マントさん。こんにちは。 一記事一記事の質がより求められるようになった今日。 なかなか良き外注ライターさんに巡り会えません。 1) 何かコツというかポイントのようなものがあれば ご教授いただけますでしょうか。 2) また、外注ライターさんにはタイトル、小見出しまで 細かく細かく指示した方がよいでしょうか。 3) またあがってきたレベルが65点程度の完成度だと思っても 自分で手直しするとまたすごい時間がかかっちゃうので 急ぎ65点でも記事公開してしまったほうが良いのでしょうか。

こんにちは。
①『とにかくテスト記事で当たりを見つけるまで募集しまくる』『オファーを良くする』くらいしか思いつかないですね。。
良き外注ライターさんを見つけるのって難しいですよね。
②外注ライターさんのレベルによると思います。
何も言わずに、こっちの求めているものがでてくるなら、タイトルだけ渡すのが当然最強です。
・・・・が、そんな外注ライターさんに出会えることはなかなかないですよね。
将来のことを考えて、こちらの負担を減らしていきたいと考えるなら、外注ライターさんを育てるしかないかなと。
育て方は、
・はじめはやってみせて結果を見せる(記事の構成から、ライティング、公開、狙ったキーワードで順位が付くところまで)
・何が良かったと思う?どういうところに気を付けてると思う?などの問いをして、成果が上がる方法を外注さんの頭で反復してもらう
を繰り返していって、思考の部分まで理解してもらう必要があるかなあと。
いきなり全部は無理だと思うので、SEOライティングの仕事を細かくセクションに分けて、一つずつ丁寧に教え込むっていうのもありだと思います。
外注ライターさんに意欲があることが前提ですし、手間はかかりますし、外注さんにそこまでやるの?って問題もありますが・・・。w
③僕は、時間がかかってもある程度手直ししちゃいますね。
65点だとおそらく全然上がってこないと思うので80点くらいのクオリティは担保したい感じです。

The answer hasn’t got any likes yet.