Ask @klaklavier:

好きな音名はなんですか? ちなみに私は♭レが好きです

音名ならEsかAsかなあ。澄んでて綺麗な音だと思います。
使い分けされているかわかりませんが階名ならミ、ラあたりの「主音の騎士」みたいな音が好きです。もちろん主君であるドも好きです。

View more

madoromiのサビの音程が音源、少プレ披露からアリーナツアーまでの間の調整で 「♭シー♭ラーソー♯ファソー♯ファソー♯ファ」(完全な♯ファでは無いかもしれないですが)から 明らかな「♭シー♭ラーソーファソーファソーファ」に変わってしまったことについてもちさんはどうお考えですか? 現場に入る度に、私は音源の音程の方がどうしても好みで、madoromiが大好きなのに「音程戻して欲しいなぁ」とばかり考えてしまい、十分に曲を楽しめていない気がしてならなかったです。

せっかくなのでブログに書きました。ご査収ください。
http://high-cube.hatenablog.com/entry/2019/01/20/153313

View more

もちさんの職種はなんですか?最近Twitterをフォローさせて頂いた者で、もちさんのことをあまりよく知らないのですが、 普段からされてるツイートの語彙力というか表現力の高さが私のフォロワー、フォローの中でダントツで高いような気がします。私は自分が感じたことを上手く言葉に表すのが得意ではないので… 差し支えない程度に教えてください!

おお!エラーじゃないaskがきた!(どこに感動してる)
仕事はWEBサイト制作のうち原稿作成をメインで担当しています。
※取材もありますがもちろん相手は一般社会人の方々です。
表現力などは平均的だとは思いますが、仕事柄文章に触れる機会は多いでしょうね。慣れの問題ではないかと思います。

View more

カラフルのアニメって見たことありますか?

なんで「の」?「な」ではなく?と思ってたんですけどもしかして森絵都原作のアニメのことなんです?だとしたら見たことないですしなぜそんなことを質問されたんだろう。

View more

私は、発表の場で失敗してトラウマになった曲があるのですが、もちさんはありますか、また克服した場合、どうやってそれを克服しましたか。

「発表の場で失敗してトラウマになった曲」はないです。他の理由でトラウマになった曲とかはありますが。
特待生の受験自体は体壊すほどだったのですが、これはトラウマというか事故かなと(精神より実際の体の方がダメージ残っててガチで治らない)。
それ以外はトラウマになるようなのはないです。単なるわたしの失敗です。曲がどうのではない。
うーん…蛇足だけど曲と向き合ってたら曲のトラウマじゃなくて技術のトラウマとかになるんじゃないかなあ。いやでもトラウマはないな。技術は克服するし、克服できないのは自分の筋肉のつくりゆえにどうしても再現不可能なものだけでした。トラウマってじゃあなんなのだよ…って感じなのでわたしの回答はあてにならないと思います。他の人にも訊かないとわからないと思う。しかしその人がトラウマを持っていたらと考えたらこの質問はひどく残酷ですね。

View more

NEVERLANDの衣装で、いちばん好きなのはどれですか

一番好き…ううむ。オープニングの衣装はみんな好きだと思うんですよね。とくにしげあきはアシンメトリーというとんでもない武器を携えて立ってましたから余計にだなと思います。
ただ、それ以外で選んでみようかな、と思って最初に浮かんだのが光のエリアの衣装と、それに付随したU R not aloneのときの衣装です。個人的に自担が武士っぽくてとても好きです。とても好きです。とても。胸に迫るくらいに。

View more

どれくらいの年月、ピアノをやっていたら曲を耳コピできるようになりますか。

わたし年中から習ってますが、たしか小学校1年の時にはカンタンなメロディなら耳コピしてました。当時ピアノではなかったので楽器はあまり関係なく、ソルフェージュ能力があるレッスンが受けれるかどうか(もしくは自発的にやるか)ではないでしょうか。何年、とかそういうナンセンスな区切りではなく。

View more

こんにちは。もちさんは、目をつぶって楽曲を聴いているとき、音の形状や色、音が自分の視野の中でどこに配置されているか、などを感じることはありますか。

ご質問ありがとうございます。
これしばらく考えてみたんですけど、まず、目をつぶってる時と開けてる時と、とくに変わりはありませんでした。
そして、わたしの場合おそらく「視野」ではないです。あえていうなら「頭上に広がるものを見る」です。わたしの視野うんぬんは関係なく、「そこに在る」ものです。

View more

明治大正期の唱歌(朧月夜、春の小川、故郷、浜辺の歌など)でお好きな歌はありますか。日本の原風景が歌われていていいですよね。わたしは「鯉のぼり」「われは海の子」なんかが好きです。

ご質問ありがとうございます。
これわたしに訊いてなんになるのかわかんないのでさらっといきますね。(他の人にも訊いてるのかな)
基本的に地元であることが大きな理由で北原白秋のものには馴染みがあると思います。
■待ちぼうけ
■ペチカ
■あめふり
■揺籠のうた
■赤とんぼ
■たきび
■城ヶ島の雨
■花
このあたりかなあいまぱっと思いつくの。

View more

こんにちは。 もちさんのツイートを拝見して、コード進行の話にすごく興味を持ちました。私は、中学、高校で吹奏楽をやっていたのですが、楽典をあまり勉強してこなかったので、今からでも学びたいな、と思っています。もちさんオススメの、楽典を学べる書籍などありましたら教えていただけますか。

ご質問ありがとうございます。
えっ…がくてん……あんな選択音楽でも嫌われ者だったがくてん……大丈夫ですか…
質問者様がどの程度楽典の基礎知識があるか存じ上げないのでふわっと回答になると思います。すみません。(だいたいのところ楽典は算数さえわかれば理解できると思います。指折り数えるかんじです)
わたしが高校受験で使ったいちばんスタンダードなのは、
楽典―理論と実習
https://www.amazon.co.jp/dp/4276100003/ref=cm_sw_r_cp_api_e3yKzbS8SC8TX
だと思いますが、これはあまり親切ではないです。
オススメに出て来た、
よくわかる楽典の教科書 (ゼロからすぐに身につく本)
https://www.amazon.co.jp/dp/4636859987/ref=cm_sw_r_cp_api_m6yKzbSAENYM5
こちらが評価高そうだし、説明を見ても良いのではないかなと。
(やまはみゅーじっくめでぃあさんなのでそんなに外さないと思うのもある)
ただ、わたしは使ってないので購入される場合は自己判断で。ヤマハさんのお店とかで実際に手にとって選ぶのがいちばんだと思います。
あと、吹奏楽をやってたとのことですが、楽器によっても考え方に戸惑うところがあると思います。
たとえばトランペットはB管ですが、わたしがやってたホルンはF管です。
でも基本的に楽典はCを基本に考えます。この辺で躓かないといいな。
音程、調性などの基本知識と並行して、楽譜が読めるなら、それこそ
NEWS/ピアノ・コレクション オフィシャル・スコア (オフィシャル・ピアノ・スコア)
https://www.amazon.co.jp/dp/4285138050/ref=cm_sw_r_cp_api_0-yKzbJ23TJKK
こちらとか、
ぷりんと楽譜
http://www.print-gakufu.com
とかで楽譜探して、実際に何調で、ここは何和音、ここのハモは何度…とか書き込んでみると良いかと。手を動かさないと何にもならないですし、それなら好きな曲が良いですしね(と、NEWS担前提の話ですが)。
こんな感じかなあ。質問者様が楽典を嫌いにならないことを祈ってます。

View more

こんばんは。もちさんのブログを読んで、新たな発見をして、いつも良い刺激をうけています。そこで聞きたいのですが、歌が上手い、ってどういうことだと思いますか。わたしの場合、技術面と、いかに歌詞を伝えられるか、ということかな、なんて思ったりしているのですが、もちさんの考えを教えてもらえたら嬉しいです。

ご質問ありがとうございます。
歌が上手いとはどういうことか、ですか…ふむ…
まず、今回の定義として持っておきたいのが、歌=歌詞がある状態です。質問者様は歌詞ありきで質問されてるようなので、こう要件定義しますね。
さて次に、「技術面と、いかに歌詞を伝えられるか」とありますが、そもそもこの二つは分ける必要がありますか?
「"いかに歌詞を伝えられるか" という "技術" 」ではなく?
となると、全てを切り分けるのは難しいのではないのでしょうか。
根本的に、なんであろうと、技術です。コピーライティングでも、溶接でも、化学実験でも、器械体操でも、小説を書くことでも、まず必要なのは技術です。いきなりやってできる場合、それは向き不向き、個人の特性によるところが大きいのだろうと思います。
しかしそれ以上にものをいうのはやはり、技術です。時間とともに積み重ね、理解し、ブラッシュアップした技術です。
技術がなければ、表現したいといくら思っても、表現技法が追いつかないんです。
とはいえ、「荒削りだけど心に響く」というものもあります。
これは、技術面が足りない部分があっても、「この曲はこういうものだ、こういう風わたしはしたい!」という気持ちが伝わってくるからですね。わかりやすい例がてごちゃんの現場版の「あなた」です。(disってない。褒めまくってる)(過去ブログ参照されたし)
心がなくては機械でしかなく、心があっても技術がなければ心を表現するには足りない。
両方あってこそ技術面と言えるんだと思います。
じゃあ何が必要なのか? となりますが。
さて、話題の「蜜蜂と遠雷」にもありますが、よくクラシックの現場では「解釈」という言葉を使います。
普通に使いすぎていたので、あらためてこれはなんなのかと考えたのですが、おそらく「理解力」ではないかと考えます。
この曲は何を伝えたいのか、わたしは何を表現したらいいのか、そして今演奏したこの音をどうしたらよりオーディエンスに伝えられるのか。
理解すること。そして、それを繰り返すこと。
これが解釈です。
NEVERLANDの個人的初日だった福岡の後、友だちとよく話していたのが「今年は聞き手の理解が早い」ということでした。つまりそれは、演者側であるNEWSが "深く理解して" 、 "わかりやすく" 伝えているからこそです。
理解しなければ、相手に伝えることもできません。うまいピアニストほど簡単そうに弾く、ということの理屈はここだと考えます。理解しているからこそ、難しいことをわかりやすく伝えられるんですね。
それは前述したように、コピーライティングでも、溶接でも、化学実験でも、器械体操でも、小説を書くことでも同じです。
時間とは経験です。今回のNEVERLANDの成功において大きな要因となったのは、本人たちも言ってますが、少プレの力によるところも大いにあると思います。
NEWSという内輪だけではなく、他のアーティスト、プロデューサー、つまり外部の意見とぶつかりながら月に一回音楽を披露する。これが時間という経験です。
技術は、時間という経験値が、その人に付随したものです。
でもやっぱり、漫然と時間が過ぎるだけでは経験値が上がったとはいえないので、そこは、理解したい、変えたい、うまくなりたい、という気持ちの問題なんですよね。
理解し、変え、またそれを分析し、ブラッシュアップする、その繰り返しを行えるかどうか。
……………で。
これ、PDCAサイクルなんですよ………無駄をなくし効率化することが、理解であって、それが上質な表現になるんですよ……ものすごく芸術性と離れたような言葉を使いますが、まさにPDCAなんです。
長々とヘリクツを並べてきましたが、さて、課題に戻ります。
歌詞を伝えられるかどうか、というのは、まず、歌詞を理解する気があるのかどうか、が必要です。
先日テレビ番組で、審査員が出場者に歌詞を読ませたが、それができなかったということがあったそうですが、それこそがいちばんの問題です。漫然と、なんとなくやってて、何が実現できるのか。ここが理解力のなさです。
それを、技術として、身につけられるか。
このコンサートではこういうことをやりたい、
だけではなく、
こういうことをやりたい、だから、こういう工夫をしてきた、だから意見を聞かせて(オーディエンスの反応を見せて)欲しい。
という、「提案」と「ダメ出し」を繰り返していけるか。
その果てなき、果てなきPDCAサイクル…もっとポエミーに言うと、自分や世界に対する問いかけを続けられるかどうか。
それができて初めて、歌が上手い、って言える、その根拠になるのではないでしょうか。
音楽は時間です。空気の振動です。鳴った瞬間に消えはじめます。止めることはできない時間の中で、瞬時に表現し理解し、それに合わせて次の表現につなげる、………これは特に今回のU R not aloneでしげあきがやってたことではありますが、これが音楽の特性でもあります。
これらをすべてひっくるめて、理解して、自問して、提案し続けることが、歌だけに限らず、演奏がうまい、つてことなのではないかなと、思います。
ひいては、すべての表現においても。

View more

こんばんは。私は音楽がすきで、でも普段はクラシックはあまり聴かないです。クラシックを聴いていても、どんなことに気を向けて聴けばいいのかわかりません。NEWSの曲を聴くときは、ここの声質好きだなあとか、テゴシゲのハモがキラキラしてるなあとか思いながら聴いています。もちさんの中でクラシックの聴き方?の様なものがあれば教えていただけますか?

こんばんは。ご質問ありがとうございます。
結論から言いますと、クラシックの聴き方など、特に設けていないです。
と、これだけで終わりそうなんで説明しますが、ちょっとこの問題あれですね、わたしのにがてなやつ……
どれも音楽は音楽なので、この音いいなあ、このフレーズ好きだなあ、これラップだけどすごくいい響きだなあ、とか、……どれも同じ。雨音でも風の音でも話し声でも、ラジオの声でもほぼ同じです。
たとえばクラシックでもクズみたいなのはクズみたいだし眠いし金返せって思うし、ロックでは音量はうるさいのに美しかったりする、苦手な音は苦手である。……そういうのは常にあるので、特に線引きはしません。
ていうか線引き必要ですかね?って逆に思うんですが……みんなジャンルで聴き方こと細かく分けるの?器用だなあ。
あ、てごしげちゃんたちの響きキラキラしててヤバイっすね。それは激しく同意します。
むしろ、聴き方がわからないのなら、クラシックと合わない可能性もあるのではないでしょうか。だとしたら聴かなければいいのではないかな。冷たい言い方ですが、そういう壁を越えるのが音楽なのではないかな。だから会わないとか、そういう可能性もあるのではないかなあ。
そして、そもそもわたし線引き嫌いなんです。クラシックだからとかNEWSだからとか。意味がないもん。おなじように聴けば良いと思います。
この手の質問が大の苦手なのでキツイ言い方になってすみませんでした。でも、わけないで欲しいです。逆に差別だと思うのです。

View more

こんばんは。私は大人になって今から音感を身につけたいと思っているのですが、何か方法があれば教えていただきたいです。

こんばんは!ご質問ありがとうございます。音に関する質問きたーー!たのしい!
音感かあ…音感ってそもそもなんだっけって思ったので、とりあえず調べてきました。
ウィキペディア見たんですけど、
・音の高さ
・音の長さ
・音の色彩
・音の強弱(バランス感覚)
・音の方向
とありました。あーなんかわかる。こんなにいっぱいあったんだ、と思ったけど全部わかるや。感覚的な話ですが。興味あったらご覧になってみてください。
で、身につけたいというやつですね。ふむー。
大人とはいえ実際においくつかにもよりますが、絶対音感とかを今から身につけるのは割と厳しい…のかな?やっぱあれって慣れだと思うんですよね。慣れ以外だと天性ですが。わたしが持ってるのはたぶん慣れの方だと思います。
音感ってさっき羅列したようにさまざまある。で、それを身につけるためにどうするか、ですが。
わたしが考えるに、自分の好きな音を探したらいいのではないかと。
これは「身につける」よりも、「養う」になると思うんですが、自分に響く音を大事にするといいと思うんですよ。
なんとなく好きだーこの音好き〜〜〜、みたいに頭の悪い好きの使い方をするのではなく、「なぜ好きなのか、どういったときに好きなのか」というのを考えるといいのではないかと思います。
まああたりまえなんですけど。笑
でもこれをやるかならないかで、たぶんその人の感性が衰えるかどうかが決まるのではないかなと思います。
身につける、というより、起こしてあげる、気づきやすくしてあげる、ってのは、けっこうイケる対策なんじゃないかなと思ってます。

View more

もちさんは、人の話すときなどの声に色があると思いますか?私は、声を聴いて色が思い浮かぶときと、そうでないときがあります。

こんばんは!ご質問ありがとうございます。久しぶりなので張り切っちゃうぞーー!\(//∇//)\
おお!素敵な共感覚をお持ちで…!いいですね声で見えるなんて!
結論から言えば、あると思います。
ただ、わたしは声からはあまり見えません。声のおたくの自覚はありますが、色ではないなあ、といま振り返ってます。色ではなくて……どんな楽器ぽい、が多いかな。たとえばゆうやさんなら弦楽器ぽい、しげあきならファゴットとかのリード楽器ぽい、みたいな感じです。
張り切っちゃうと言った割には長くならなかったんで余談を挟みますね(オイ)。
わたしはおそらく、旋律のついた音の方がより共感覚を呼び起こしやすいのだと思います。たとえば、ハ長調とイ長調では見える色が違います。「広い」といっても海なのか、草原なのか、空なのか、という違いです。ほかには、その一音で葉っぱから水滴が落ちたり、噴水がありえないほどに溢れかえったりします。どうやら「現象が見える」方に共感覚を使うみたいです。
元教え子は「3が入っている数字を見ると頭の中に垂直線が無限の宇宙まで広がってい区く」と言ってました。みんなそれぞれですね〜。
質問者さまはにゅす担さんですよね?どんな色が見えるんでしょうか。メンバーの声もそうなのかな。話す相手によって違う?感情で変わる?歌うと変わる?
もっかい結論言っちゃうと、色はあると思います。彼らの声は、歌声は、それこそ多彩だと思ってます。どこまでも多彩で、どこまでもうつくしくて。それをきっと可能性というのではないのかなと思ったりしてます。結論が迷子になってごめんなさい(ダッサw)。

View more

NEWS担になってからNEWSのメンバーが死んでしまうドラマや映画を見たことはありますか?担当の死んでしまう場面はありましたか?私は演技とわかっていても悲しくてしばらく落ち込んでしまうタイプなのですが、そのような経験はありますか?

あります(も'o'ち)ノシ
特に忘れられないのがふたつ。
ひとつは亮ちゃんの「ラストフレンンズ」。個人的に「どうしてそうなった!!!」ってなって義妹とご飯食べながら二人でギャーーー!!ってなってました。
もうひとつが「白虎隊」。切腹する前に煙が立ち上る空を見上げたやまぴーの顔が未だに忘れられないです。…偽の記憶じゃないことを祈る。(そういえばこれ内館牧子脚本だったなあ)
……
24時間テレビが決まったときに最初に願ったのは「どうか誰であろうと死に役ではありませんように」でした。
でもそういう役がきたら「そういう死にかた」であるべきなんだろうなあ、と思います。亮ちゃんのもそうだったんだろうし(そんなこと言ってたし)。「その役」を全うすると本人が決めたんならなおさらなんだろあなあ。
「ヨシノリ先生」のドラマは近年稀に見るスッキリ感です。ありがとうしげかとう。スッキリ(∵)ノ
ご質問ありがとうございました!考えるの楽しかったです!

View more

こんにちは初めまして( ´☣///ꈊੁ///☣`)ノシ担当様の「こんな表情が好き」というのがわかる画像を貼ってください( ´☣///ꈊੁ///☣`)掛け持ちされてる方はNEWSの担当様のものを貼って欲しいです((└(x3」 ┌)┘))部位ではなく顔です((└(x3」 ┌)┘))

画像が複数貼れないかと考えてたら時間が経ってましたごめんなさい!
質問ありがとうございます!
基本的に表情豊かなところがすきなのでどのカオもいいんですが。
左上から時計回りに行くと、
にゃんこ(ビビット初回)
終わったあと(去年一番つぼった)
仁王立ち(今年一番つぼった)
口角右上り(笑ってない)
です。
つなぎ合せですけどおおよそこのへんかなあーーーゆうやさんとにこにこしてたり背中もすきですけどカオだったらこのへんです!
ご質問ありがとうございました!

View more

梅雨入り間近なので梅雨をテーマに散文を

<空のもよう、心のもよう>
街角に夏のにおいがする、その前触れがいつも梅雨のあの雨音だった気がする。
梅雨はどうやら開けてしまったようだった。あたしがふらふらとしているうちに梅雨ではなく鬼雨がやってくることが多くなったようだと思ったまま、日差しはもう真夏のそれだ。
どうにも水神さまとお天道さまは仲がよろしくない気がすると勘ぐりたくなるのはこういうときだ。夏至を迎える、いちばん日が長い時期に太陽を雲が覆うなんて、あまのじゃくにもほどがある。
……だれもそんなこと考えない? あたしだけ? うーん、まあいいか。
そんなこんなで梅雨は明けたらしい。
毎日、電車に揺られて、紫外線がどうのこうの言ってるあたしたちの世界ではそういえば、おなじくらいに梅雨も嫌われ者だった。
もしかしたら太陽と梅雨は、嫌われ者の役目を順繰り順繰り、背負っているのかもしれない。
そうやって季節は巡って秋が来て、冬が来て、また春が来て、そうやってあたしたちは天を恨み、ひとを恨み、また天を恃み、ひとを恃みながら生きていくのだろう。
たぶんそれも天の采配だってことは、通り過ぎた梅雨が笑って教えてくれるのだ。
さあ、あしたは、いったいどんな天気だろう。
あたしの心、空の心、そして、……あなたの心。
============
梅雨前にもらったのにいま答えるとか完全に時期外れ!なもんですが久しぶりに書きたくなりました。お題ありがとうございます〜〜〜!また何か書きたいな!!!(やっつけで書きたい衝動で書いてしまったので、やはりもうちょっと練ろうという反省を含めつつ)

View more

しげぽよの乳母について熱く熱く語ってください!!!!!(屮*`Д´*) 屮

ご質問ありがとうございます!
しげぽよの乳母ですね!いやなんつーか先週とおなじひとなのかな?みたいな感じにふつーに先生しててよかったです!(先週なにげにつらくて見れないww)(笑っとこ)
ふまたんと劇中でパラパラやってるときの動きがとてもキレがあってよかったなと思ってます!「先生乳母やる!」っていって通っちゃうクラスは矢野先生の人徳で成り立ってる!わたしもあんな先生のクラスで高校生活すごしたらもう少し数学すきだったかもしれない(いやどうだろう)。
とりあえず先生が楽しそうでなによりです!矢野先生はなにか部活の顧問とかしてないんですか?演劇部とかは?ていうか委員会は?ないの?潜入取材しちゃうよ?!うそです!とりあえず矢野先生お仕事頑張ってください!よく考えたら乳母って女装なのにふまたんに持ってかれた感もだいすきです。だってなによりパラパラがかっこよかったからサ!
まとまんなかったけどこんな感じですww

View more

乳母!乳母可愛かったですよね!!ー

ご質問ありがとうございます!
かわいかった!かわいかったですね!!!!!!!!乳母ノリノリすぎて夜中に吹き出しましたwww
パラパラもかわいかったんですけども、あの演劇のテンションと立候補したときの挙動がいちいちくそ可愛かったと思います!!!ハイ!!!

View more

もちさんこんばんは。せっかくなのでこちらで質問させていただきますー。今回のNEWSツアーQUARTETTO、曲だったり、ハモだったり、モチーフがクラシック、という非常に面白いものだと思ってみているのですが、クラシックの素養があるもちさんは今回のツアー(ネタバレできるようになってからでよいですが)、どんなポイントがツボだったりしましたか。存分に語っていただけると。

ご質問ありがとうございました。ブログにて書かせていただきましたのでそちらをご参照ください。
http://high-cube.hatenablog.com/entry/2016/07/04/224229

View more

シゲアキさんの朝日ジャーナル、見出しから悪い風に使われないか個人的にすごく心配していたのですが、読んだ後は心配は無用だったと思いました。しかし今日ネットニュースになってから、一部でめちゃくちゃに荒れていて、心配です…。もちさんはどのように感じましたか?

ご質問ありがとうございます!
ええと、そうですね…結論から言うと、「知らね!ww」です。スミマセン(苦笑)。
えっと、まずわたし今日ネットニュース荒れてたの知りませんでした。へえ、荒れてたんだあ。教えていただきありがとうございます。いやこれ嫌味ではなく。まあ、……やはりそうなるとは思いましたが…
そもそも、朝日さんちのあの雑誌に載る時点でこう記事を書かれる可能性がある、ってことわかってましたよね?え、ちがう?みんな予想したんじゃないの?わかんないで買ったのかな。
そして、ご本人はとてもクレーバーでいらっしゃるので、こうなることも予想されていたのではないかなと思います。
事実わたしも、読んだときに、「ああ、やはりこう質問持ってかれるんだ〜なるほどさすがやで朝日〜〜」って思いましたもん。
でもそれは編集側に対してです。だって編集も仕事ですからね。
対談形式、しかも編集長が相手でしたよね。どこまで本人がチェックバックできたかはわかりませんが(もしかしたらしてないかもしれないし)、それでも雑誌を出す上での権限って、結局出す側にあるんですよね、きっと。
それを引き受けたんだから、しげあきならわかってたはずだとわたしは思っています。
しかし、その中でもけっこうフラットな物言いだな、オトナの質問に負けてないなあ、というところにしびれてましたのも事実です。絶妙にフラット。負けてないなあかっこいいねーー!そう思いませんかね…わたしだけかなあ。わたしがこの対談で感じたのはそういう「オトナの駆け引き」だった気がします。
プロパガンダにされる、と、まあ、穿った言い方すればそういうことだと思いますが、そうであれば彼の存在がそれだけ大きいという証左だし(というか事実センターカラー扱い…)、例えばこの記事ひとつだけで、……他ではこういうこと言ってないと記憶してますが違ったらスミマセン……でもあのひと、自分の意見はちゃんと言うひとなので、なんかあったらラジオなりなんなりでぴしゃりと言うでしょうと信頼してます。そのへん聞いてからでもいろいろ考えるのはいいかもしれないけど……あーいま書きながら思った、これシゲ部にくだらないメールが束になって送られる可能性が高いですねえ…叩くにしろ持ち上げるにしろどちらにしろくだらない…しげあきガンバ……
話は逸れましたが、この記事ひとつでファンのひとが、たとえば彼がみぎひだりだなんだかんだ言って彼を嫌いになるとか、その人自身がそっちにうっかり傾倒するとするなら、とてもそれは軽率で失礼だし、ああ、自分の意見がないのかな、と思います。でも、思うだけです。
読んでないので、あまりこれに対しては言い難いですが(わたし個人のソースの少なさという意味で)、ネットニュースについても同じです。ひとつじゃまだなんとも言い難いでしょう。「出し続けないと小説家じゃない」と同じで、本当に意見があるなら幾度となく言うのかもしれないとも思います。
なので、冒頭に戻りますが、「知らね!」です。いまの時点でいろいろ論じるのは時期尚早ではないかな、というのがわたしのいまの気分です。(意見というよりも気分に近いです)
質問者さまの望む答えになってたでしょうか…それとも、わたしになにか断じて欲しかったのかな、わからないけど。
個人的なことを言うなら、ほぼ同じ時期にでたGQ JAPANのほうがおもしろかったですー!かな。理由はひとえに、「本人が書いたもの」だから、です(笑)。

View more

Next