり、ダイレクトに欧米の流行音楽が入ってこられるようになったのと重なった事が大きかったのかなと。ラップが持つ「リアルをリリックに込める」という側面もその後の大きな不況に見舞われた社会情勢とマッチしやすかったのかもしれません。
ラップリリックに関してはあの特有のキレの良さを表現するには「子音」がキモではないかと思うのですが、韓国語にはパッチムがあるので日本語よりも英語に近くそれっぽく聴こえやすいという大きいメリットはあるんじゃないかとは思います。
なんだか散漫な答えになってしまいました。すみません...

View more

こんばんは!最近よく目にしますが、韓国国内のファンダムが抗議活動や嘆願書などを事務所に送って、それがまかり通る時もあるってことを最近知りました!日本では考えにくいことだと思うのですが……韓国ではよくあることですか?そしてそれなら仕方ないのかな?と思う時と一部の過激なファンのエゴなのでは?と感じる時もあるのですが泡沫さんどう思われますか?

これは昔っからよくあって、特に日本人にとっては結構カルチャーショックを受けがちな事かもしれません。今よりも昔の方がすごかったんじゃないかと思います。自分もハマりたての時2PMからジェボムが辞めさせられたちょっと前だったので、この脱退でペンカ連合がJYP本社の前で座り込んで拡声器で抗議声明文を読み上げたり、おびただしい数の付箋で埋め尽くされた壁の動画を目の当たりにして正直びっくりしました。最近はそこまで派手な抗議行動はないですけど、活動の内容を巡って不買活動などはありますよね。
個人的には抗議の内容自体のほとんどが感情的なものからきてるものが多いと感じますし、あくまでアイドルはビジネスだからファンが詳しく知ることもできない金銭的個人的あるいは業界的な事情もたくさんあるはずで、自分がいるファンドムだとしてもファンのやること全部には賛成できませんが、まあこれも国民性とか社会的な文化のひとつなのかなあと思ってます。最近でも朴槿恵大統領解任のろうそくデモとかありましたし。前のaskにも書きましたが、韓国のファンは推しドルを家族みたいなものとみなしているフシがありますし...。
でも、ファンの抗議行動自体は本当にしょっちゅうありますけど、実際その通りにまかり通る事はそんなにないと思いますよ。韓国の人は日本人以上にネット上での社会的な評判を気にする傾向があるようなので、炎上には敏感ですぐに謝罪騒動になったりはしますが。ジェボムの件の時も揉めに揉めて最終的にペンカとメンバーが話し合いの機会を持つところまでは行きましたが、結局事務所は辞めた理由は公式には明らかにはしませんでしたし。大きいところではSUPER JUNIORは結成当時毎年メンバーが変わるシステムになる予定だったのが(モーニング娘。がシステムモデルだったので)ファンからの猛抗議でメンバー固定性になったというのはありますが、この時は不買運動だけでなくファンがSMの株を買ったりという事までしたそうです。これは結果的には良かった事かもしれませんけど、この時の影響かオリジナルメンバーである13人を守ろうという意識が強すぎてSJMのメンバーがコンサートでSJの曲を歌うことへの執拗な抗議行動なんかもあり、これにはメンバーが直々にコンサート中にやめてほしいと頼んだそうです。
(これは日本では結構反発が大きかったし、韓国内でも意見が分かれるところではあったみたいですが)
ファンはよく「◯◯の為に」と言って色々な事をしようとしますが、個人的にはアイドルにお金を落とす事以外のファン活動(CDや音源や関連商品を買ったり、コンサートやイベントに行ったり)以外のファン活動は全てファンの自己満足=エゴのためにやるものだと思っていて自分でもそういう自覚は常にありますし、それが究極に極端な形で出るのがこういう「抗議活動」なんじゃないのかなーとは思ってます。アイドルのファン活動って基本は趣味なので自分が楽しく良い気持ちになるためにやるわけですから自己満足で当然だし、犯罪や迷惑行為にならない範囲ならそれで良いんだと思います。でもそれを自分以外の誰かや何かに押しつけるような行為をファン活動と呼んで良いのか、自分にはわかりません。韓国では日本と違って私設ファンクラブがたくさんあってひとつの文化を形成していますので、そういうことが起きやすいしまとまりやすいのかもしれませんね。でも今は韓国アイドルのファンドムは世界中に広がっていて人気があるアイドルほど韓国のファンに負う部分は減ってきていると思いますし、同じグループのペンドムでも国や文化圏によってスタンスが違うことも多々ありますから、韓国のペンドムだけで事務所やアイドルを動かすことは以前よりは難しくなっているかもしれません。

View more

EXOについての見解を頂戴したくaskを投稿させて頂きます。私が完全に外野だからこう思うのかもしれませんが、EXOは最近人気グループにしては影が薄い印象を受けるというか、以前より名前を聞かなくなったといいますか…カムバック等の活動もあまり精力的にしていないですよね?それでも大賞などを取って大衆ドル扱いされている姿を見ていると本当にそんなに人気があるのか…?と少し疑問に思います。EXOは今KPOP界で一体どういう地位にいるのでしょう?また、これからどうなっていくと思いますか?

EXOはデビューしてからもう5年目で、人気が今出てる真っ最中という意味での「テセ(大勢)ドル」の時期はもう過ぎたと思います。そしてカムバ諸々の売り出しを事務所が一番派手にするのはこのテセドルと呼ばれる時期なのではないかと思います。そういう意味では今、EXOは「今、特にかつて程には派手なカムバの宣伝の必要がない」という域に達してるんじゃないでしょうかね。
質問者の方がKドル界をどれくらいの期間ご覧になっているかはわかりませんが、通常人気ボーイズグループというのは新人期→テセ期→一般的に認知される安定期という流れでキャリアを積んで行くのではないかと思います。EXOのテセ期は2013〜2014年のOVERDOSE(音源初週29万DL・音盤トータル売上100万枚以上)の頃だと思いますが、次にメンバーが減った後に出たCALL ME BABYで初週15万DLだったのが最新のMONSTERでは19万DLまで増えています。2016年度のGAONチャートCD音盤売上ランキングベスト10のうち7枚がEXO関係で、一番売れたアイドルのソロ音盤もLAYのLose Controlでした。音盤の売上はそのままファンドムの規模を反映しますので、数字だけ見てもEXOが今も韓国ボーイズグループのトップクラスのファンドムを所有している事は確かだと思います。
(他の方のEXOに関するaskにも書きましたが、初期に中国でかなり人気が出たというのも結構大きいアドバンテージではないかと思います)
EXOは今、グループそのものを越えて各メンバー個人の知名度が上がってきているところで、頻繁にカムバックしなくても知名度が十分にある「大衆的なアイドル」の域に到達しつつあるんじゃないかと思います。こういう時期に入ると、グループでの活動よりもそれぞれのメンバーのソロ仕事の頻度や比率が以前より多くなってくるのではないでしょうか。というかほとんどの人気グループはデビューしてしばらくはグループ単位の仕事が多いですが、テセ期を過ぎてメンバー全員にそれなりにソロ仕事が入ってこないとグループ内の賃金格差が年々拡大していくなど諸々の問題が出やすくなるため(EXOは違いますが、自作だったりセルフPDをしてるグループは余計に差が出てくると思います)特に大人数グループはキャリアを重ねるごとにメンバー全員にそれなりの配分でソロ仕事が入ってくるのが安定した人気グループの証とも言えるのではないかと思います。
そしてこれは、過去にトップをとってきた現役のSMの先輩ボーイズグループはみんな辿ってきた道かなあという感じがします。

View more

以前BTSの成功について答えられていましたので、昨年ブレイクしたTWICEについても見解を聞きたいです。よく男子グループはファンダム構築を、女子グループは大衆受けを狙うと聞きます。その点についてはよく理解できますし、TWICEが音源で強いのもその現れだと思えます。一方比較的男子グループが強いとされる音盤成績にいたっても、EXO、BTSに次ぐ成績を残しており、なぜ音盤成績がここまで良いのか気になります。個人的考えですが幼い子に結構人気があるよう感じますし、その点は今迄にあまりない層からも(親含め)うけたのかなと。 また先日の日本デビューについても率直な感想も聞けたら幸いです。

TWICEの人気については2016年Gaonチャート音源編のブログ記事の最後の方に結構書いたので、そちらをご参照頂ければ幸いです。
http://nenuphar.hatenablog.com/entry/2017/02/22/211313
この記事にはあまりファンドムの事については書かなかったんですけど、女性ファンとアジェペン(おじさんファン)が多いグループは音盤が強いように思います。TWICEはどっちのファンも多いからではないでしょうか。少女時代もそうですし。
日本デビューの感想...特に......ない.........で!す!ね!
TTの日本版MVを韓国版と関連づけてたのとかは面白いなと思いました。日本オリジナル楽曲が出たりしたらまた何かしら感想が出るかもしれない。
しかし渋谷に行くたび看板やポスターを見るので、日本デビューしたなぁと思う機会はかなり多い方です。

View more

ジェイクキスの話をされていたのが気になったのであくまで私の考えですが… ジェイクキスのメンバーであるウンジウォンが応答せよ1997に出ていたのも関係あるかなと思います。5年ほど前でしたけど、Apinkのウンジとソイングクが主演で、ウンジウォンは同級生で出ていましたよね。ドラマの中でH.O.T、ジェイクキスが話題に上がっていたので、ジェイクキスを初めて知りました。彼自身もジェイクキスメンバーとして出たりしてて…。学生など若い子達にもそこで知名度が上がったのもあるのかなと思いました!

自分自身が韓国のバラエティは結構見るけど韓国のドラマはほとんど見ないというのもあるんですけど、(年一本見るか見ないかという..,応答せよシリーズはよくまとめて再放送してるので見ました)周囲でもバラエティでジウォン氏を知ってたけどジェッキの事は全然知らなかったので復活した時は本当にアイドルだったんだ!って思ったという人が特に10代20代に多いので、特定の番組やドラマが理由というよりも、人気番組やアイドルの出るバラエティなど若い人の目によく触れるTV番組に幅広く出てておなじみ感があったのかなと思いました。

View more

泡沫さん!!!先ほどぐるび〜〜の質問を送らせていただいた者です!!!あれからツイッターを漁りまくってなんとかgroovyroomというプロデューサー(?)に辿り着き、こんなしょうもないことで泡沫さんにaskを送ってしまってなんだか申し訳ないな…と思っていたところで質問が消えていたというツイートを見かけ、びっくりしました!!(笑) まさか、私の中での解決と共に質問まで消え失せるとは…!!!askは実は想像以上によくできたアプリなのか…😂😂 何はともあれ、興奮した勢いでこうしてまたaskを送らせていただいたのですが結局はあの人たちが作った曲だから、それを主張するため(?)の →→→→→

あれっ?そうだったんですね!
ご本人が消されてないなら何故消えてしまったんだろう...😅
ともあれ無事解決されたようでよかったです!確かにぐる〜びえりあ〜としか聴こえないって思いました笑
(あれはgroovy everywhereって言ってるらしいです)
YouTubeとかでsignature sound PD名とかkpopとかで検索してみるといろんな人のシグネチャーサウンドだけ集めたコンピレーションなどが結構あって面白いです。
元々はアメリカのヒップホップジャンルでbeat tagとかvoice tagと呼ばれてる、これ俺の作ったサウンドだから!っていうタグづけから来てるんじゃないかと思います。日本ではまだあまりないみたいです。初めて聴いた時は主張が強いな...って思いました笑

View more

Next