人生の幸福度により寄与するのは恋愛と友情のどちらでしょうか

理論上の最大値を叩き出せるのは恋愛だけど、現実の多くのケース(人・場面)において幸福に寄与しているのは友情……ですかね。

まず恋人ですが、友人とできることはほとんどすべて恋人ともできる一方で、恋人とできることの中には友人とできないことがチラホラあります。一番の例がセックスと子作りですよね。この2つは生物の持つ原初的な欲求ですから満たされた場合の幸福感って大きいと思いますし、社会的にも恋人や配偶者の有無ないしその質によって他人からの評価や自己評価が変わってきたりしますからね。

ただ、そんな完璧な恋人ってなかなか居ないですよね。男女の感覚の違いは案外デカいですし、一緒に暮らしたりすると細かい利害の対立がどうしても目に付いてしまいますし、そもそも恋人にありつけないケースだって滅茶苦茶多いわけですよ。そんなわけで恋人は「理想的な相手が見つかれば最大値を叩き出せるけど、現実はそこまで甘くない」ってところだと思います。逆に気心の知れた友人は多くのケースで安定して幸福度を高めてくれるんじゃないでしょか。

View more