文系の大学1年生なのですが、特殊相対性理論を数式で理解できるようになるためにはどのような本を読めばよいでしょうか。その理論で何となく言いたいことが分かったかもという理解レベルなのですが、数式でしっかり表されないと腑に落ちない気がしまして…(一応、高校数学の微積分やベクトルの理解はあります)

大学1年の一般教養にそういうのがありましたね。現代物理学入門っていう名前のヤツ。ですがその講義は特に教科書を指定していない講義だったので、詳細は自分のノートにしかありませんわ……(今でも大事にとってある)。

なのでご希望に添えるような本を自分は知らないんですけど……。まあせっかく物理に興味しめしてくれてるので、今日、母校の生協へ行ったときに見つけた本を貼っておきますね。自分が読んだわけではないので品質や難易度などは保証しかねますが、ご参考までに。

View more