Ask @djutakata:

DJ泡沫
Latest answers

こんにちは!いつも勉強させてもらってます!PSYがカムバしたアルバム。豪華ゲストと共に言葉遊びやサンプリングが随所にあるのかな?と思ってます!気になったのは「New Face」のサビのところは2LiveCrewの「 We wont some pussy」のメロディーでしょうか?懐かしく感じました!

こんにちは。ご質問というか教えていただいてありがとうございます!正直2liveCrewあまり聴いたことがなかったのですが(ものすごいど下ネタのイメージがあったので笑)今回ちゃんと聴いてみました。確かにNewFaceのサビでもWe want some new faceというフレーズがもありますし、サンプリングしていそうですね〜!全体的なビートも参考にしたトラックがありそうですけどまだよくわかりません...歌詞もコラボによって色々遊びがありそうなので、ゆっくり聴いてみたいと思っています。NewFaceはその通り新顔の事かなと思いつつどうしても整形の事がチラついてしまう歌詞だったり...(大統領選の翌日にリリースされたのは偶然だったそうですが)

それにしても、やっぱり2liveCrewはど下ネタな曲しかないんですね...どの曲もタイトルからしてひどい笑 昔はタイトルだけでちょっと...って思ってましたが、今聴くと突き抜けててなんか楽しくなりました。

View more

こんばんは!いつも泡沫さんのツイ楽しく読ませて頂いてます。 ぜひ泡沫さんのMonsta Xについての考察をお伺いしたいです!イルデも発表され日本でも勢いはありますが、なかなか本国で1位が取れずもがいています。ボーカルのキヒョンやラッパーのジュホンなんかは結構実力もあるとは思うのですが、私的には何か活動曲がそこまでパッとしないというか…。事務所もそこそこ大きいけど成功した男性アイドルはまだいないので、売り出し方を模索してる最中なのかな?と歯がゆい気持ちで応援してます。。 泡沫さんはどう思われるか教えて頂ければ嬉しいです。

MONSTAX...NO MERCY見ていましたが、正直審査員の先輩方のインパクト強すぎて番組当初は肝心のグループメンバーの印象が少し薄かったですすみません。K.Will先輩も怖いけどMAD CLOWNの笑ってない目が大分怖かったです。でもデビュー後いろんなバラエティで見かけるのでなんとなくメンバーのキャラがわかってきて、今ではなんだか親しみがあります。KCONで生のステージを見ましたが、歓声がとても多くて人気あるんだなと思いました。

1位なかなか取れない問題ですが、みんなどのくらいで1位を取ってるんだろう?と思ったので、とりあえず2010以降デビュー組で音楽番組1位をとるまでに「1年以上&活動曲5曲以上かかったボーイズグループ」をざっと調べてみました。他にもいると思いますが目安として...

INFINITE / 1年3ヶ月 (5曲目) Be Mine
Block.b / 2年8ヶ月(1位を取る前に約10ヶ月活動休止) (6曲目) Very Good
B1A4 / 2年1ヶ月 (6曲目) What's happening?
B.A.P / 2年1ヶ月(1位を取った後に活動休止)(8曲目) 1004(Angel)
VIXX / 1年7ヶ月 (6曲目)呪いの人形
防弾少年団 / 1年10ヶ月 (6曲目) INEED U
GOT7 / 1年9ヶ月 (5曲目) If you do

MONSTAXは今年の5月でデビュー2年、Beautifulで5曲目なのでファンの方からしたらきっとそろそろ1位を取りたい感じですよね。
しかし、1位を取るのに「凄くいい曲」というのは本当にいちばんの条件なんでしょうか。上記の1位を取った曲リストを見ると必ずしもそうじゃないのではないかと思います(怒られそう)。曲とかパフォーマンスというのはもうある程度以上のグループだと十分レベルが高いですし、曲が良くて突然ハネるグループというのもなくはないんですけど、特にボーイズグループでは奇跡中の奇跡という感じがします。結局こつこつペンドムを貯めていってあるタイミングで一位を取れるレベルに到達したりだとか、もうちょっとというタイミングで渾身の一曲やコンセプトでどかんと当たるというパターンが多いんじゃないでしょうか。
あと、とても肝心なのはやっぱりリリースタイミングではないかと思うんです。いくらいい曲やパフォーマンスが出来てファンや本人たちが頑張っても、競争相手のペンドムが明らかに大きかったら取れる1位もとれませんよね。モンエクが今までリリースした週の1位を見てみたのですが、
Tresspass→BIGBANG・ソンギュ(INFINITE)
Rush→REDVELVET・iKON
Clan:1→AOA
Clan:2→SHINee
Clan:2.5→Highlight
と、まだ1位を取ってないグループが競争して1位を取るにはなかなか厳しい相手ばかりだったんじゃないでしょうか。
例えば凄くわかりやすい例だと、防弾少年団はサンナムジャ期はその年いちばん売れたソユ&チョンギゴ「SOME」というモンスターソングに阻まれ、Danger期はこれまた1位を取りまくりその月にいちばん売れたWINNERのEMPTYとかぶって1位を取り逃がしていたのですが、初めて1位を取ったI NEED UはEXOの「Call Me Baby」活動とBIGBANG「MADE:M」活動のちょうど間にリリースされ(CMBの活動ラストは4/28で花様年華が出たのが4/29(水)、MADE:Mが出たのが5/1(金))The SHOWで始めての1位と5冠を取ったんですよね。だからこれだけアイドルが増えてTVの企画ものなんかとも競わなきゃいけない昨今、やっぱりリリースタイミングって特に初めての1位を狙うときは凄く重要なんだと思います。ぶっちゃけ今のモンエクくらいのグループだったら、パフォーマンスのクオリティは大前提としてあるし、リリース時期さえ上手くいけばもう1位は取れるんじゃないでしょうか?先輩のBOYFRIENDもTheSHOWで1位取ってますし、本当にタイミング次第ですよねきっと。

ちなみにデビューから3年7ヶ月、10曲目にしてSHOW CHAMPIONで1位を取ったBTOBの例もあげておきます。バラエティに出る機会が多いようならこっちのパターンもありなんじゃないかと思いました。以上です。ご質問ありがとうございました。

View more

こんばんは!いつも泡沫さんの意見や翻訳記事に勉強になったりしている者です。 さて、質問というより意見みたいなものになってしまいますが、ここ数年、Kドルグループのデビュー数が異常に増えつつあります。K-POPというジャンルが世界的に浸透したので、流行りに乗った事務所もあるかもしれません。またKドル界では有名なジンクス(売れるのは最低何年までなど)もあり、このまま大量に増えていく大手以外の小さな事務所は色々と先行きが不安になります。解散も最近多いですし… 個人的に2010年前後辺りのデビュー数が丁度良いと思ってしまうぐらいです。泡沫さんは年々デビューするKドルグループの増加にどう思われますか?

長くなっちゃったので簡潔に「どう思うか?」だけの答えは下まで飛ばして2行だけ読んで頂ければ...

確かにデビューするアイドルグループは毎年増えているみたいですね。韓国アイドル関係の文献を照らし合わせると2012年あたりからデビューするグループがどっと増えたようで、去年idolodyが発行した2015年のアイドルデータブックによると、2015年にデビューしたアイドルグループは全部で60組(女子37/男子23)だそうです。2010年は20組以下だったので、3倍以上ですね。

KPOPが世界的に輸出可能な「産業」としてある程度確立した事で、ビジネスとしてアイドル育成を始めようと思う人たちが増えたのかなと思います。また、かつてアイドルだったりアーティストとして活躍していた人が事務所を開いて育成する方に回るというパターンも最近増えてる気がします。そういえば3大事務所は全部このパターンなんですが。また、アイドルブームを見て育った世代がアイドルを目指す時代になってきていて、アイドルを目指す人口自体が増えてきている事。(これには他にも10%以上という若年層の高い失業率や「5放世代」と言われる社会環境など、色々な社会的背景も関係していそうですが) 逆に、韓国内で音楽そのものが売れなくなったり(売れても実入りが少ない)アイドルブーム以降に売れる音楽のジャンルが偏ってきている傾向にあって、音楽エンタメ業界を目指す若者がデビューする方法が限られてきてしまっている事(アイドルで売り出せば音楽だけでなく俳優やバラエティ、モデルなど仕事の選択肢が多い時代になったので一番手っ取り早いのかなと思います)もあり、今までアイドルデビューさせた事がなかったような芸能事務所がアイドルをデビューさせたりとか。アイドルグループが増えてるのにはいろんな事が原因にあるんだろうなと思います。日本も考えてみれば数年前に似たようなアイドルブームがあって(日本は諸事情あるせいか女子アイドルメインですが)今は地下アイドルブームにまで来ている感じでしょうか。もちろん国の状況や文化が違うので同じ流れではありませんが。

話は戻りますが、2015年にデビューしたアイドルで2017年にまだ活動が自分なりに確認できる人たちを数えてみたら17組でした。(April・CLC・Day6・DIA・GFRIEND・iKON・MonstaX・N.Flying・OH MY GIRL・SEVENTEEN・Snuper・TWICE・UP10tion・VAV・VX・MAP6・ROMEO)
もう解散してしまったグループも少なくなく、デビュー2年で1/3になってしまっている状態です。一方で2010年デビュー組で今活動が確認できるグループは6組(SISTAR・Girl'sDay・INFINITE・CNBLUE・TEENTOP・CODE-V/MISS AとZE:Aは微妙な状況なので除外しました)でやっぱり大体1/3くらいなんですね。

個人的にKPOP業界を見てきた結果、凄く売れる事ができるグループ(国内や日本でアリーナクラスの会場でライブが続けてできるくらいを目安として)はデビュー年ごとに男女それぞれ2組くらいなんじゃないかとずっと思っていまして、それは今でも概ねそうなんじゃないかなと思います。2015年デビュー組でも音楽番組で1位を取った事があるグループは男女それぞれ2組ですし。

ただ、アイドルが増えた結果仕事の選択肢や現場数が世界的に増えたおかげで、「凄く売れる」じゃなくて「まあまあファンがついてる」という状態をキープし続けて長く生き残ってるアイドルグループも結構出てきているみたいですよね。これはいろんな韓国内のメディアでも見かける論調ですが、時代が「国民的アイドル」から「My Type」(iKONの曲タイトルがよく例えに出されている)スタイルに向かっているという事ではないでしょうか。以前は国民みんなが知っていてこその「人気アイドル」だったけど、今はみんなが同じアイドルを好きになる時代ではなく、知る人ぞ知る個人の好みに細かく合わせたアイドルがそれなりに人気が出るマニアの時代になりつつあるという事ではないかと。昔はひとつのパイを大手が2/3取って残りを中小が分けていたとしたら、今は大手の分け前が1/3に減った感じというか。なので逆に中小の事務所にもチャンスが増えた状況とも言えるんじゃないでしょうか。大手は昔より減った分け前を他で補填しなくちゃいけないでしょうし、中小事務所が増えた分、特に一度当てているような中規模事務所(FNC・DSP・CUBE・STARSHIP・Pledis・BigHit・Woolim・WM・TOPあたり)は今後のビジネスのやり方次第で浮き沈みがあるかもかもしれませんが...

グループが毎年増える事は仕方ないよなーとは思いますが、個人的には「もうグループ多すぎるしメンバーの人数も増えすぎて覚えられないなコレ」っていう感じです。

View more