Ask @goha5800jp:

ゴハ
Latest answers

携帯の待ち受けやロック画面などは何にしていますか?

ナギかわいいよナギ。

View more

すり身さんとコンビを組んだきっかけを教えて下さい

ある会で「2人1組になって、片方はお題に対してボケて、もう片方はそれにツッコむ」っていうのをした時に、すり身さんにボケをしてもらって自分はツッコむのが、意外とハマって。
その時は「これで今度タッグフェス出よな」って話だったと思うんですけど、それからタッグフェスが開催されてなくて、こういう感じになっている次第です。
あと単純に住んでいる場所がそう離れていないので、練習や打ち合わせしやすいというのも大きいです。

View more

いつか僕にピンコントを一本書いてください

白魔導士

いやいやいや、自分のピンコントもまともに書けたこと無いのに!
でもよろしくお願いします。こちらがお願いしたい話。

というか、何人かの人が白魔導士っていう素材に何か持ってくるのは面白いかもですね。

View more

人生でこの時までには、私は・・・すると思っていた。

ありすぎます。
そして、全部間に合ってません。

View more

先日放送されたENGEIは見ましたか?そこで、オリエンタルラジオがPERFECT HUMANを披露していたのですが、どのように感じましたか?差し支え無ければ、教えてください。

めっちゃ遅くなりました、すいません。
ENGEIグランドスラムは観ました。オリエンタルラジオは面白かったと思うし、ナインティナインの「帰れー!」っていうガヤも面白かったと思いました。
ただ、自分は検索ちゃんネタ祭りの時の(もうちょっと長いサイズでの)武勇伝からのPERFECT HUMANも観てたのでどうしてもそれと比べてしまうんだけど、やっぱりあそこまで短くなったら前半の武勇伝があとの曲パートにあんまり何もつながってないのは勿体無いなあ、みたいなのは感じました。
(あと、去年の(=一昨年の年末の)検索ちゃんネタ祭りや笑点でやってた、武勇伝→カリスマ→STARのやつも物凄く面白かったし、どっちかで言えばあっちの方が曲としてもネタとしても自分は好きです。)

なんにせよ、オリエンタルラジオってスゴいなあ、というのは最近改めてめちゃくちゃ思います。

View more

寒い日にぴったりの歌は?

スキップカウズ「赤い手」
https://www.youtube.com/watch?v=CGtVAI1zScM
冬の名曲!

View more

「それでいいのですか?」の様な心にグサッとくる曲って他にある?

この曲とか、いかがでしょうか。
http://www.tudou.com/programs/view/UVViJSVnl2g

まるで正直者のように / YMCK
(「YMCK SONGBOOK」ってアルバムに入っています。友部正人さんのカバーです。)

昼ごろ目を覚ましあんたは出かけてくる
信号を渡る時ポケットに手をつっ込み
スタイルはとてもかっこいいな
彫りの深い顔はいつもうつむき加減
北風が髪を吹き上げて
久しぶりだと手を振りながらやってくる
まるで正直者のようにあんたは優しくほほえむ
でも僕はもう振り向きはしない

寝不足の顔であんたは友達に会いに来る
肩を抱き合い素敵だった昨日を取り戻しに
遅くまで話し込もうよコーヒを飲みながら
でも片手で耳をふさいでいては
何も聞こえないでしょう
誰とでもすぐに恋ができて
それがすぐにおしまいなら
小石をけって生きるより他はないでしょう
まるで冒険者のようにあんたは闇に入り込む
でも僕はもう背中を向けるつもり

いつの間にかあんたは見張り台に立っている
僕のためじゃなくて君のためにだと
手土産をいっぱい抱えあんたは店を開くけど
今まであんたが軽蔑してきたことを
繰り返しているだけだよ
君はいつも人をごまかしていると言うけど
あんたは自分の影を踏んでいるだけだよ
まるで救い神のようにあんたは扉を叩くけど
でも僕はもう返事をする気もありません

大通りでふいに駆け寄りたい友達もいるけど
背中を向けて逃げ出したい時もあるものさ
腹黒いなどといいふらし小さく嘆くあんたも
一人になって歌いたい時もあるでしょう
とられたものはもうあきらめて
獣のような毎日を通り抜けましょう
まるで被害者のようにあんたは座り込む
でも僕にはもうそれがすべてゲームのように見えるよ

誰だって素敵な恋に狂いたいもの
でも昔に守られていてはおどける事もできないでしょう
腕比べはもうたくさん
いつのまにか死んでしまう
口約束を裏切るのも
また自由なのだから
どれだけのコートで身をつつめば
話が始まるのだろう
毎日の議論の結果のひとりよがりを見つけた
まるで宣教師のようにあんたは立ちはだかるけど
でも僕はいまのんびりと彼女を待ちたい気分

View more

ゴハあるあるを教えてください

好きなラジオの好きな回の好きな部分、アホほど回数聴きがち
最近は「ダイアンのよなよな…」の2015年流行語大賞の回を、時間ある時に何回も何回も聴いてます。その度にゲラゲラ笑ってます。

View more

R-1の1回戦で、他の大喜利プレイヤーの方たちのネタを見てどう思いましたか?

ホントにお世辞でもなんでもなく、誰もミスしてなかったし、面白かったと思います。
ちゃんと各自がそれぞれに自分のやりたいコトを持ってきていて、人前で出してはったなぁって感じでした。

すり身さんがトップで出てきたのは笑ったし、らーゆさんのは自分は練習してた時間だったので観れなかったけどティッシュのネタって聞いた時点で「最高」って思ったし、蛇口さんや本塁MAXさんみたいに普通に大喜利してもめちゃくちゃ面白い人が、めちゃくちゃ面白い設定と舞台装置を自前で用意していたのも観てて、すごく色んな意味で(蛇口さんが家でひとりであの音源を用意してる時とか、本塁さんがあの小道具類を作ってるのを想像するだけで)たまらなかったし、ヒゲ王子さんのいつものヤツが全力で、ああいう人前で披露されることに対して、僕らは「ヒゲさんの全力のアレが見られるぞー!」というシンプルなファンとしての興奮と、「これは、初見の(ヒゲさんを特に知らない)人達にはどう思われるのか?」という興味がつきない部分とで、本当にめくるめく2分間でした。宇多川さんはホントにネタが完璧過ぎて震えました。本当にあのネタは完璧すぎると思う。中岡フェニックスさんに関しては元から次元が違うと思ってるので自分は何も言及できません。他の大喜利プレイヤーだけど今回はよしもと所属で出ていた人達についても同様で。

とにかく、色んな意味を全部ひっくるめて、めちゃくちゃ楽しかったし、貴重な経験や勉強もできた、大阪1回戦の土日の2日間でした。
また来年も楽しめたらいいなー。

View more

過去にTwitterやめようかなと思ったことはありますか?

あんまりないです。
あと麿kneeさんは、別に急かさないし、いつになってもいいので、気が向いたら連絡ください。

View more

あなたのお気に入りのネットの面白ネタは?

「姉ちゃんの詩集」シリーズがめちゃくちゃ好きでした。スピード感と言葉の鮮度がすごい。
http://www20.atwiki.jp/chinya/pages/12.html

View more

R-1ぐらんぷり一回戦通過おめでとうございます!勝因はご自身でどの辺だと思われてますか?

ありがとうございます。

正直な所では、自分では「落ちた」「やっぱりまだ届くレベルじゃなかったなー」と思いました。
やってて膝も指先も震えてたし、それを隠せてなかったし、早口もけっこう出てしまってたし、何よりネタがウケてなかったし。
終わった瞬間、率直に、ああ、これはまた1年頑張って、来年はもうちょっと精度上げられたらいいなあって思いました。

ただ、そんな中で、他にめちゃくちゃ面白いネタをしてすごいウケてた人で残っていない人がたくさん居て、自分が残ったのは何故かを考えると、恐らく
・極力、素人っぽさの出ないスタイルを選んだ
・『わからないことが面白い』に頼らなかった
・こっちで出来るだけの準備はしていった
辺りになるのかなあ、と思っています。

まず1つめ。自分がずっと予選を見て感じていたことで、どうしてもアマチュアはアマチュアっぽがあちこちに出る。特に自分は普段から人前で演技をする、舞台用の身体能力や経験を持ち合わせていないので、そういう事をするとどうしたってプロの人と見劣りします。
なので、コントのような演技力も、喋りでも表現力をできるだけ必要としないような、シンプルに「舞台の真ん中から殆ど動かずに、フリップだけめくりながら2分間まっすぐ喋るだけ」にしました。声が通らないのはセンターマイクを使うことにして。
それでも全然アマチュアっぽさは出ているけど、1人コントや、立ち喋りでもある程度の表現力を要するような落語や漫談のようなコトをするよりはいくらかアラが隠せたと思います。

2つめ。R-1の予選で見ていて、めちゃくちゃ面白いけど予選を通過はされないんだなあ、と思うネタ(特にアマチュアの人で)に多いのは「不条理であることが面白い」「ちゃんと集中してみたらしっかり作ってある、独自の世界観を持っていて面白い」系のネタなのかなあと感じています。
これは難しいところで、けしてR-1の審査基準が正しいとは思いません。ただ、人の数だけそれぞれに「自分はこういうのが面白いと思う」という形があって、普段、同じノリを共有できている仲間の間では「面白い」と思い合えているような「このよくわからない部分、理屈としてオチてない、不条理さをそのまま楽しむ部分、面白いでしょ」っていうモノを、自分のことを全く知らない、しかも自分を目当てに見てくれているわけでもない(=けして自分に興味があるわけでない)観客や審査員の前に出した時(それも170人超ものネタを連続で見続けるという場所で)に、普段の同じノリを共有できている仲間内に出す時と同じくらいの集中力や興味を持って観てもらえて面白いと思ってもらえる可能性は、けっこう低いと思っていいと思うんです。
なので、ネタの形は基本的に日本国内で生活してる人ならだいたい必ず「意味がわからない」って事はないようなあるあるネタをフリップにして、並列で、「○○あるある」みたいなジャンルでくくらずに、1ネタごとにガラッと方向を変えながら(=最初から掴めなかったとしても、1ネタずつにずっと掴み直す感じで、どこかで1つでも引っかかって面白がってもらえたら残りを聞いてもらえるように)ひたすら2分間で手数を出して見る感じにしました。

ただ、自分で自分のネタをこういうのもあれですけど、一番面白みのないスタイルだというのは重々承知しています。
けして自分が今回選んだこれが必勝法だとか正解だとかは思っていないし、アマチュアでも、ボケの手数よりも重さを重視したネタ、最初から最後まで不条理な空間に持っていく人、「そのボケ、意味はわからない(=理屈に落とせない)けどめっちゃ面白いなあ」というネタをする人、がっつりとコントをやってみる人も、何も間違ってないと思うし、実際にそれで1回戦を突破される方だって居られます。
ただ、今回の自分の選択として「自分はそっちを選ぶべきじゃない」「なるべくアラの出ないやり方で、導入で掴み損ねても、途中まで見てても意味がわからないってなってる人でも、途中からでも何回でも掴みなおせるような組み立てにしよう」というのは、相当意識しました。
あと、その中で唯一遊んでる部分として、序盤は割と普通に、中盤からすごく短いネタの羅列で急に手数感を出して、終盤は今度はものすごい長文を並べる、そして最後はストンと行く、みたいな、緩急は楽しんで出してみたりしました。

3つめ。2つめと同じような部分になりますが、スケッチブックじゃなくて四つ切り画用紙にネタを書く、譜面台を実際に買ってきて家でも練習する、声も(プロの人みたくは)出ないなりに出来るだけ出そうと意識する、みたいな「こっちの準備と努力で少しでも見栄えは良くなる部分」は出来るだけ全部意識してみたつもりでした。
これも、今までの予選を見ていて、アマチュアで特に多いのが「ネタは文句無しに面白いけど、フリップ(あるいはフリップ代わりのスケッチブック)が客席のサイズに対して小さすぎる」「声が出てなすぎる」「ネタ中に身体がフラフラしてる」「あのー、えー、が多すぎる」みたいな部分を感じてました。これも難しい部分で、R-1だって本来は審査基準に「とにかく面白いひとり話芸」と書くくらいなら、そんな演者のディティールの部分なんかよりも「まずネタが面白いか」で審査して上にあげてもいいと思うし、ホントはそっちの方がいいとさえ自分は思います。
でも、実際問題として、2回戦より上に行くには、まず最低限のディティールをクリアしないかぎり、どれだけネタが面白くても、まず挑戦権が得られないような、そんな感じがしています。
なので、今回は思いっきりそっちに合わせる、そういうのは意識しました。

長々と書いてますが、とにかく自分が今回すごく意識したのは要はホントに3つだけで
・ほぼ直立不動のフリップネタスタイルにして、演技力や表現力を使わなくてもネタが出来るようにした
・自分を知らない人でも、誰でも判るようなネタを題材にして、2分間で1本の続き物にしないことで、何度もずっとツカミなおせるようにした
・できるだけ「ネタ本来の評価じゃないけどここが残念」みたいな減点要素になりそうな部分で事前準備でクリアできるものは極力準備した
みたいな感じで、でも実際にやってみての感想は「でも、全然まだ足りてなかったなー」くらいの出来でした。
でも通過とみなされたというのは、審査員の人から見て、今回のこういう部分を評価されたのかなあ(他には思い浮かばない)、と自分では思っています。

View more

R-1ぐらんぷり1回戦突破本当におめでとうございます。もし決勝まで進まれたとしたらどんなキャッチフレーズをつけてもらいたいですか

ありがとうございます。せっかく与えられた2回戦のチャンスなので、楽しんで出来るよう、さらにめっちゃ準備して練習して、行ってきます。

キャッチは「ロックバンドを組もうぜすり身の相方」でお願いします。
一応、ロックバンドを組もうぜはホントにコンビ名なんです。まだネタが全然ないんですけど。(・w・;

View more

週末に聞いた方がよい音楽のお勧めは?

トーテムロック「フリーダム フリーダム!」

動画サイトなどに音源上がってないので「自分で手に入れて聴いて」としか言えないんですけど、最高に最高で最高な最高の曲です。

View more

「大喜利のプロ」が誕生するとしたらそれはどんな人だと思いますか?

どういう定義として「プロ」なのか、もしも「(プロのお笑い芸人さんや、何らかの作家やライター、俳優やミュージシャンなどの職業についている人達が余興的に大喜利をしてギャラを得られている、というのを除いて、)大喜利をすることのみで生計を立てられる程度の収入を得られる人」だとしたら、そんなのは現状で誕生しないと思います。
もしかしたら遠い未来にそういう生き方を出来る道が現れるかもしれない可能性はゼロだとは言い切れませんが、今の状況でそれは絶対ない、あと何年ってレベルで実現できるものではないと思います。

逆算して考えましょう。
仮に「大喜利のプロ」が存在し得るとして、その人はどれくらいの収入を大喜利で稼がないといけないかを。
それだけを稼ぐには、どれくらいのペースでライブに立って、どれくらいの数のお客さんを集めて、どれくらいのチケット代を得ないといけないか、あるいはライブ以外の方法(物販や、本屋ネットでの執筆活動など)で稼がないといけないかを。
現状の大喜利ライブ界隈において、「お金を払ってでもステージに出て、自分の大喜利を見せたい人」はそこそこ居るけど、「お金を払ってでもライブに足を運んで、人の大喜利を観たい人」はどれだけ居るのか、それが今後どれくらいの数と比率まで伸びれば、「大喜利のプロ」は存在し得るのかを。考えたら、絶望的だと思うのは自分だけではないと思います。

あと、基本的に自分たちが楽しんでいるアマチュアの大喜利はあくまでも自己表現や、仲間内や同好の士の中でのコミュニケーションという目的が先に立つべきものであり、対価を得て行う、人を楽しませるためのエンターテインメントという目的でやるものではないと思っています(※あくまでも基本的に。例外はいくらでもありますが)。
なので、自分の個人的な考えとしては、「お金を払って観る大喜利」「演者の人に対価を支払って、対価の分だけ楽しませてもらう大喜利」っていうのは、基本的に何かしらのプロの表現色をしている人達の、余興や、また違った角度からの表現を楽しませてもらうための大喜利という場で楽しませてもらいたいと思うし、「大喜利のプロ」があればいいのに、とか、そういう道を選べる人がいればいいのに、みたいなのは、全っ然思わないです。

View more

仕事中のあなたあるある

唯一の持ちギャグ「日本舞踊」でピンチを回避しがち

View more

gohaさんこんにちは!突然ですが『月間ツチヤタカユキ』というブログはお読みになられましたか?私はこの方の事を何も知らずに何気なく拝見したのですが、いろんな意味ですごく衝撃を受けました。しかし自分では上手く感想がまとまらず、gohaさんの感想をききたくなり質問してみました。よかったらお聞かせ頂けると幸いです。

はじめまして。お返事を書いていたら思いっきりaskfmの文字数制限に引っかかってしまったのでevernoteで投稿します。
トリッキーな形でご迷惑をお掛けします。すいません。

・w・)っ https://www.evernote.com/shard/s338/sh/73f82db4-f38b-4ee2-9ad8-9c2e2d800e24/717f9c58703c669f

View more

グランブルーファンタジーにハマっていますか?

全くやっていませんが、グランブルーファンタジーが大量に広告費を投下してくれているお陰で私たちはM-1の3回戦の動画を楽しめていると思えば、ウソでも「ハマってます」と言いたくもなる勢いです。全くやっていませんが。

View more

あなたが一番行きたいと思っている国は?

日本国内ですらロクに知らないので、日本です。もっとあちこち行ってみたい。
いずれ今の会社を本当に離れる時が来たら、ちょっと本当に旅行らしい旅行をしてみたい。

1個前のaskの続きみたいになりますが、以前の自分は、旅行という余暇の過ごし方が本当に理解できなくて、なんでみんなそんな高いお金を使って、結構な移動時間を使って、外の景色や建物などをあくせく時間に追われながら観たがるのか、そんな事する前に買うべきモノとか読むべき本とか絶対あるだろ、みたいに思ってたし、旅行らしい旅行もしたことなかったので、なんかそういうのが今になって全部「自分アホだったなー」ってたまに思います。
時間があるうちにもっと色んな経験しておくべきだったと思う。

あとは、ベタベタですがベトナムをカブで縦に走ってみたいです。

View more

自分のお住いのエリアを飛び出して大喜利の大会や会へ参加(遠征)したことはありますか? あるならばそれの決め手って何でしたか?

・「このルールは体験しておきたい!」って思った時(「福岡地獄大喜利・疲」とか)
・「単純にこのメンバーの大会、観たいだろ」「あと、このメンバーに混ざった時に自分がどうなるか確かめたい」と思った時(「近代大喜利五種」「OOGP」とか)
・「このライブは単純に一度自分の目で観ておきたい」と思った時(「禁じられた遊び」とか)
・「単純に誰も知らない場所、誰にも知られてない場所でやってみたい」と思った時(「虎ノアール」とか)
・「普段とぜんぜん違う場所、違う環境に、自分が居られる場所を作れたら」と思った時(「悪答」とか)
なんか、思い返せば、色んな理由で自分は動いているような気がします。少なくとも理由や決め手はひとつではないです。

アマチュア界隈で自分が参加するのにせよ、プロの芸人さんのライブを見に行くために遠出するのにせよ、コストパフォーマンスで考えちゃうとダメだと思ってます。
コスパで考えてしまえば絶対に遠征なんてしない方が良い、その予算と時間で近場でもっと経験を積んだり見識を深められる素材を手に入れることはできると思います。
でも、人生ってそういうもんじゃないでしょ?っていうか、割に合わない事をするのにも意味はあると思うし、一見割に合わない、コスパで考えると効率悪いと思われるような行動が、のちのちそれ以上の何かになることは、往々にしてあると思うので(別にそれを期待しているわけでもないけど、でもそれは絶対にあると思う)。
少なくとも自分は、自分なんかに関わってもいい事ないと思いますよ…?って思うくらい、自分がまだ何か結果を出したり、何かを始めたりする前の段階から、色んな人に助けられたり、気にかけてもらえた結果、今があると思ってるので、自分もその辺はそういう風に動くのがスジだな、という風に考えています。
いやこの話

View more

タイマンの大喜利で「手応えがないけど勝った」と「手応えがあったけど完全に負けた」とではどちらが嬉しいですか?

これは、一般的にどうあるべきとか、どっちがいいと思うとか、そういう一般論じゃなくて、あくまで「今の自分のモードは」、なんですが、その場でウケたかどうか、ハマったかどうかよりは、自分が自分の事を面白いと思えているかどうかのほうがずっと大事だ、というモードで動いています。
もちろんウケるような答えを出すことも大事だし、その場にハマるように自分を調整していくことも大事です。
でも、今の自分としては、それよりも、まず自分で自分の事を認められるレベルにする、まずそれをクリアしないことには、次のレベルに移れないな、という風に感じています。

なので、自分に手応えがなくてもその場ではウケたとか相手も不発だったから、勝った、みたいなのよりは、完全に負けてようが「でも今日の自分は自分で見ても面白いの出せてたな」って思える時のほうが、ずっと良いです。
最近はずっとそんな感じです。

View more

公共の場でやってしまったクレージーなエピソードは?

公共施設で、100人位の前でいきなり窓を開けて、外に向かって大声を上げて、ちょっと怒られたことがあります

View more

羽が擦りきれて折れる日まで羽ばたきたい?

( ゚д゚ )彡そう!

※google IMEで「そう」で変換すると、ちゃんと「( ゚д゚ )彡そう!」が出るのに驚きました。

TERRAとBeForUを聴くと、自分が(生きる意味は)音ゲーしか無かったような数年間の時期のことを思い出すし、色んな記憶が紐付けされて詰まりすぎているので、なんていうか、ずっと特別です。

View more

コンプレックスはありますか

コンプレックスしかないです。

View more

観てみたい『アメトーーク』の〇〇芸人を教えて下さい

◎ 最近レギュラー番組が1つ減った芸人
メンバー:山里亮太、オードリー、ナイツ、流れ星、ウーマンラッシュアワー
観たいです!。

あと、なんか観たいなと思うやつ
◎ しっかり仕上がりすぎてる芸人 vs. きっちり売れそこなってる芸人
「そろそろ売れる」「いつ売れてもおかしくない」と言われ続けて、ネタもネタ以外もギンギンに仕上がってる人達と、何年か前までそう言われてた時期もあったのに、気がついたらきっちり売れそこなってる人達と。
「逃したらいけないチャンスと、逃してもいいチャンス」の話とか「こう言われだしたらいよいよヤバい」みたいな話とか。
◎ 正直ダウンタウンの影響受けてない芸人
そろそろ年代的に「オードリーさんに憧れてこの世界入りました」とか「エンタの神様を観て」とか、本気でそういう芸人さんが出てきてもおかしくない時代だと思うので、そういう人ばっかり集めて。
◎ 久本雅美うらやましい芸人
「自分にとって一番の親友が、いまだ全然売れてない芸人をしていて、今では共演もなかなかできない」という、ある程度売れてる芸人さんばかり集めて。
一緒に売れてなかった時の話と、今の話とか、心理的や物理的な距離とか、それでも変わらないモノの話とか。
(久本さんは特に出ません)

View more

Loading…

About ゴハ:

1行のaskに引くほどベラベラ返します

kyoto