僕はfhanaの楽曲のほとんどを担当されている林英樹さんのことをよく知らないのですが、なぜ作詞を林さんに依頼されているのでしょうか?歌詞のイメージはfhanaが考えてから依頼するかんじでしょうか?

林(英樹)くんは、僕がfhána結成以前から活動している、FLEET(2006年メジャーデビュー)時代からの知り合いです。
当時、彼はメカネロというバンドで活動してました。メカネロはsoftly!というレーベルから2枚アルバムをリリースした後に解散。ちなみにCINRA編集長の柏井万作くんもメカネロのメンバーでした。
メカネロが活動していた頃は、あまり交流はなかったのですが、曲も詞も好きだし、同時期にデビューしていたことや、共通の知り合いや友人も多く、近い界隈だったので、何となく意識してはいました。
その後、色々あってメカネロ解散後に、林くんとメカネロのドラマーだったUちゃんによるユニット、「オードリーシューズ」に、僕がサポートキーボーディストで参加したことや、
2010年くらいにボーカロイドについての話で盛り上がったことで交流を深めました。
そうした緩やかな流れを経て、FLEETの唯一のボカロ曲である「Cipher」の作詞を林くんに依頼したところ、このコラボレーションが非常に上手く行って手応えを感じたので、それ以降、fhánaも含めて歌詞をお願いしてます。
ちなみに、シュタインズ・ゲートやロボティクス・ノーツなどのシナリオライターである林直孝さんの実弟でもあります。
fhánaは、自主制作アルバム「New World Line」(新しい世界線)というタイトルが示す通り、シュタインズ・ゲートにもかなりの影響を受けてます。そのシュタゲがアニメ化もされておらず、まだXBOX版とWindows版が発売されたばかりの頃に、林くんから「うちの兄が最近作ったゲームが面白いらしくて…」と、教えてもらい(さらに同時期にQuick Japanで、さやわかさんの牧瀬紅莉栖についての論評を読んだりもして)それが切っ掛けで、シュタゲのWindows版を買ってプレーしてハマりました。
……ハッ、歌詞のイメージについては、、
アニメのタイアップ曲に関しては、fhánaメンバーも林くんも原作をまずは読み込み、さらにアニメの監督さんやレコード会社のプロデューサーさんからの要望などを踏まえて、けっこう具体的かつ細かい指示で発注しています。
タイアップではない曲に関しては、最初に前提となる世界観(CLANNAD、シュタゲなど)を共有してもらった上で、自由に書いてもらっています。

View more