現代科学と相反しない宗教に対してもキリスト教等と同様に扱いますか?つまり「日々を健やかに生きましょう」などといった自明な教えのみに依って成り神の存在等には触れない宗教です

時と場合によります。

今回の話のように「ある訴えを聞き入れるか否かに、それが宗教的なものかという判断基準を用いるか」という話題ならば、キリスト教等と同等に扱うべきでしょう。しかし、そういう宗教はキリスト教等と比べて有害性が小さいこともまた事実なので、宗教への批判という観点では多少攻撃の手を緩めてもいい気はします。

ただ、自然科学と反しないからと言って即問題なし、とはなりません。なぜなら科学には自然科学だけではなく倫理学や政治哲学なんかといった人文系の(とりわけ倫理や正義を提供する)学問もあり、それらとの間で矛盾をきたしている可能性があるからです。

この辺の人文科学とも矛盾せず、自然科学・人文科学と常に同じ結論を引き出せるような宗教ならば全く問題はないかと思いますが、そうなると今度は「それって宗教と呼べるの?」という語義の問題が発生しますね。そう考えると虚偽性こそが宗教の本質だと言えるかも知れません。

View more