Ask @loversleap_jk:

初めまして。ラバーさんが数年前、YouTubeに上げてくれた解説動画を見て以来、バックギャモンにハマってました。最近、HEROZさんのAceというアプリで対戦をしています。ラバーさんは使ってますか?

ありがとうございます!Aceは最初期からやって中毒になりました。よくできたアプリですよね。今はやっていませんが、また気が向いたらやりたいと思っています。

View more

ダブルを打つときには、75%に近いときに打てと言われますが、その勝率やギャモン勝ちの確率はどうやって判断するのでしょうか?延々とコンピュータで解析しても、どうしてその勝率になるのかわからないので、判断するにあたってのポイントや、戦況判断の勉強ができる本やサイトを教えてくれればうれしいです。 2回質問していたら申し訳ないです。

佐藤太郎
ご回答が遅くなってしまい申し訳ありません。
非常に難しいご質問で、おそらくほとんどの方が「延々と解析をして」その膨大な経験をもとに「直感」で判断しているというのが多分にあると思います。
ただ、解析を見るときに「こちらが有利な要素」と「相手が有利な要素」およびそれぞれの要素の大きさを考えることは重要だと思います。「このゲーム展開でこれだけ有利な要素が多いなら70%になるのか」などと頭に入れておけば、それより少し有利な要素が少ない場面に出会ったときに「たぶん65%ぐらいだからダブルはまだか」と思えますよね。まあたいがい外れていますが、外れた理由をまた考えて…の繰り返しですね。ちなみにこういう、覚えておくと多くの場面で参照して参考になるポジションをリファレンスポジションといいます。これを自分で見つけてストックしておくと良いと思います。
ダブルの上達法法について系統的に説明した本は、少なくとも日本語の本では少ないです。ただ、もうお持ちかもしれませんが有名な「バックギャモンブック」は、最近改訂されてダブルについての記述が増えたようです。また、景山プロのハッピーギャモンシリーズの中の「一からのダブリングキューブ」と「5ポイントマッチのキューブ」は、値は張りますが評価は非常に高いです。こちらで購入できます。
https://backgammon.theshop.jp/items/3405975
先に「一からのダブリングキューブ」を読むことをお勧めします。

View more

日本選手権のオープンクラスで1/参加人数の確率で優勝するにはおおむねどの程度のPRが必要でしょうか。参加者の平均PRが6.5程度だとすると4.5~5くらいでしょうか。ラバーさんの見解を教えてください。

ごめんなさい…全然わかりません!!でも確かに興味あるので、誰か見解のある方は求!(笑)
たとえば参加者64人の中でランダムに6人と当たって6連勝できる確率は、参加者の平均PRを持つ人でちょうど1/64ぐらいになるんですかね。
で、問題は、トーナメントなので実際は、上に行けば行くほど強い人と当たる可能性が高まるということで、1回戦で当たる人の平均は6.5だけれど、その後の各ラウンドで当たる人の平均もわかれば、それを全部足して割れば、それが答えかな?
という流れで、「2回戦で当たる人の平均」「3回戦で当たる人の平均」etcを比較的正確に見積もることができれば良さそうですが、これをどう考えたらよいのかがわかりませんw
最初は、参加者の平均PRが6.5といっても、分散次第で大きく変わってくるだろうと思ったけど、意外とそうでもなさそう?教えて、詳しい人!
ちなみにご参考までに、かつてXGで機械的に、PR差と勝率差の関係を調べています。https://twitter.com/loversleap_jk/status/597204567604994048

View more

初めまして。最近バックギャモンに興味を持ち、YouTubeでラバーさんの動画を観てバックギャモンにどハマりした素人です。 友人にバックギャモンを普及するために、ボードを購入しようと思っているのですが、調べてみるとピンからキリまで様々なタイプがあり、どれを買おうか迷ってしまいました。やはり小さいタイプより大きいタイプのほうが遊びやすいのでしょうか。ラバーさんの意見をお聞かせください。

nor
はじめまして。動画を見てくださったということで、ありがとうございます!お返事が遅くなり申し訳ありません。
さっそくボードを購入されるとは、意気込んでいらっしゃいますね!そうですね、小さいボードは持ち運びやすいのは良いですが、サイコロが振りにくい(ボード内にサイコロを振るルールなので)、コマを掴みにくいなどの欠点があります。一方、大きすぎてもかさばるし、広い視野が必要になるので最初は不便に感じると思います。なので中間の、「Mボード」または「3/4ボード(Lサイズの3/4ということ)」がオススメです。
https://backgammon.theshop.jp/
JBL SHOPの中でいえば、基本的には「MGM Mボード」または「Philos 3/4ボード」が最初に購入するボードとしてオススメされることが多いです。
布製より木製の方が好みならPhilos Androsなども良いと思いますが、木製は少しサイコロを振った時の音がうるさいです。

View more

実際にボードでゲームすることを続けていきたいのですが、以前JBLのあるイベントに行ったとき冷遇されたのがトラウマでそれ以後のイベントに二の足を踏んでしまいます。 それでJBLとかかわりの薄そうなイベント等を探しましたが、そのような機会はあまりにも限られているので、今では何かを取っ掛かりにしてJBLとの関係を改善できないかと模索しています。何かいい方法はないでしょうか。

そんなことがあったのですね。具体的にどのようなイベントでどのように冷遇されたのかがわからないので何ともいえませんが、個人的には、もしJBLのイベントに1回行ってそこでたまたま会った人とうまく行かなかったというだけなのであれば、それをもってJBLとの関係が悪くなったというのは考えすぎなのかな、なんて思います。
というのも、JBLのイベントと一口にいっても例会と大会では違うし、同じ例会でもどこの例会かによって、参加者の層や雰囲気は変わってきます。もしも首都圏または大阪・京都あたりにお住まいであれば、参加するイベントの選択肢はたくさんあると思うので、以前行ったのとは別のイベントに行ってみてはいかがでしょうか。地方にお住いの場合も、何らかのきかっけを見つけて別のイベントに行って、そこで繋がりができれば広がっていくかもしれません。
具体的には、首都圏だと、まず大会より例会の方がオススメです。大会はスタッフの方が運営で忙しく、初参加の方に対応している余裕がなかなかないからです。そして例会の中でもオススメとしてざっと思いつくところでは、四谷ひろば例会やT910例会は特に初参加者にやさしい例会として名前が挙がることが多いように思います。また、横浜マリンタワー例会は、これだけに参加している方も多いらしく、他のイベントとは一線を画す参加者層のようです。
もう1つ、有効な手段としては、次にイベントに参加するときは、事前にイベントの主催者(連絡先がJBLホームページのイベントページに載っているはずです)とコンタクトを取っておくことではないかと思います。イベントの主催者の方は初参加の方を増やしたいと思っている方がほとんどだと思いますので、特に事前に連絡を取っていれば手厚くサポートをしてくれるのではないかと思います。
質問者さんの詳しい状況がわからないので、有効なアドバイスになったかどうかはわかりませんが、参考にして頂けたら幸いです。

View more

ピップカウントについて質問したものです。回答ありがとうございました。練習では平均して一分を切れるようになってきました。しかし、どういうときにピップカウントに時間をかけるべきかというポイントがよく分かっていません。個人的にはダブルを打つとき、ダブルを受けるとき、大きなゾロ目などを振ってホールディングからランニングに切り替えれそうなときなどがピップカウントに時間を割くべきポイントかなと思ってます。他にピップを数えるのに時間を使った方がいいよ!ってポイントがあれば教えてください。

大変遅くなり、申し訳ありません。そうですね、おっしゃるように、キューブアクションを考える時と、終盤ホールディング中に大きな目(ゾロ目とは限らない)を振った時に後ろを飛び出すかどうか考える時が、大半かな~と思います。
あとは、もっと序盤・中盤でも、ピップでリードしているかどうかで判断が変わってくる場面があります。たとえばピップでリードしているならバックマンを前に前に進めたいが、リードされているなら後ろでじっくり待ちたい。あるいは、ピップでリードしているならリスクを負わずに安全志向でいきたいが、リードされているならリスクを負ってでも相手のコマをヒットしにいく、ビルダーを配置する、スロットする、などの強気なプレーを行う。そんな感じの場面では、余裕があれば数えたいところです。

View more

一つの局面においてピップカウントは何秒ぐらいで出来ることが望ましいのでしょうか?また、ラバーさんは何秒ぐらいでカウントできますか?

速ければ速いほどいいってところじゃないですかね!当たり前ですみません!
まあ、自分相手合わせて1分以内で数えられるようになれば、制限時間のある大会でも複数回数えられる余裕があると思うので、そのあたりがまずめざすべき目安でしょうか。ぜひ「ピップカウント日本一選手権」で練習しましょう。
http://pip.back-gammon.tv/
これを久しぶりにやってみた結果、私は、ショートカットが使えない局面だと自分相手合わせて30秒ぐらいでした。ショートカット(例:5プラはまんなかのポイントの数字の10倍)がとても使えるなら15秒ぐらいで終わりました。

View more

最近、過去のJBL NEWSがショップで買えるようになりましたが、ラバーさんがいままで読んできたなかで、イチオシの記事やおすすめの号があればぜひ教えてください。

先物買い
うーん、実は自分、会員じゃなかった時期が最近けっこうあったので、あまり思い当たらないのです・・・ごめんなさい。
ですが、やはり最近、空き王手さんが担当になってそれまで以上に充実してきていると評判ですので、まずは最近のものを購入してみてはいかがでしょうか。

View more

今年2月末からニコ生ギャモンクラブに参加しております。 最近playOKだけではなく、SafeHaborGamesでもバックギャモンをプレイしておりますが、こちらでも棋譜を取ることができるのでしょうか?

Kostova
すみません、わかりません。どなたかこれを見たSHGユーザーの方がいましたら、私宛に教えて頂けると嬉しいです。

View more

バックギャモンで負けて落ち込んでいるのですが、どうしたら良いでしょうか?

そのままでいいのでは。その気持ちがあればこそ強くなれるのでは。誰もが感じられる感情ではないと思いますよ、特にギャモンのような運が絡むゲームにおいては。だから大切にするべきだと思います。

View more

コマの移動先をどう認識しているかについてお聞きします。初心から3000ゲームの経験を積んで、単品の目(1-6)の移動先はほぼ瞬時に見えるようになりました。しかし、大きいゾロ目が出て複数回うごかすときが悩ましいです。たとえば、24ポイントから19ポイントのどこかにコマがあるとします。「5・5」が出ました。このとき、自分のインナーのどこに着地できるかは瞬時に見えているものなんでしょうか。それとも頭のなかで5を3回なり4回うごかした結果「ああ、ここかー」という感じですか。

先物買い
うーん、基本的に頭の中で3回なり4回動かしていますね。瞬時には見えません。ただし、比較的よくある(かつ、好手を見逃したことが複数回ある)シチュエーションは記憶に残っていて瞬時に打てることはありますかね。
たとえば、5ptにスロットしたコマをヒットされた直後に、5ゾロを振ってBarから一気に5ptまで動いて敵コマをヒットする手や、4ゾロで13ptから5ptと1ptの2か所の敵ブロットを狙撃する手などなど。

View more

相プライム系のキューブが全然わかりません。何か考え方のコツとかありますか?

遅くなり申し訳ありません。僕もわかりませんが、着目ポイントはやはり、どちらが先にプライムを崩さないといけなくなるか?というところかと思います。
ですから基本的に、
①プライムがより完璧にできている(5プラ?フルプラ?)
②相手のプライムに捕まっている枚数が少ない
③ピップが遅れている(=まだ進んでいないコマ、すなわち余裕がある)
こういった条件にあてはまる方が、有利でしょうね。
あとは、1か所コマの位置を変えただけで大きく解析結果が変わる、デリケートなポジションが非常に多いですから、もし相プライムに出会ったら、いろいろとコマの配置を動かして解析を繰り返してみると、理解が深まるかもしれませんね。

View more

ギャモン率にもよると思いますが、勝率55~60%ぐらいでダブルするとたいていノーダブルだと怒られますよね。でも理論的には勝率50%を越えていたらダブルすることによって期待値は上がるはずなのになぜ怒られるのでしょうか?相手にリダブルの権利を与えてしまうことが要因になっていそうですが他に何かありますか?

・「相手にリダブルの権利を与えてしまうこと」
・「自分がキューブを使う権利を失ってしまうこと」
まさに、これだけですね。
ダブルはテイクさせるにせよパスさせるにせよ、期待値を大きく上げる魔法の道具ですから
これを相手に独占される代償を考えると、60%台後半にまで勝率が上がらないと、
ダブルを打つべきではないようですね。
もちろん、仮に相手がパスしてくれるなら、55%でも打つべきでしょうけどね。
ちなみに、ですから、もし5ptマッチ3-3みたいな4倍の意味がない場面では、
勝率がわずかでも50%を上回ったら打って良いです。
「お互いがダブルを使える状態」から「お互いが使えない状態」に変わっただけで、この点で損していないので、
おっしゃるように勝率の分、単純に期待値がアップします。
気を付けてほしいのは、5ptマッチ1-1でダブルが来てテイクした後のリダブルはまた、違う話だということ。
確かにリダブルを打てばキューブは死ぬけれど、もともと「あなただけがダブルを使える状態」だったのが
「お互いが使えない状態」になるのだから、これは代償を払っていることになります。
通常よりは早く打てるけどね。

View more

match equity tableについて質問したものです。回答ありがとうございました、なぜかギャモン勝ちのことを失念していました。そういえばニコ生でXG2から勝率表みたいなものを出していたのを見た気がするんですが、XG2にはこの最新のmatch equity tableが付属しているのでしょうか?またこれらの値はいわゆるガチ勢の人は暗記しているものですか?

(追記)
ニコ生ギャモンクラブの方がこんな記事を見つけてくださいました。(英語)
http://www.bkgm.com/articles/met.html
基本的には一方のG率を10%と仮定し、期待値を計算。
ポストクロフォード、クロフォード、それ以外の3つに分けて計算方法があるようですね。
XG2付属のテーブルの計算方法は不明ですが、やはりXGの思考を何らかの形で活かして算出したものではないかと想像します。最新のマッチ勝率表と呼んで差支えないと思います。
ガチ勢~中級上位の方は、お互いが5away以内のスコアについては、だいたいの数字は暗記している方が多いかと思います。僕はお互いが7away以内のスコアの数字を暗記していますが。ただし、どちらも4away以上のスコアは暗記していません。使う機会が少ない気がしますので。
それから、これは暗記だけしても使い方がわからないと意味を持たないので、使い方を勉強したければ、以下がもしかすると参考になるかもしれません。
http://wikiwiki.jp/loversleap/?Five%20Point%20Match#_=_

View more

ラバーさん初めまして Match Equity Table http://www.geocities.co.jp/Playtown-Dice/9137/study/match_equity.html について質問です この表では1-away vs. 2-awayでのLeader側の勝率は70%となっています(クロフォード時) しかし、Leader側の勝率は 1.1戦目で勝つする確率 = 1/2 2.1戦目で負けるが、2戦目で勝つ確率 = 1/2 * 1/2 = 1/4 の足し合わせであるので 1/2 + 1/4 = 3/4 = 75% ではないかと思うのですが、なぜ70%になるのでしょうか?

たしかに基本的には2連敗しなければいいわけですが、もしギャモン負けした場合は1ゲーム負けただけで終わってしまいます。その分勝率が減って70%なのです。ちなみに、今はギャモン勝ちをとる技術が進歩しているので、勝率表の値も変化しており、最新のコンピュータソフトが示す値は67.7%ぐらいまで減っています。
ちなみにですが、1away vs 3away(クロフォード)の場合は、これこそ3away側が勝つにはちょうど「2連勝」が必要ですので(ギャモン勝ちしてもしなくても)、1away側の勝率は約75%になります。まあバックギャモン負けすると1試合で終わっちゃうんですけど、バックギャモン負けはなかなか起こらないですからね。

View more

プレシジョンダイスは何mmのものが主流ですか? 大会で使用するとき、相手と違うサイズのダイスになるのはちょっと嫌かなと 思いまして。ただ、実際気にしている方はあまりいないかもしれませんが。 あと、バックギャモン盤についてきたダイスが15mmだったのですが、 中古だったもので片側1個しかなかったのです。しかし15mmのダイスは 各国のAmazonやebay探してもよさげなものがありませんでした。 なので、14mmか16mmにしようかと悩んでいるのですが、なるべく 主流のものに合わせようかと考えています。

マヴユーユ
以前プレシジョンダイスについて書いたのでそちらもご覧ください。
14mmと12mmそれぞれのメリット・デメリットを書いています。
http://ask.fm/loversleap_jk/answer/115430140222
結論がわかりにくくなっていますが、個人的にはやや14mmの方がオススメです。
なお、日本バックギャモン協会のSHOPを見てもわかるように、バックギャモン界で使われているのは14mmか12mmです。
http://www.backgammon.gr.jp/shop/cgi-bin/list.cgi?jenle=j4
15mmや16mmは、バックギャモンで使われているのは見たことがないですね。
ボードの中で転がさなければいけないので、大きすぎると使いにくいのです。

View more

ずっと前から気になっていたのですが、犬派ですか?猫派ですか? それともヤンバルクイナ派ですか?

そういえば考えたことがなかった。
自分は何事に対してもあまり好き嫌いがないのですが、これも例外ではなく犬も猫も「まあまあ好き」って感じですw
なのでヤンバルクイナ派です。

View more

初心者です。レスポンスムーブの解釈をお聞かせください。相手が先手でオープニングを63で24/18 13/10とアクションプレイしてきました。そのあと私は31を振ったのですが、この場合なぜバーポイントの相手ブロットをヒットしないで5ポイントメイクが正解なのでしょうか? 理由を教えてください。

遅くなり申し訳ありません。
理由として考えられるのは、それだけ5ポイントがものすごく重要なポイントであること。ヒットをするとリターンヒットされる可能性が結構高いこと。
それから、アウターに出てきた敵のコマは、5枚もあるミッドから狙った方がバランスが良いかな~と思いますね。8/7とした時の形はだいぶ気分悪いですね。ミッドと6ポイントの2か所にスタック、8ポイントはストリップですから。
もちろん、ヒットしないとバーアンカーを作られる危険があり、それは大きなデメリットです。メリットデメリットどちらもあるので明確な説明は僕には難しいところでした。

View more

Next