Ask @my_my_me_mine:

myさんは以前婚活されていたと思うのですが、婚活に成功する(自分と相手の納得のいく結婚に辿り着く)コツは何だと思われますか? ご意見お聞きしたいです!

ご質問ありがとうございます。回答が遅くなってしまい、申し訳ありません。
うーん、私自身がまだ「納得のいく結婚にたどり着」いていないので難しいご質問ですが、直感を大事にすることではないかと思います。たとえば条件的に見て申し分のない相手だとしても、接している上でちょっとした違和感があったらそれをうやむやにせず、その違和感はどこから来るのか、それは許容していいものなのかとかをきちんと考えるとか。
婚活に関して情報が溢れかえっている世の中ですから、ついつい頭でっかちになりがちだと思うのですが、あらゆるデータよりも自分の肌感覚を優先して考えた方がよいのかなと思います。うまく言えないけどこの人が好きだとか、生理的に受け付けないとか、この先何十年も一緒に過ごしたい相手を選ぶのであれば、そういうのって大事ですよね。

View more

M2になりました。引用文献が増えるにつれて、引用しながら議論を進めていくのが大変に感じます。気づけば剽窃っぽい文章に見えてくることがよくあります。舞さんは先行研究、史料に言及するときにどんな工夫をしていますか。読者のときに工夫をしていますか。

ご質問ありがとうございます。回答が遅くなってしまい、申し訳ありません。もしかして、もう修士論文を提出なさったあとでしょうか。
「引用文献が増えるにつれて、気づけば剽窃じみて感じられるものになる」はもう、論文を書く際には日常茶飯事かと思います。私が気をつけていることは、とにかく引用した時点で脚註をつけることです。筆が乗ってくると、どうしても億劫になってしまいがちですから。でも、気をつけていてもなかなかこれが難しくて、私も博論の最終仕上げの時には何度も青くなりました。おそらく、死ぬまでこの繰り返しかと思います。
あと、先行研究はできるだけ直接話法の引用にならないよう心がけていますが、逆に史料はそれらの持つ声を最大限活用すべく、そのまま引用するようにしています。また、特に私は博論でいわゆる「私的史料」を多く用いたので、引用の際にはただ引用するだけでなく、効果的に引用できるよう心がけました。
私が心がけていることはこんなところでしょうか。質問者様のご健闘をお祈りいたします!

View more

いつもブログやTwitterを楽しく拝見しております。国文学を研究している修士課程一年目の者です。 ご質問なのですが、myさんはいつ博士課程に上がろうと決められたのでしょうか? また、一般企業等で就職しようと思ったことはありませんでしたか? お時間ある時に教えて頂けたら幸いです。

ご質問ありがとうございます。
進路決定にあたって、いつごろという明確な時期はなかったように思います。大学に入学したころからなんとなく、私は院に行くんだ、くらいの思い込みがあって、その通り修士に進んで、そのあと博士に進むのはほとんど当たり前のような流れでした。就職しようと思ったことは、これが不思議なことに、一度もないのです。たぶん、上記の思い込みの影響だと思いますが。
こういうことを言うと、「さぞかし優秀だったから」などと誤解されることも多々あるのですが、院進学した同期たちや先輩方に比べれば、私はずいぶん落ちこぼれだったと思います。ジャニーズを始め、他のことにも興味のベクトルが向きがちで、いわゆる研究し始めると周りが見えなくなる学究肌というのとも違っていました。それでも幸い指導教官に恵まれたおかげで、博士課程を修了することができました。
私のようなのでもできたのだから、質問者様は自信を持ってご研究を進めてくださいね。それと、教員免許は取っておいた方がいいということはぜひお伝えしておきます。応援しております!

View more

雨の日にたくさん本を運びたいとき、どうしたらいいでしょうか。

ご質問ありがとうございます。私は本運びのエキスパートなのだろうか。
天気に関わりなく、私は常に大きめのエコバッグを持ち歩いておりまして、図書館の本を借りるなどしたときはそのエコバッグを使うようにしております。やたらとこういうエコバッグばかり買うので、母からは「袋バカ」と呼ばれています。そして雨の日は極力外を歩かないようにします。こんなもんでよろしいでしょうか……?

View more

この前のmessy記事ではツンデレというオタク用語由来の言葉を批評用語として採用しましたが、今後カッチリした批評の中の使用に耐えうるであろうオタク用語ってありますか?

ご質問ありがとうございます。「ツンデレ」の記事、とても面白く拝読いたしました!回答が遅くなってしまい、申し訳ありません。
「カッチリした批評の中の使用に耐えうる」とのご指定がとても難しく、さらに私は一介のジャニーズオタクに過ぎないので、オタク用語と言ってもそちらの方面でしかお答えできないのですが、2つ思い浮かぶのは「担当」および「シンメ(シンメトリーの略)」です。特に「担当」あるいは「推し」の概念というのは、おそらく海外ファンダムにも似たようなものがあるかと思いますので、普遍的に受け入れられるのではないかと思います。
あと、ジャニオタ用語ではありませんが、「ツンデレ」が批評用語として成立するならば「ヤンデレ」も問題なく受け入れられるかと思います。『アッシャー家の崩壊』とか、その方向でも解釈できる気がします。

View more

30歳になって、お腹が出てきました。無茶してきた不摂生を後悔しています。今から体質改善できるでしょうか。舞さんは20代と比べて体質の変化を感じることはありますか。

ご質問ありがとうございます。
私は吹き出物が出やすく、かつ治りづらくなったと感じております。跡も残りがちなように思いますし、やはり肌は老化しているようですね。

View more

博論提出前の時期、舞さんはどんなリズムの日々を過ごしていますか。

ご質問ありがとうございます。博論を提出してしまってからの回答になってしまい、申し訳ありません。
博論提出前ですが、過度に焦ることも、かと言って中だるみすることもなく、淡々と普段通りのことをやってフィニッシュいたしました。下書きが1年前くらいの段階で仕上がっていたこともあり、「書けてない!」というプレッシャーに晒されることがなかったのは幸運だったと思います。卒論のときも修論のときもこうだったので、たぶん私のスタイルなのだと思います。ただでさえ頭脳に200%のパフォーマンスを求めなければならないときに、焦ってしまうとそれどころではなくなるので、とにかく量より質を優先して書くだけ書き、推敲にできるだけ時間を費やすやり方が好きです。

View more

毎週観ているテレビ番組を教えてください(ジャニーズ以外も含めてお願いします)

ご質問ありがとうございます。
「毎週」ではありませんが、平日は毎晩Eテレ「2355」を見ています。面白い回とそうでない回とがあるのですが、「2355はつけておくことにこそ意味がある」と力説し、家族がチャンネルを変えることを許しません。ほとんど信仰です。

View more

myさん、こんにちは!(^o^) 私は、文章を書くのがとてつもなく苦手です。myさんの様に素敵な文章を書けるようになりたいのですが、コツなどはあるのですか?

ご質問ありがとうございます。回答が遅くなってしまい、申し訳ありません。
拙文をお褒めいただきまして、ありがとうございます。素敵な文章を書けるようになるためには、素敵な文章をたくさん読むしかないと思っております。
ちなみに私の文体は、自分では少女時代に読みふけったさくらももこのエッセイの影響をかなり強く受けていると思っていますが、大学時代の友人からは「故・ナンシー関も彷彿とさせる」と言われました。ぜひ今後は森茉莉や林真理子なども取り込み、最強のハイブリッドエッセイを目指していきたい所存です。

View more

まいさんは以前ブログの電子書籍に関する記事の中で小説は電子書籍では読まないと書かれていましたが、留学中はどのように小説を読まれていましたか?私は現在留学中なのですが、まいさんと同じく小説は電子書籍より紙の本で読みたい派です。やはりAmazonで取り寄せるしかないでしょうか。

ご質問ありがとうございます。
留学中に小説が読みたくなったら、読めるものはできるだけ原語で読むようにしていました。日本語の小説は、一時帰国中くらいしか読んでいなかったと思います。高い送料を払ってAmazonで取り寄せるよりは、豊富な洋書を、しかも手に取って選べるというメリットを取りました。もちろん、読むスピードはかなり落ちてもどかしいですが、苦労するぶん日本語では読み飛ばしてしまうようなところもじっくり読めましたし、達成感もあってよかったです。

View more

ヤタと飲みたいよ。帰国はいつ?

誰だ

View more

大学受験生です。授業中すぐに眠くなることにすごく困っています。寝るつもりは全くないのですが、気付いたら意識が飛んでいたり、真正面を向いたまま白目になっていたりもするそうです。学校の授業はまだしも、わざわざお金を払っていってる塾でも眠くなってしまうのがダメだなぁと思い、改善策を探しております。意識が低いと言われればそれはその通りなのかもしれないのですが、なにか良い眠気撃退方法を知っていましたら教えて欲しいです。

ご質問ありがとうございます。かわいいご質問でほっこりしました。
授業中,眠いですよね!私もよく寝ていましたが,成長期はそういうものだし,ある程度は仕方なかったりもします。でも質問者様は,それをきちんと改善しようとなさっているところが素晴らしいですね。特に,塾はオプションとして行っているのだから,そこで寝てしまうのはおかしいという考え方が素晴らしい。感銘を受けました。ちなみに,学校にも親御さんはきちんと授業料を支払っているはずなので,できれば寝ないでくださいね。
さて,眠気撃退方法,2つお伝えします。まず物理的には,眠くなってきたなと思ったら,メンタームとかメンソレータムとか,とにかくメンソールの入ったリップクリームを目の下と鼻の下に塗ってください。特に目の下に塗った時の刺激は絶大なので,目が覚めるはずです(ただ,これは用法として必ずしも適切ではありません)。
次に精神的には,授業に集中することです。ただ,集中しようと思って集中できるなら苦労しませんよね。おすすめは,「この授業が終わったら先生に質問しよう」と思いながら授業を受けることです。質問するためには,自分はどこまでわかってどこからがわからないのか,きちんと整理しておく必要がありますから,漫然と座ってただ時間が過ぎるのを待つということはできなくなるはずです。たとえわからないことがなくても,とにかく質問しようと思っておくといいですよ。
そしてこの方法にはすばらしい副作用があります。成績が上がることです。授業に集中するうえ,よりよい質問をするためにはきちんと予習復習をしておく必要もありますから,理解は深まる一方です。騙されたと思って,試してみてください。きっと眠くなる暇もないほど,授業が楽しくなると思いますよ。受験勉強,がんばってくださいね。

View more

30歳を過ぎてから英語力を上げることは可能でしょうか。記憶力の低下を感じています。ネイティブ並とは言えなくとも、努力次第で、英語圏の方と対等に議論できるようになれますか。

ご質問ありがとうございます。
私自身も30歳を過ぎてからまだ3ヶ月しか経っていないので,英語力を上げることが可能かどうかはっきりとお答えできないのですが,もし質問者様の目標が「ネイティブ並とは言えなくても,英語圏の人々と対等に議論できるようになる」ことであるとすれば,いつからでも可能だと思います。そしてそこで必要なのは,英語力や記憶力よりも,きちんと物事について考え,自分の意見を持ち,さらにそれをきちんと伝えようとする態度だと思いますので,年齢はまったく関係ないはずです。
おそらく英語力と聞いて多くの人がイメージするのが,この「英語ネイティブと対等に議論する」とか「英語ネイティブと談笑する」みたいな姿だと思うのですが,やはり英語でもなんでも,共有されている背景知識がなければコミュニケーションは成り立ちません。たとえば私は指導教官とアカデミックな議論をすることはできますが,こちらの友人たちが「小さいころこんなおもちゃあったよね」とかいうネタで盛り上がり始めると,まったくついていけなくなります。この例に顕著かと思いますが,議題のレベルが高度かどうかは,コミュニケーションスキルをはかる指標にはなりえません。日本のものとはまったく違う会話のテンポやノリについていくことが肝要なのですが,これを難なくこなせる日本人はとても少ない印象です(私も含め)。
また,質問者様が気になさっている通り,語学の勉強には記憶力が必要なのだと思っている方も多いように思います。確かに,基本的な文法や動詞の活用などをまったく覚えずに言葉を話すのは不可能なので,それなりの記憶力は必要かと思いますが,ただ会話の際に,文法知識を記憶の中から引っ張り出して使うようなことは,普通やりません(それをやっていたらいちいち途切れて会話が成り立ちません)ので,記憶力が低下したから語学に不利益があるなどということもないはずです。
私の考えは以上の通りなのですが,「英語力を上げたい」と漠然と考えるよりも,自分が英語で何をできるようになりたいのかについて分析し,そこに特化した工夫をすることが上達につながるのではないかなと思います。たとえば,会話に抵抗があるならとにかく話す機会を設けることですし,議論がしたいならその議論についての背景知識を身につけることですし,記憶力が低下して語彙などが覚えられないなら,いろいろな方法を試してみることです。ちなみに私は最近,発音を綺麗にしたいと思っていて,発音を標準化する発音矯正のテキストを買ってきてそれを始めてみました。30歳を過ぎてから英語力を上げることができるかどうか,やってみないとわかりません。お互い,とにかくやってみましょう。

View more

最近の半沢にひとことお願いします

ご質問ありがとうございます。念のため,半「澤」です。覚えていただけますと幸いに存じます。
半澤,お元気ですか。ジャニーズワールドのダイジェスト版がMステで披露された時以来,貴殿をお見かけしていないような気がするのですが。まあ,元気で過ごしてくれていればそれでよいです。大学はもう卒業したっけ?とはいえまだまだ22歳,幸運も困難もこれからいろいろと経験すると思いますが,どれも楽しんでくださることをお祈りしつつ,いつも応援しております。

View more

好きな調性は何ですか?

ご質問ありがとうございます。
いろいろ考えたのですが,ベスト3はやはりロ短調,ト短調,ニ長調です。短調を好むため,大学のサークルではmollerと呼ばれておりました。

View more

舞さん、先月Twitterに投稿されていたイスタンブールの写真を拝見しましたが、あのふかふかなソファーはどこかの航空会社のラウンジでしょうか?イスタンブールは乗り継ぎで使ったことがありますが、長い時間を過ごす割にゆったりできる場所が見つからず、毎回辛い思いをしてきました。もしよろしければ教えてくださると嬉しいです。

ご質問ありがとうございます。
ターキッシュ・エアラインズですよー!デメルのケーキも食べ放題で,至福の時間を過ごすことができました(もっとも私は空腹ではなかったので,無理やりケーキを2個詰め込んだのですが)。しかも乗り継ぎ待ちの時間が一定時間を超えると,無料でイスタンブール市内観光ツアーにまで連れて行ってくれるという情報もあります。ムスタファ・ケマルの仁徳はこんなところにまで受け継がれているのですね。

View more

一人暮らし1Rまたは1Kジャニヲタの方にお伺いします。溜まりゆく雑誌はどのように収納していますか?

ご質問ありがとうございます。
基本的に雑誌は買いません。身も蓋もない回答で申し訳ない。

View more

舞さん、丁寧なご回答頂き、本当にありがとうございます。 まさに「完璧に」「理解する」ことを重視しすぎて、固くなっていた頭をときほぐして頂いた気がします! 「わからないなりに、読んでみる、楽しむ」、それでいいと思ったら、気が楽~になりました。 また、「現代世界で常識とされていることを相対化する考え方」との表現に、自分が惹きつけられたものが、何だったのかを知ることができました。 自分自身、また、自分が立っている世界をメタ認知することに、快感を覚えるのだとわかりました。 気づきときっかけを与えて下さった舞さんに、改めて感謝したいです。

puku
pukuさま,ご丁寧にお礼まで,ありがとうございます。
前提や常識とされているものを相対化する,問い直すという姿勢は人文系の学問に共通するものですし,また現代美術や音楽も,そういうものの見方から生まれてきたものだと思います。そしてそのように違う角度から見てみることによって違う世界が見えてくるのは,おっしゃる通り快感のきわみですよね。
「メタ認知」などという言葉をさらりとお使いになるあたり,pukuさまはすでに高い教養をお持ちなのでしょう。あまり気負わずに,古典や専門書によって啓かれる,難解でありつつもめくるめく世界を楽しんでくださいね。私も何か読みたくなってきました。

View more

こんにちは。他大学の博士課程進学を希望しているM1です。他大学の先生に、研究室訪問、学振申請の受入研究者などをお願いしたいときは、どうやってコンタクトを取ればよいでしょうか(指導教官とは交流がない先生です。つまり指導教官を頼ることができません)。まず連絡先がわかりません。確実なのは、面識がありそうな先生に相談することでしょうか。こんなとき、舞さんでしたらどうされるか教えて頂けましたらありがたいです。

ご質問ありがとうございます。
直接メールをお送りするのが一番ではないでしょうか?その際,指導教官の先生もCcで宛先に含めるとよいと思います。連絡先がおわかりにならないとは本当ですか?大学のHPに必ず載っていると思うのですが……
私だったら,もし本当に連絡先がわからないならですが,その大学の研究科なりに連絡してみて,こういう理由でこの先生にご連絡差し上げたいのでご連絡先を教えていただきたいのですが,と聞いてみます。それと同時に,面識がありそうな先生に相談もしてみると思います。そしておそらく,まずは面談のお願いをしてみると思いますね。いきなりたとえば学振の受け入れなどを頼まれても,面識のない状態では了承しかねるという先生も多いでしょうから。

View more

舞さん、こんにちは。先日、ぱぷりこさんのnoteに対して、「その世界で何が貨幣価値を持つのか見極めることが重要」とのコメントをされていたのを拝見しました。そういった物の見方(文化人類マインド)にすごく興味を惹かれ、舞さんが紹介されていた贈与論を読みたいと思ったのですが、ちらと覗いて見たところ、あまりの難解さに全く理解できませんでした。舞さんのように、あのような価値ある古典の書を読み解けるようになるには、どういった読み方をしたらよいのでしょうか。また、ここに行きつくまでに、舞さんがどのような段階を踏み、訓練されてきたか教えて頂けましたらありがたいです。

puku
pukuさまはじめまして,ご質問をありがとうございます。
なんと,あのコメントから実際に『贈与論』を手に取ってくださったとは!モースに代わって心からお礼申し上げます(ほら,モース,あなたもちゃんと頭下げて)。そして「あまりの難解さに全く理解できなかった」とのこと,もっともかと思います。と言いますか,私も価値ある古典の書はまったく「読み解け」ていません。ではどういう読み方をすればよいかと言うと,私の考えでは,「わからないなりに読んでみる」のが一番かと思います。
これはpukuさまの次のご質問,「私がどのような段階を踏み,訓練してきたか」にも関わるのですが,私は幼いころに公文式を始めたので,小学校の頃には日本の近代文学を教材として読んでいました。とはいっても,10歳にもならないような子供に近代文学が理解できるか,きちんと味わえるかといったら,もちろんそんなことはできないのです。しかし,理解できないなりに私は楽しんでいました。特に国木田独歩『武蔵野』や志賀直哉『城之崎にて』,井伏鱒二『山椒魚』を面白く読んだことは鮮明に覚えています。近代文学の言葉づかいは現代のそれとは違うというだけでも,幼い私には新鮮な驚きでした。その頃おそらく,理解できるかどうかはどうでもいいから,とにかく面白そうなものは読んでみようという思考を身につけて今に至ります。あと,高校生ごろからは教養主義的な考えもするようになり,また東大で博識な友人が何人もできたのもいいきっかけとなって,「これを読んでいないと恥ずかしい」とか「これを読む私ってかっこいい」とか,そういう見栄っ張りな理由でもいろいろ本を読みました。『贈与論』やら『西太平洋の遠洋航海者』に出会ったのはおそらくその頃です。
これは私の勝手な印象ですが,日本人は語学と同じく読書に対してもどこか完璧主義なところがあって,「読むからには完璧に理解しなければならない」「読むからには全部読み通さなければならない」と思い込んでいるところがあります。しかし私にはこれこそが,日本人の読書離れの元凶であるように思えてなりません。よっぽど新書や自己啓発書などでない限り,それなりに内容のある本が,1度や2度読んだだけで理解できるはずもないのは当たり前です。それよりはぜひ,「全然わからなかったなあ」としか感想を抱けなくてもいいから,とにかく挑戦してみてほしいものだと思います。価値ある古典の場合はもちろん日本語ウィキペディアなどもありますし,解説する新書もあります(『○○を読み解く』みたいな)から,あまりにもちんぷんかんぷんならこうしたものの助けを借りるのもいいと思います(ただ,そこに書いてある内容を鵜呑みになさらないでくださいね)。そのうち「あまりよくわからなかったけど,でも面白かった」と思えるようになればこっちのものです。そして難しすぎたら,読みかけでやめても全く構わないでしょう。こんな不真面目な読み方をする代表的な例が研究者で,序論と結論と,あとは索引から重要なところだけを探して「読んだ」と言っている人など山ほどいますよ。要するに,全部読まなくても筆者の主張がわかればそれで十分だし,もしわからなければ,それは単に,相性がよくなかったということなんじゃないかと思います。
それに何より,pukuさまはわからないことを素直に認めることがお出来になっています。そして,わからないならどうすればいいかと他人に尋ねることさえできています。「わからなくて悔しい,でも知りたい」というところからすべての知的探究心の扉が開かれるのだと私は思っています。ぜひ今のお気持ちを大切に,多少わからなくても諦めずに,いろいろ本をお読みになってみてください。
ちなみに『贈与論』や『西太平洋の遠洋航海者』のような,現代世界で常識とされていることを相対化する考え方に興味をお持ちでしたら,文化人類学(レヴィ=ストロース『悲しき熱帯』『野生の思考』『神話論理』は特におすすめです)や民俗学はもちろんですが,ぜひ歴史学の古典にも挑戦してみてください。特に,今ぱっと思いついたのは,フィリップ・アリエス『<子供>の誕生』です。また,ジャンル分けが難しいところではありますが,ミシェル・フーコーもいいですし,私が敬愛してやまないハンナ・アーレント(特に『イェルサレムのアイヒマン』)も強く強くおすすめしたいところです。他にもいろいろあるはずなのですが,ああ,思い出せない。
血湧き肉躍るご質問を本当にありがとうございました。pukuさまが豊かな読書生活をお送りになることを心からお祈りしております。またぜひ,話しかけてくださいね!

View more

「わたしを離さないで」について質問した者です。丁寧なご回答ありがとうございました! 私は原作を読んだことがないのですが、ドラマを見て興味を持つようになり、海外の文芸に明るい舞さんがどのように感じているかもあわせて参考にしたいと思い、質問させていただきました。 「差異にこそ作り手の意図が見られる」ということは、その他の原作・原案ありの作品に共通して言えることだと思いますし、文字には文字の、映像には映像の良さがありますよね。なかなか周囲にそういった話ができる方がいなかったのでとても嬉しかったです!長文で失礼しました。

ご丁寧にお礼まで,ありがとうございます!いえいえ海外の文芸に明るいなど滅相もございません,面はゆいことをおっしゃらないでくださいまし(でもうれしい)。
そうですね,まったくおっしゃる通りだと思いますが,「映像には映像の良さがある」ということを伝えられないような雑な翻案があふれているのが本当に残念です。映像化って,原作が好きならきっとわくわくすることであるように思うのですが……。その点この『わたしを離さないで』はすごく考えられて作られているように思いますし,原作ファンとして非常に好感を持っています。
周りにお話しできる方がいらっしゃらないようなら,ぜひぜひまたお声をおかけくだされば,私もとてもうれしいです!文学トークいたしましょう♪

View more

ドラマ「わたしを離さないで」は視聴されていますか?もしご覧になっていたら、現時点での舞さんの感想をお聞きしたいです。

ご質問ありがとうございます。『わたしを離さないで』,初回から毎回楽しみに見ています!
現時点では,非常にうまく作ってあるなあと感心しています。なにより,作り手側がこの作品に愛着を持っていることがわかるのがとてもいいですね。最初は私も,この作品を全10回か11回の連続ドラマにするなんて無謀だと思いましたし,なにより数年前の映画化作品がかなり完成度の高い出来栄えだっただけに,絶対に比較して批判的になってしまうだろうと予想していました。しかし,特にコテージ編など,映画がちょっと駆け足だったのに比べてドラマ編はかなり丁寧に作っているように思いました(恭子が寂しさのあまりいろいろな人と関係を持つあたりとか)。日本を舞台とする翻案も,陽光学苑(ヘイルシャム)を管理社会的に描くことによって見事に成功していたように思いますし,なにより三浦春馬演じる友彦(トミー)がすばらしく適役で,映画でアンドリュー・ガーフィールドの演技に胸を締め付けられたのに負けず劣らず,毎週締め付けられています。特に美和の「親」を探しに行く回,ファミレスで1人だけジャンバラヤを注文して無邪気においしそうに食べているシーンとか,圧巻でした。
ただ,惜しいと思う点は2つあって,
1. 龍子先生(ミス・ルーシー)が大きくクローズアップされたり,マナミが属していたコテージでの提供者解放運動→マナミの死など原作にはないストーリーが加えられたり,また美和の「終了」が「三種同時提供」によってもたらされるものとなっていることなどによって,「生命倫理」の主題が必要以上に大きく取り上げられすぎているのではないかと思われるところです。この物語の醍醐味は,生命倫理の問題をモチーフにしつつも,大きな主題は普遍的な人間関係やノスタルジアにあるということだと思います。実際に原作でも,ミス・ルーシーの「告白」は,3人およびほかの生徒たちにさほど波風を立てなかったはずで,彼らが自分たちに与えられた過酷な運命をただ(諦念とともに)受け入れているというのは,この作品のかなり大きな特徴であるはずです。どこかで大きな起伏を設けないと連続ドラマとして成立しないというのは理解できるのですが,それがないのもカズオ・イシグロ作品の良さだと思うので,この演出は少しやりすぎなのではないかなあとも思います。
2. これは私の友人の英文学者が言っていたことですが,この作品のもうひとつの大きな特徴である「信頼できない語り手」も影をひそめています。原作は31歳となったキャシーのモノローグによって紡がれ,「遠い記憶なので間違いがあるかもしれない」とわざわざ但し書きをすることによってこの「信頼できない語り手」の効果が高まっているのですが,この作品では常に視点が「(その時の)現在」におかれているため,これもイシグロ作品を貫く大きな主題である「(あいまいな)記憶」の色彩は薄まっていると思います。ただこれは文字だからこそ可能なところもあるかと思うので,映像化されてしまったものに対して付けるいちゃもんとしては不適切かもしれません。
今のところ,本作に関する感想はだいたい以上の通りですが,何に関しても,映像化作品を見て「原作と違う」などと言って怒るのはまったくもってお門違いだというのが私の持論です(原作を映像化したり翻案した時点で,もとの作品と違った作品になるのは当たり前です)。それでも文句を言いたくなるほど作りが雑な作品があふれている中で,この『わたしを離さないで』はずいぶん工夫されている力作だと思います。視聴率はかなり低いようですが,まあそれは脚本や役者の力不足ではなく,単純にテーマの重さの問題だと思いますので,どうかこのまま,余計な手を加えることなく最後まで見せてもらいたいものだと思っています。

View more

クロックス派? ドクターマーティン派?

クロックスとドクターマーチンが並列することに驚いている。

View more

こんにちは、舞さん。以前、ブログでハンナ・アーレントについてお書きになっていましたが、アーレントの著作の中で最も関心を持たれた著作は何でしょうか?

ご質問ありがとうございます。
やはり,と言っていいのかよくわかりませんが,『イェルサレムのアイヒマン』です。ナチスは「絶対悪」として存在するのではなく,思考停止によって誰もが巨悪となりうるのだという「悪の陳腐さ」は,ユダヤ人にとってのみならず現代人すべてにとって「都合の悪い真実」であったと思います。しかしそうであってもなお,それを世に知らしめることを躊躇しなかったアーレントの知識人としての気高さには,本当に頭が下がります。知識人としても女としても,アーレントのようでありたいものです。

View more

困惑させてしまい、すみません。 和声学は勉強したことがありますか?ピアノを趣味で弾く者ですが、和声に興味が出てきました。しかも、古典派が好きなので、和声学が気になって仕方ありません。

ああなるほど、そういうことですか。でもそれだったら、音大卒の方とかに聞かれた方がよいのでは……
勉強したことはありませんが、基礎中の基礎はやはりこれでしょうか。和声以外にも。
http://www.amazon.co.jp/%E6%A5%BD%E5%85%B8%E2%80%95%E7%90%86%E8%AB%96%E3%81%A8%E5%AE%9F%E7%BF%92-%E7%9F%B3%E6%A1%81-%E7%9C%9F%E7%A4%BC%E7%94%9F/dp/4276100003

View more

Next
  • 460
    Posts
  • 164
    Likes

About my:

アイルランドのダブリンで博士課程留学中。専門は近代アイルランド史。趣味は長い順に,読書とピアノと映画と嵐とキスマイ。Jr.の半澤暁くんも大好きです。
基本的にどんなご質問でも大歓迎なのですが,受け付けられないご質問に関してはこちら(http://mephistopheles.hatenablog.com/entry/2015/09/11/000000)をご一読ください。

Baile Átha Cliath