いくたそさん、こんにちは! 私はNEWSが6人になってからのファンです。もともと亮Pが好きでNEWSを好きになったわけではないし、4人のこと、もちろん大好きなのですが、たまにふと6人を思い出して切なくなったり、今はあまりありませんが4人でNEWSとか4+FANとか愛言葉とか、そういうのどうして6人で出来なかったんだろうって悲しくなったりしてしまいます。(もちろん4+FANも愛言葉も今は好きです) そこでいくたそさんに聞きたいです。 今も6人が好きですか? どれくらい好きですか? いつどのタイミングで、 亮PのいないNEWSをNEWSとして 受け入れられるようになりましたか? 長々とすみません。

質問ありがとうございます。
人数が減った事への気持ちと言うのは個人個人それぞれで、どの感情もだれかに間違っているとか改めるべきだとか言われるべきものではないと思うからこそ自分の中でうまく消化するしかないですよね。いつまでも寂しくなったり、ふっと悲しくなったりする気持ちはよくわかります。
愛言葉や4+FANの事が例にあがっていたのでそちらにも触れたいと思いますが、私は4人が4人だからやれることを見せてくれるのは凄く好きです。っていうのは、質問者さんが亮くん山Pが好きだったから6人を見ていたように、私はてごちゃんが好きだからNEWSを好きになったので。彼が存在する場所を好きじゃないと思う事は絶対に絶対にないのです。
4人になって、4人になったからこそできるんだと思ったというか…私が4人を見てすっごく安心したという事が1つあります。
それは、チャンカパーナの前奏で、4拍子の前奏で、1拍ずつ順番にターンした場面。
楽曲って1234、2234、3234…って4拍子で進んでいくものが多いですよね(チュムは違ったけど)
NEWSは4人になってからその4と言う人数で、楽曲の中でよく遊ぶようになったなと思っていました。4という数字をすごく主張しているなって思います。それが4人のNEWSがNEWSの在るべき姿なのだと思わせてくれるし、4人であることを本人たちが本当に大切にしているんだと感じます。
NEWSの亮くん、NEWSの山Pのファンだった方はこのことを悲しいと思ったり、モヤモヤするのだろうと思います。
ただ、なぜ4人が4人である必要があるのか。2人がいなくなったから4人なんだよね。4人は4人になりたくて4人になったわけではないのですよね。
本当は6人でもできたかもしれない、それはシゲも言っていたな。私もそう思います。
ただ、4人でできている事を6人ではできなかったNEWSは、
きっと4人が「NEWSを残したい、4人でやっていきたい」って思った時ほど強くはグループの事を想えなかったのだと思います。
後悔は失ってから大きくなるし、失ったからこそ消えないのだと思います。
私も後悔していることがあります。
読まずに捨てられたとしてもいっぱいファンレターを書いて6人のNEWSが大好きだって伝えればよかった。
ラジオにだってたくさんメッセージを送ればよかった。
私、山Pが脱退する半年前に彼のソロ魂に行ったのです。センターステージの真ん前、中央最前列でした。NEWSの6人の団扇を持てばよかったかもしれない。NEWSの山Pの団扇を持てばよかったかもしれない。次はNEWSで待っているよっていう団扇を持てばよかったかもしれない。NEWSの山Pが大好きだと伝える事はもっともっとできたかもしれない。グループにいるうちはいくらでもチャンスがあったのに。6人のNEWSが大好きだと伝える時間は5年近くもあったのに。
活動があまりに枯渇していた2011年、私は思っていました。「P亮のスケジュール合わなくて活動できないなら走魂の4人だけで活動すればいいのに」って。そんな事言うタイプのファンじゃなかったのに、どうしても限界だったから、口に出したことがありました。
そのほんの1か月後、それが本当に現実になりました。
すっごく後悔した。2人に居なくなってほしいなんて1ミリも思った事なかったのに、もう決まってしまった脱退と言う事実に自分の後悔も重なって悲しくて悔しくてしょうがなかった。
だって2人は確かにNEWSのことを彼らなりに大切にしていたと思った場面があったから。
心を開くタイミングと受け入れるタイミングがいつも合わなくてもどかしかった。
6人みんながNEWSを大切にしていたし、みんなが大切に出来ていなかった。
いつも、脱退した側だけが悪いなんて、残された人はいつも可哀想だなんて、そんなことは思っていません。
どれだけ4人になってからのファンが彼らの事をいなくても良かった人間扱いしようと、
その時代を知っているファンがどんどん少なくなっていっても、
自分だけは自分の目で見たNEWSを最後まで忘れないでいたいって思っています。
あれからいろんなことを考えましたが、私は4人が一番好きです。もうとっくに4が6を超えました。
でも6人のNEWSは大切です。
私が人生で初めて大好きになってコンサートにまで行ったアイドルです。
あの時私が見ていたNEWSは、ソロの山下智久でもなく、エイトの錦戸亮でもなく、テゴマスの手越祐也と増田貴久でもなく、ニュースキャスターの小山慶一郎でもなく、無所属加藤成亮()でもなく、みんなNEWSのメンバーだったから。
大好きなNEWSのメンバーと、そのメンバーの歩んできた時代を、一緒に見た景色を、好きじゃなくなるなんてことはありません。
最初に書きましたが、てごちゃんのいる場所を私が嫌うなんてありえないんです。
うーん、いつ4人のNEWSを受け入れたかな。
「嘘であってほしい」「戻ってきてほしい」って気持ちから「絶対に4人をもう一度ドームに立たせたい」って思うまで、そんなに時間はかからなかったと思います。
でも4人のNEWSをこの目で見るまでが長かったからな。(カウコンはあったけどさ)
その間、思い出すNEWSはいっつも6人でした。
2012年の夏、4人で真っ白な王子様みたいな恰好でファンの前に帰ってきたNEWSを見て、「ああ、あんなに泣いたのも悲しかったのも後悔も、全部全部この時の為に必要だった」「私は今NEWSのファンとして、一番幸せな瞬間を見ている」って本気で思いました。
だから、たぶんあの夏かな。
私の中の、「一生ついていきたいNEWS」が、この4人に他ならないと確信した、そんな2012年の夏です。
新曲リリース決まった日にこんなしんみりした回答返してごめんなさい(笑)!