@janiwotaojisan

ジャニヲタおじさん

Ask @janiwotaojisan

Sort by:

LatestTop

Previous

志尊淳くんって、淳太くんと岩橋玄樹くんを混ぜた感じがしませんか? 目が岩橋くんっぽくて、唇が淳太くんに少し似てる気がします☆*。

あー、それよくわかりますっ。

こんにちは。ところでツイッターのプロフィールに書いてあるSTYって何ですか?よくわかってなくてすいません、教えてください。

「Sexy Thank You」by 中島健人(Sexy Zone)ですね。セクシーペアレンツの証です。

はじめまして。いつもTwitterやブログなど楽しく拝見しております^^ 突然ですが、今は無きJr.グループ『天才Genius』とそのメンバー(本髙克樹くん、村木亮太くん、菅田琳寧くん)についてジャニヲタおじさんはどのような印象をお持ちでしょうか? 彼らについてジャニヲタおじさんが言及しているのを見たことがなく、気になったので質問させて頂きました!

天才Genius、おもしろい3人ですよね。振り切った才能を持つりんねと本高くん。そこに雰囲気はすごく近いのにすごく普通の人感溢れる村木くん。超個性派の2人を村木くんがうまく結びつけていて、こういうまとまり方ってあるんだな、って思ってました。
個人的には、今後に展開するのであれば、人数を拡充しないといけないのかな、と思っていました。ただ、とてもインパクトの強いグループだったので、ここにハマるメンバーが見出せなかったのかもしれない、とも思っています。
とは言え、今でもこの3人で揃って出演することはありますので、彼らは再びハマる形をいろいろ試されてるのだろうな、という気がしています。とても目を惹く3人なので、いい形で発展できればいいなと思います。

Related users

わたしは性格上博愛主義なので担当が複数います。ですが、友達はそれができないので担当が1人です。この担当制度だけわかりあえないんです。推しがタイプなら全員推せばいいのにっていうクソDDの考えのもと生きているのですが、この考え方が理解できない人もいますよね。担当制度なんて人それぞれで十人十色でいいと思うのですがどう思われますか?

まさにその通り、好きの形は十人十色、僕もそう思います。僕もクソDDおじさんなので、好きなジャニーズがそりゃもうたっくさんいます。
でも、例えば誰かと同じジャニーズを好きになったとして、他に誰と誰も好き、と言われたときに、1人のジャニーズを担当にしている人から見ると、もしかしたら好きの度合いが足りなく見えてしまうのかもしれませんね。
逆にあの人も好きこの人も好きという人からすると、実際の彼氏じゃないんだから、好きな人がたくさんいてもいいじゃない、と思うかもしれませんね。いわゆる「リア恋枠」として見るかどうかで、好きの形は別れるようにも…ま、こんなおじさんが言ったところで、ですね。
好きの形は十人十色ですが、好きの対象が同じだと、その形は干渉することも時にはあります。好きになるって、難しいですね。でも、とても仲のいいお友達同士でも、わかりあえないなんてあります。お互いの好きの形を上手に尊重して、お互いの好きを応援できたらいいですね。
Liked by: orii_011

Jr.を応援することが怖く今まで追っかけてませんでした。少クラは欠かさずみているのですが推しにするのには抵抗がありました。しかし、運動会を境目に彼らを見守るのはありなんじゃないかと思ってます。

Jr.を応援、もちろんありですよ!と言いたいですが、率直に言えば、デビュー前の若い彼らに触れる二度とない経験を得る代わりに、入れ込むほどに覚悟のいる活動だと思います。
以前、松田元太くんを題材にブログ(http://www.janiwotaojisan.com/entry/2016/10/14/232006)を書きましたが、Jr.を応援するなら、具体的な活動の後押しをしたほうが、絶対に精神衛生上良いと思います。彼らの活躍の場を、ただ口を開けて待って享受できるほど、彼らの環境は甘くありません。
もしくは、質問者様の応援の度合にもよりますが、自称DDクソオヤジの僕としては、掛け持ちで応援したり、軽い気持ちで応援するのは、むしろありです。いろんな将来ある若い子たちを、僕も幅広く見守りたいです。ただ、そんな僕でさえ、活動に恵まれなかったり、あるいは退所したりすると、苦しい気持ちになります。Jr.を中心に据えて応援するとなると、ハイリスクハイリターン、と言わざるを得ないと思います。
しかし、彼らの活動を、そして彼ら自身の気持ちを後押しする喜びと、その結果デビュー(もしくはそれに相当する結果)を勝ち得たときの達成感は、間違いなくJr.の応援に勝るものはありません。
…なんか、ネガティブな返答でごめんなさい。応援は僕としても是非してほしいですが、応援しましょう!とは手放しに言えないのが本音です。

はじめまして、いつも楽しく拝見しております。私はふぉ〜ゆ〜を応援しているのですが、おじさんからは近年のふぉ〜ゆ〜はどのように映っておられるでしょうか?最近はありがたい事におしゃれイズムやPONなど地上波で紹介されたことによって多少認知度的に効果はあったのかな…と思うのですが、界隈を見ているとやはり若いジュニアの勢いは凄まじく、全員30になったふぉ〜ゆ〜のことをおっさんと呼ぶ層も増え、ファン的には日々戦々恐々としております。 よければ若いジュニアのこともお詳しいおじさんの、ふぉ〜ゆ〜メンバーの印象などお教えください。

「REPAIR」で初主演して以降のふぉ〜ゆ〜の活動は、ジャニーズの中で今までになかった新しい形を作るんじゃないか、とすごく期待して見ています。
ふぉ〜ゆ〜と若いJr.の活動は、比較する軸が全く違います。誤解を恐れずに言えば、若いJr.に勢いがあるのは当たり前です。実力と経験があるふぉ〜ゆ〜が、勢いという同じ土俵で戦うのは、逆にふぉ〜ゆ〜の良さを殺してしまいます。
ふぉ〜ゆ〜は、その実力と経験を駆使して、様々な作品を具体的に作っていくべきです。その機会を一つでも多く設けていく方が、絶対にふぉ〜ゆ〜の良さをわかってくれるファンを確実に獲得できると、僕は思ってます。30歳過ぎてからが、それまでずっと培ってきた彼らの力を遺憾なく発揮するときですよ。
僕の勝手な想いを言うと、「劇団ふぉ〜ゆ〜」みたいになればいいな、と思ってます。ジャニーズ版「TEAM NACS」みたいなイメージです。若いジャニーズには作れない、しかもソロの俳優にもできない、ふぉ〜ゆ〜にしかできないジャニーズの形を、彼らには作ってほしいです。
とは言え僕、4人揃ったふぉ〜ゆ〜を、まだ生で観たことがないんです。…それが、今度やっと、(仕事に邪魔されなければ)生で4人のふぉ〜ゆ〜を観られるんですよ!今からすごく楽しみにしています。

TOKIOカケルで風間くんが語ってた、ジャニーさんの「このグループでデビューすることはない、だから『Four Tops』なんだ」ってエピソード、結構ゾクッとした。名前の意味って重い。グループ名は、ジャニーズにとって予知された宿命なのかもね。 というツイートをされていましたが、よく意味がわからないので説明お願いします(_ _).。o○

風間くん、山P、斗真くん、ハセジュン、4人とも現在、ソロで活動をしていますね。でも当時「Four Tops」でのデビューを想像した人も、きっと少なくなかったと思うんです。ただ風間くんが披露したあのエピソードは、「Four Tops」という名前を付けた時点で、既にジャニーさんは、この4人が活躍するのはグループではなくソロ、と考えていたことを示しています。しかも山PはNEWSで一旦デビューしたものの、結果4人とも実際にソロで活躍することになったわけです。
ちょっと大げさかもしれませんが、ジャニーさんが「Four Tops」という名前を付けたことで、彼ら4人の運命は宿命づけられたようにも、見ようによっては見えてしまいます。ジャニーズJr.を含め、ジャニーさんが付けたグループ名には、そのグループの雰囲気や特色を表すだけでなく、何かそのグループの将来を予見するような、そういう要素までもあるように思えたのでした。それを「予知された宿命」と表現したのが、あのツイートの意図です。
…えーと、たくさん語ってしまったので、逆にわかりにくくなってしまったようでしたら、なんだか申し訳ありませんと言う感じですが、言いたいことが伝わっていれば幸いです。

突然の質問失礼します。最近Twitterにおいて、自担がとても叩かれています。ほとんどがファンを名乗って叩いているのですが、中には明らかにファンではないもの、やたら手の込んだ愉快犯などなぜそんなことをするのかわからないような人たちが散見されます。 そんなものを見てしまってから、腹が立って仕方ありません。コンサートも近いので公演が始まったらまたなにか言われるかもと思うと不安です。 もともと自担グループはジャニオタ界隈で批判されやすかったのですか、そのことも恨みとなって噴出してしまいそうです。怒りが止まりません。こんな時どうしたら良いのでしょうか…?

嫌な情報を見たら、僕は、信頼できる情報源から、楽しくなる情報を見て上書きするようにしてます。僕がTwitterでフォローしている人は、僕が楽しくなる情報をくれる良識ある人たちばかりです。信頼できる情報源を持つことは、SNSでストレスを溜めないようにするための、有効な方法です。
嫌な情報を見て、嫌な気持ちになることは、当たり前だと思いますよ。僕だって、心ない意見を見たら、やっぱり一瞬嫌な気持ちになります。だから、まず嫌な情報は見ない、そして嫌な情報を見たらスルーする、そして素敵な情報を見て嫌な気持ちを忘れる、これを徹底するしかないというのが、ドライかもしれませんが、僕の答えです。
嫌な情報が入って来ないようにするには、工夫が必要です。信頼できる情報源を見つける、情報の検索方法を工夫する、不愉快なワードはフィルターする、嫌な情報を遮断するテクニックは、これからTwitterと上手に付き合う上で、持っていて絶対に損はしないです。でもこれ、ちゃんとやると、実は結構難しいんです。
だから嫌な情報って、どうしても入って来ちゃうんですよね。ネットと付き合って20年以上経つ、ITのお仕事をしている僕でも、やっぱり入って来ちゃうんです。誰でもそうです。だから嫌な情報とは、上手に付き合うしかないんです。
僕たちは、楽しむために、ファンをやっています。つまらないことで怒るなんて、損ですよ。

はじめまして。いつもツイート拝見させていただいています。突然ですが、Sexy Zoneの松島聡くんにはどのような印象をお持ちでしょうか? これからもツイート楽しみにしています(^^)

「Sexy Tour 2017〜STAGE」でも、松島くんの声援がものすごく大きかったんですよ。彼の成長は多くの人が認めているだろうし、そんな彼を多くの人が愛しているんだな、って感じました。
松島くんを見ていると、ダンスも歌も一生懸命さがひしひしと伝わってきます。もちろん一生懸命なのは皆同じでしょうし、一生懸命だけではどうにもならないことだってあるでしょう。でも松島くんの一生懸命さは、それ自体が愛らしいんですよね。努力の天才、という言葉が彼には一番ふさわしいのかもしれません。だからこそ、思わず笑ってしまう彼の(結構凄まじく)天然な面も、一生懸命であるが故により一層愛らしく思える、そんな気がします。
最近、我が家にはSexy Zoneの写真が飾ってあります。先日のコンサートで買った、フォトセットです。その松島くんがすごくいい顔をしていて、今の彼はSexy Zoneですごく生き生きしているな、ってあの写真を見るたびに思います。
Liked by: めろ太郎

以前ジャニヲタおじさんが、はまかみの関係性について答えられていたaskを拝見させて頂いて、他のコンビも聞いてみたいなと思いaskを送らせていただきました! 私がお聞きしたいのは【かみこた】の2人についてです!他のコンビと比べて常に一緒にいるわけではないけど、のんちゃんの事を弟のように可愛がり、つい甘やかしてしまう神ちゃんと、そんなお兄ちゃん感漂わす神ちゃんのことを『かわいい』といいつつ甘えにいくのんちゃんの、どっちが年上?というような可愛らしい兄弟感がとても好きです♡ただ最近この2人の不仲説が流れていて、これまでそんなこと全然感じなかったのでそこも少し気になっています…。

「かみこた」は、ちっちゃなかわいいと、おっきなかわいい、ですね。一昨日たまたま、少クラで「REAL DX」歌ってたコラボ回の神ちゃんと小瀧くんを見て、夫婦で「かわいいいいい」と転げてました。ちなみに僕が神ちゃんファンで、妻が小瀧くんファンです。
見た目も性格も随分違うように見える2人ですが、2人とも周りの空気を読んでコミュニケーションするタイプだと僕は思ってます。神ちゃんは優しくて、小瀧くんは甘えん坊なので、もっとベタベタした間柄になってもおかしくないのですが、一歩引いたように見えるのは、お互いへの気遣いなんじゃないですかね。その、表に出る部分は控えめだけど、繋がってる部分の深さがある、みたいなところが「かみこた」の魅力かなとも思ってます。…でもやっぱり2人とも、タイプの違うかわいい、が最大の魅力かな。
年の近い兄弟、というのが、この2人に一番近い表現かもしれませんね。僕もこの2人の、かわいい兄弟感が好きです。え、不仲説?僕は自分が見て判断したものを信じてますので、そんなつまんない間柄には到底見えないですよ。

NEVERLANDに行かれたとの事ですがもし良かったらブログに感想を書いて欲しいです!男性目線の意見が凄く気になります。

はうっ!も、もうしばらくお待ちください。下書きはあるのですが、遅筆なもので…。ただ、順番的にはセクゾを先に書かないと…。鮮度もあるので、書く気は満々なのですが、しばしお待ちを!

初めまして。度々SixTONESについてお話しされてるのをお見掛けします。私自身ファンなので中々客観視できないのですが、身内からみても東西SHOW合戦、Jr祭りを経て彼らの中で何か変わったように思います。今のSixTONESの印象はいかがですか?

SixTONESももうすぐ結成2周年ですね。僕は個性と意欲がある人たちが好きなので、結成以来常に意欲を持って個性を出し続けてきたSixTONESを、ずっと応援してきました。
だけど僕、一度も生で観ることができてないんですよ、SixTONES。観たのは、京本大我くんのルドルフ(エリザベート)だけ。東西SHOW合戦も、Jr.祭りも、指を咥えて見てました。
質問者様が生で観て感じた「何か」が何なのか、観る機会に恵まれない僕にはなかなか判断が難しいですが、側から見る限りは、早く次のステージに行きたくてウズウズしてるように見えます。こんなもんじゃない、まだまだやりたいこと、やれることがあるぞ、という空気をプンプン感じます。
時期的にも、経験的にも、そして年齢的にも、SixTONESは次のステージに行かないといけないのだと思います。それが、東西SHOW合戦やJr.祭りで垣間見えたのだとしたら、今年はひと味違ったSixTONESを見せてくれるのかもしれませんね。
…というか、早く生でSixTONES観たい。いつか福岡でライブしてほしいです。
Liked by: みう

Love-tuneというJr.内ユニットについてどう思われていますか?

信頼と実績の安井謙太郎くん率いるLove-tuneですから、それはもうすごく期待しています。実際、面白い7人が集まったな、と思っています。7人の個性、長所がとても戦略的というか、明確な役割があって、いろんな可能性に挑戦できるグループだな、って印象を持ってます。今、これだけ多くのグループが存在する中で、Love-tuneがどういう方向性を見出していくのか、特にバンドとダンスの折り合いをどうつけていくのか、見ものですね。個人的には、もっと踊るLove-tuneが観たいです。ちなみにLove-tune見てると、つい諸星翔希くんを応援してしまいます。頑張れモロ!
Liked by: izumin konomi

突然のask失礼します。ジャニタレに対して「ファンだからあなたたちのために問題点を言ってやっているんだ」「トップになりたいなら自分の悪い所に気づけ。直せ。」というような、とても彼らのためとは思えない愚痴や、根も葉もない噂ばかりを垂れ流す愚痴垢をどう思いますか?実はここ数日でジャニーズWESTに対する愚痴垢が急激に増えたのを目にしてしまい、こんなものにいちいち反応しなければいい、そして見なければいいというのが一番だという事は重々承知しているのですが、SNSとは厄介で見たくないものまで流れてきてしまうので、1度覗いてしまってから心がモヤモヤして仕方ありません。ご意見お聞かせ頂ければ幸いです。

多くの方がそう言うと思いますが、やはり不快な情報はスルーするのが一番です。キーワードでフィルターをかけたり、ミュートやブロックも活用できます。それでも運悪く不快な情報を見たときは、あまり深入りせず、素敵な情報で口直しするのが良いです。
真面目な話をすると、SNSというものは、大前提として、他人に情報を公開するメディアです。非公開にしてようが、許可された他人が閲覧できる時点で、それは外に向けられた情報です。つまりSNSでは、他人が見ることを前提とした情報が書かれるべきです。厳しい言い方をすれば、SNSで不快な情報を公開している方は、情報を公開している自覚が足りないか、悪意を持って情報を公開しているかのいずれかです。
あるべき論で言えば、改めるべきです。ですから、あるべき論を通すならば、世に蔓延る悪意ある、もしくは無自覚なアカウントに対して、注意喚起するべきです。ただ、正直…しんどいと思います。
本音で言えば、世の中そんなものです。不快な情報というものは、道端で聞こえる悪口のようなものです。そういうものはよく見かけるものですし、世の中からなくなることもありません。ですから、嫌だな、不快だなと思ったら、相手にしないのが、最も建設的なのだと、僕は思います。
もっと言えば、他人が見て嬉しくなるような、彼らのいいところをもっと「いいね」と言ってもらえるような情報を発信することで、不快な情報が霞むほどいい情報を流すのが、僕たちができる有効な手段だと信じてます。
良い情報源には、良い情報が集まります。悪い情報源には悪い情報が集まります。不快なものは上手にスルーして、素敵な情報を集めることも、SNSと上手に付き合うテクニックだと思いますよ。だからお互いに、彼らのいいところをたくさん発信、収集できるといいですね。

(直接リプするのとてもチキってここへ逃げてきました。質問じゃないかもしれませんが、読んでいただけると幸いです)はてなブログ読ませていただきました。私は高校からの進路で就職を選んでしまいまた、商業高校に入学したこともあり大学のことがまったくわからないので、風磨くんがアイドルとして4年で卒業したのは凄いと分かっていたのですが、何がすごいのかあまり良くわからずにいました。ですが、はてなブログを読んでほぼすべてがわかった気がしました。ほんとうにありがとうございます。ジャニオタおじさんのはてなブログに出会えてまた尊敬の意味も込めて菊池風磨くんを応援し続けたいと思えました。

わざわざありがとうございます。コメントの形はあまり気にしないので、大丈夫ですよ。僕と風磨くんが通っていた学校では、自主性を強く問われました。自分で考えて、自分で行動することを常に求められました。Sexy Zoneとして忙しく活動しつつ、あの要求の高い学校で学ぶということは、東京から想像以上に離れた立地も含め、僕の経験と照らし合わせてみても、相当大変だったろうと思うのです。きっと風磨くんが卒業するためには、彼が払ったであろう努力と、それを支えたであろう強い意志が必要だったはずで、それを風磨くんを知る人に少しでもイメージしてほしくて、あのブログを書きました。僕はもちろん、彼が学ぶ姿を直接見たわけではありませんが、僕と同様に、質問者様や多くの人が彼の努力や意志を想像していただけたなら、とても嬉しいです。これからの風磨くんが、とても楽しみですね。

最近SNSを見ていたら、ジャニーズWESTはツアー会場を贔屓しているなどと言っている人たちを見かけてしまいました。24魂に比べてなうぇすと魂は内容が薄いという所から話が始まり、そこから飛び火して『やっぱり大阪が一番なんだな』とか『福岡は合唱が起こるからいつもお気に入りだ』とか、最終的には『他の会場に比べて横アリは塩対応』だとか『ジャニストは横アリ嫌い感がある』なんて言っていました。私が参戦したなうぇすと横アリはメンバーもテンション高くて沢山盛り上げてくれて、とても楽しかったのに悲しくなりました。こんな発言気にするようなことではないのでしょうが、なんだか引っかかってしまってスッキリしないです…。

僕からも言わせてください。「気にすることなんて何一つないですよ。」…でも、やっぱりそういう話を聞くと気になりますよね。すごくわかります。
これは僕の個人的な見解ですが、ついそういうことを言っちゃう裏には、「特別なライブを体験をしたい」という期待があるのだと思うのです。確かに、特別な思いがこもったライブや、何かハプニングを乗り越えたライブには、特別な気持ちがメンバーにもファンにも芽生えるかもしれません。そういう話を聞くと、「私もそういう特別な体験をしたい」「メンバーの特別な思いを見たい」とつい期待をしちゃうものです。私も体験したい、羨ましい、ときっと思うでしょう。
ファン心理は、時に過度の嫉妬心を生みます。ましてや相手はアイドルです。熱狂させてナンボです。私ももっと特別な彼らを見たい、他の人ばっかり特別な彼らを見てズルい、そういう思いにあの発言の根源がある気がします。人は、熱狂しすぎると、周りが見えなくなります。熱狂することは応援する上でとても大切ですが、常識やマナー、思いやりを忘れてはいけません。あの類の発言は、僕はマナー違反だと思います。すべきではないですし、つい思ってしまうことがあったとしても、その気持ちは改めるべきです。
一方、出演者の立場で見たとき、ライブの回ごとに気持ちに違いがあるのは、当たり前のことです。初めての土地のライブは緊張するし、馴染みの土地はホッとします。思い出深い会場ではそのときの気持ちを思い出すかもしれません。目標だった大きな会場でやれば、それは気合も入ります。たとえ同じ会場でやっても、出演する側の気持ちひとつでその出来が大きく変わることもあります。もちろんプロですから、人に見せて恥ずかしいパフォーマンスをすることは、あってはいけません。ただその上で、ある程度の波が出来ることは、ライブの宿命です。ライブはその回ごとに違うものです。
だとすると、演じる側はもちろん精一杯力を出すべきですが、その力を引き出してあげるのはファンの務めだと僕は思います。その会場、その回で、精一杯楽しむこと、その気持ちを声や動作で彼らに伝えること、それが彼らのパフォーマンスを最大に引き出します。その意味では、質問者さんのライブの見方は、すごく正しいです。他の回なんて関係ありません。その回を精一杯楽しめばいいんです。それが結果、その回のライブの満足度に繋がると、僕は信じてます。
長くなっちゃいましたが、もう一度言いますね。「気にすることなんて何一つないですよ。僕たちは、彼らを精一杯楽しめば、それでいいんです。」横アリのなうぇすと、楽しかったみたいで、本当によかったですね。その気持ちが、何よりも大切だと僕は思いますよ。

View more

Liked by: たなっち

なぞかけです!NEWSとかけまして?

えっ!?
…北海道日本ハムファイターズ・中田翔選手とときます。
その心は、
どちらもフルスイングがよく似合います。
♪たちどまーっていたーとしたーってー

こんにちは。ジャニヲタおじさんがどんな人か、すごく気になってます!フォロワーさんと直接会ったりはしないんですか?ぜひ会ってみたいです!

…え…あの…ヨレヨレの中年サラリーマンですよ。真面目に答えると、SNSでコメント頂くのはとても嬉しいですが、SNS上の方と直接会う気はあまりないのです。ごめんなさいね。拒否するつもりは全然ないのですが、インターネットと四半世紀付き合ってると、いろいろな経験もしているもので、つい慎重になるのです。あと、あまり顔バレしたくないですし。本当にガッツリおじさんなので、やっぱり少々気が引けるのです。あ、でも、相互フォローして頂いてる方は、僕がファンだと言うのもあるし、どんな方なのかなー、とちょっと会ってみたい気も…いや、やっぱ怖いな。なんだかつまんない答えでごめんなさいね。ぜひ、SNS上でジャニーズのお話をたくさんしましょうー。

初めまして。いつもTwitterとブログ拝見しています。 私はV6のファンなのですが、V6についてどんな印象をお持ちですか? トニセン、カミセン、個人でもいいのでジャニヲタおじさんの印象をお聞きしたいです!

TWENTIETH TRIANGLE TOUR、外れて行けませんでした。観たかった。20周年のライブ映像観て、それまでバレーボールと「学校へ行こう!」のイメージしかなかった僕のV6に対する見る目が、随分変わったように思います。20年経ってようやくというか、20年を経たグループにしか出せない芯のある一体感と、色褪せない歌とダンスが、僕はすごく好きです。
なんてったって彼らは僕と同世代(トニセン側)ですから、年を取っても、結婚しても、ずっと6人で、歌って踊れるアイドルでいてくれることが、結婚して子供もいる中年の男としてはちょっと嬉しかったりします。
V6では坂本くんと井ノ原くんの歌がメチャクチャ好きなのですが、彼ら2人のハリのある太い声が土台になって、長野くんと岡田くんのちょっと甘い声があって、剛健のかわいい声がグループのアイコンになっていて、6人トータルで歌を回すと、それがちゃんとV6の個性として成立してるところがいいですね。曲で言えば「Sexy.Honey.Bunny!」の歌割りが最高に好きです。
ちなみに月曜深夜と言えば「三宅健のラヂオ」ですね。すごく好きなラジオ番組のひとつです。
あとは、ライブが一度観てみたいですけどねー。なかなかお目にかかれないので、一度生で観てみたいなーって思いますが、ツアーやってほしいですね。

ジャニヲタだと公言することに抵抗があったりしましたか?

僕はあまりないです。昔から「ギターを始めたきっかけは男闘呼組」と言っていたし、好きなものは自信を持って好きと言ったほうが気が楽なので。ジャニーズ苦手な人は一定数いるでしょうが、好き嫌いは誰にでもあるので、あまり気にしてません。ただ、個別にお話しする中で公言することには抵抗ないですが、大人数の前で「この人ジャニヲタなんですー!」と指差して言われると抵抗あるかもしれません。…ま、それでも気にするのは一瞬でしょうけど。

はじめまして。アンダルシアに憧れているのですが、どうやったら踊れるようになりますか?

まずは強い気持ちが重要です。憧れの本気度が試されます。振りについては、ターン等の回転系技術で高いスピードと安定性が求められます。体幹トレーニングをしっかり積み、回る/止めるの基本動作をしっかりマスターしましょう。衣装は、裾がひらひらしたジャケットを身につけると、より見栄えがします。より完璧をめざすなら、ボルサリーノのハットを購入することをお薦めします。エントリーモデルなら3万円代より購入可能です。ジャニーズカウントダウンコンサートのアンダルシア選抜入りが当面の目標かと思いますが、若い世代のライバルも多いですので、しっかり努力して頑張ってください。…え、なにこれ?

こんにちは!ジャニーズ好き男子を見つけるにはどうすれば良いのでしょうか……?何か特徴はありますか…………? 一緒にライブに行って楽しめる彼氏や旦那さんが理想的です( ; ; )ジャニヲタおじさんご夫婦(ご家族)は本当に理想です( ; ; )、、、!

特徴がわかるなら、僕が知りたいくらいですよ。実際僕の実生活では、周囲にジャニヲタ男は皆無です。SNS上であれば見つけることはできるかもしれませんが、実生活でジャニーズ好き男子を見つけるのって、やっぱり難しいんじゃないですかね。
なので、これは持論でもありますが、ジャニヲタ男子は育てるものです。ジャニーズが好きな男を彼にするのではなく、彼氏や旦那様をジャニーズ好きにする方が近道ですよ。
ちなみにジャニーズ好き男の特徴はわかりませんが、僕の特徴を言えば、人見知りでその気になりやすい文化系、といったところでしょうか。ジャニーズ好き男の特徴とは言い切れませんが、僕のような性格ならジャニヲタの素養はあると思いますよ。

突然の質問失礼いたします!ジャニヲタおじさんから見る【はまかみ】の2人って、どんな関係性だと思いますか?私の中ではレアコンビの部類に入るので、お互い普段どんな風に思ってるのかなと唐突に気になってしまいました。ジャニヲタおじさんの主観で構いませんので、ご回答頂ければ幸いです!(既出の質問だったらごめんなさい!!)

「はまかみ」は、同じ職場で同じ職種の先輩後輩だと思ってます。ジャニーズWESTで同じポジションを担う、似て非なる先輩後輩ってとこですかね。
濵ちゃん神ちゃんと聞いて、僕が真っ先に思い浮かんだのは「My Best Friend」のアクロバットです。飛んだり、転がったり、縦横無尽に暴れまわって、最後にリフトで合体するまでの、あの「やったるで感」が大好きですね。もちろんアクロバットもなのですが、アクロバットに限らず、歌にダンス、そして笑わせたり、ギターを弾いたりなどなど、ステージングにおけるこの2人の貢献は、本当に計り知れないほど大きいです。
土台であり、飛び道具。基礎力が高く、できることも多い。ステージ演出を考える上で、この2人がいることで実現できることがどれだけたくさんあることか。グループにおいて、本当に貴重な存在だなと思います。
ただ、二人ともものすごくシャイで、優しくて、我慢強くて、お人好しなんでしょうかね。何かとこの2人はクッション役だったり、メンバーをより強い力で結びつける役を担っているような印象を受けます。ステージ上でも、ステージを降りても、メンバーに求められる存在、それが濵ちゃんと神ちゃんなのかもしれません。
持っている能力や、根本的な性質が似てそうな2人なので、グループ内での役割も比較的近い2人だと思います。ところが、この2人は不器用な点と器用な点が、まるで逆っぽい印象を僕は持っています。年齢による関係性がそうさせるのかわかりませんが、その似て非なる感じがこの2人の面白いところだなぁ、って思います。
ちょっと不器用でうっかりやだけど、人を懐に呼び込むことに長けている濵ちゃん。なんでも器用にこなすけど、人との距離感を掴むのがちょっと苦手な神ちゃん。先輩が拾えないところは後輩が拾うけど、後輩だとパワーが足りないところは先輩が前に立って力を出す。マインドはとても近い2人だけど、お互いに長所短所が違うから、お互いに補完しあえる。そんなウマが合う先輩後輩というところでしょうかね。兄弟というより、先輩後輩ですね、それも同じ職場で同じ職種の。1つの仕事を、2人で補完しながら、何倍もの成果に仕上げていく、そんな2人なのかもしれません。
ちなみに、濵ちゃん神ちゃんと言えばアクロバットって感じで書きましたが、この2人の真の魅力は歌にあると僕は思ってます。いつかこの2人のユニット曲ができたら、どんな歌が聴けるんだろうって思いますね。

View more

Liked by: みゃ てん MOMOHAMA

いつも楽しく拝見させていただいてます。地方在住で幼児持ちの主婦なため、なかなか遠征できず基本お茶の間で過ごしています。ご夫婦でジャニヲタかつお子さんもいらっしゃるようですが、遠征の際はどのようにされていますか?また、お子さんが小さい頃はやはり我慢などされていたのでしょうか?

小さいお子様がいらっしゃるときの遠征、もどかしいですよね。すごくお気持ちわかります。もちろん大変なのですが、我が家でもまだ子供が小さい頃、妻が何度か遠征したことがあります。
僕は家事が嫌いじゃないので、妻がいなくても家のことはそこそこ何とかなる、というのが大きいと思います。遠征は土日祝日が多かった気がしますが、平日であれば可能な範囲で有休を取得しました。妻と話し合って、できる範囲でいろいろ工夫をしました。ただ僕の仕事柄、平日休日問わず突発的な仕事が発生することもあったので、それなりに大変なこともありました。
僕は妻にかなり甘いので、妻が遠征に行きたいと言えば、よほどのことがない限り行かせてます。裏を返せば、妻がどれだけその遠征に行きたいかを僕はよく理解しているつもりですし、僕がそれなりに忙しいことを承知の上でそれでも妻がお願いをしているのでしょうから、妻の気持ちは極力尊重してあげたいと思っています。妻がまた頑張って生活できるなら、遠征に行くことは妻にとっても家庭にとっても、プラスになるはずです。そして、それは僕が何かしたいと思ったときも、同じだと思っています。夫婦は、give and takeの関係ですから。
家族全員で遠征を一緒に楽しめればベストですが、状況が許さないことも多いと思います。やはり遠征するには、協力者の存在が不可欠です。協力者は、作るもの、育てるものだと僕は思います。お子様が生まれる前と同じような遠征は、まずできません。かと言って、何もフォローできる準備が整っていないのに、家に不在にすることは無責任です。そのためにも、少しずつ家族で協力できることを増やして、行動範囲を増やすことが大事だと思います。遠征ではなくても、奥様が子供と離れて外出する必要に迫られることはあるでしょうから、協力者はいた方が絶対にいいのです。
ただ、小さい子供は変化に敏感です。遠征に出るとどうしても、いつもと違う雰囲気を察知します。僕たちの子供も、それなりに不安に思うこともあったと思います。妻も今でこそかなり気楽になったでしょうが、それこそ子供がまだ小さい頃は、遠征先からもあれこれ気にかけてきました。ですから、普段子供のことをきちんとしてあげることも、とても大事だと思います。いつもと違う環境が、いい経験になるか、ストレスになるかは、普段の心がけ、愛情の注ぎ方が重要な気がします。
なんか、ちょっと堅苦しくなってしまいましたが、やっぱり大事なのは普段の準備かなと思います。もちろん我慢することもたくさん必要ですが、すべてを我慢する必要はないと思いますし、工夫の余地は十分あると思います。そのためにも、協力してもらえる味方をしっかり作っておくことが必要だと思いますよ。
あ、あと一つ、もし旦那様に家事のフォローをお願いする場合、まぁその方の性格にもよるのでしょうが、わかりやすく褒めてあげるのが効果的な気がします。男というのは鈍感な生き物です。少しオーバーなくらい褒められたり感謝されたほうが、家事のモチベーションは上がると思います。子育て大変でしょうが、一つでもたくさん、ファン活動を楽しめるといいですね。頑張ってください。

View more

こんばんは。いつもツイート楽しみにしています(*^^*)ジャニーズフューチャーワールドを観劇されたということで是非ジャニヲタおじさん様にお聞きしたいことがあります。平野紫耀くんが最年少座長を務めていますが、ジャニヲタおじさん様から見て平野くんの座長ぶり?というのでしょうか、立ち振る舞いはどうでしたか?わたしは平野くんが好きなので盲目になってしまっているのではないかと思いジャニヲタおじさん様からみて彼の座長としての様子はどうだったかお聞きしたいです!

平野紫耀くんの座長っぷり、僕から見ると、本当に一生懸命全うしようとしている姿が印象的でした。平野くんの高い基本技術は、博多座でも遺憾なく発揮されてました。あれだけ動けて、あれだけビジュアルができてて、そしてあの魅力的な歌声を持つので、名実ともに平野くんが舞台の軸であり、先頭なんだなって実感しました。やっぱり逸材ですよ、平野紫耀は。
これから彼に期待されるのは、表現力を深めていくことなのかな、と感じてます。平野紫耀「らしさ」を作ることなのかもしれません。彼がジャニーさんの英才教育を受けて、場数をこなして、いろいろなことを悩んで考えた先に、ジャニーズのエンターテイナーとしての彼らしさが生まれてくる気がしています。そういう意味で、彼にとっての座長は、やっぱりステップアップへの挑戦なんだと思います。
彼の挑戦はまだ始まったばかりで、これからもっともっと悩んだり頑張ったりする必要があると思います。先日、ラジオで平野くんの座長ロングインタビューが流れましたが、彼もそういう期待や使命感を強く感じてるんだろうな、って思いました。だから、今は彼なりの正解を求めるのに必死で、それがあの舞台での一生懸命な姿だったのかもしれません。
平野紫耀くんがこの先どう成長していくのかは、まだまだ未知数です。でも彼が座長として、強い決意を持って舞台に望んでいるんだろうな、と僕は感じました。まだ大阪公演もありますが、この座長公演が、平野紫耀くんにとってさらに別の次元にステップアップするきっかけを掴む舞台になればいいな、って思ってます。
…あとは、もうちょっとだけ太ってほしい。もう、心配になっちゃう。元気で頑張って!

Next

Language: English