Ask @tiseda:

博士課程に進学して研究者として生きていきたいのですが、人文系縮小でますます厳しくなっていくのでしょうか?

大学があり授業がある限りはだれかしら雇わないといけないわけで、教えながら哲学の研究をするというポジション自体は残っていくとは思います。ただ、漠然と自分の好きな研究だけしていれば評価されるというわけでもありませんし、どういう人がどういうところに採用されたかみたいなことを見て、早いうちから研究者としての生存戦略を考えるみたいなことは必要になると思います。「そういう小賢しいのがいやだから研究者を目指したのに」という人にとっては大変生きにくい時代になっていると思います。
哲学業界としては優秀な方たちにあとを継いでいただかないと先細りになっていくので、能力のある方には哲学の研究者を目指してほしい反面、とても「どんどんおいでください」と勧誘できる状況でないのも事実で、苦しいところです。

View more

ぼかして聞くけど、米国のSTS研究者も日本のSTS研究者と似てる印象なの?

英米のSTS業界は、まず科学社会学のけっこう大きなコミュニティがあって、そこに隣接領域のひとたちがどんどん合流して成長してきたものだと理解しています。そのため、今でもアクターネットワークとかの社会学の理論がバックボーンとして共有されている印象はうけます。日本のSTS業界はそれと比べると寄り合い所帯ですし、実践よりだという気がします。すべて印象論ですのであまり重きをおかれても困りますが。

View more

「メタクリティカルシンキング」とはどういうものですか?または、どういうものを構想されてますか?

『科学技術をよく考える』で紹介しているほか、「科学技術社会論とクリテイカルシンキング教育の実り多い融合は可能か」という論文の最後の方でも論じていますのでごらんになってください。
http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/153277

View more

思考プロセスのモデル化について。ご回答ありがとうございます。大変参考になりました。認識論的な議論は確かに認知科学の方が良いのかと思いました。重ね重ね申し訳ございませんが、トゥールミン『議論の技法』のような類の研究はご存知ですか?漠然と(広義での)分析哲学で展開されてないかな?などと思っています。

お探しのものはもしかしてインフォーマルロジックと呼ばれる分野ですか?
Informal logicとかargumentationとかのジャーナルがあります。
Informal Logic
http://www.informallogic.ca/
Argumentation
http://link.springer.com/journal/10503

View more

科学的議論での論理展開の正当性や人間の操る諸概念がどのような推論を許すのかという問題に関係しないとすれば、学者が提示する形式体系は何に使う物なのでしょうか?

伝統論理学でいえば推論の絶対的な正しさを保障してくれるような推論を同定することでしょうし、現代論理学はもっと記述的にわれわれが実際に行っている推論のある側面をどうモデル化するかというようなことを扱っていると思います。

View more

伊勢田先生って右翼ですよね

右利きの猫でも左利きの猫でも、倫理的に望ましい社会を作る猫はよい猫だ、という立場です。それぞれのイデオロギーにコミットしている人からは日和見主義に見えるに違いありません。

View more

シンゴジラはご覧になりましたか?

みました。いろいろポリティカルな読み方をする人がいてネット上でも議論になっていましたが、もっと素直に波動砲発射シークエンスだけで一本映画とっちゃいましたみたいな見方をしてあげるべき作品のような気がしました。

View more

金持ち8人の資産が下位50%の資産の合計とほぼ等しいんですって。人類の未来は金持ちが何に金を使うかにかかっていると思いますが、こいつらがどういう金の使い方をすべきかって倫理学から出てきますか?

8人あわせて4兆ドルというと400兆円くらいですか?日本の総資産が8000兆円とか9000兆円とかだそうなのでこの8人が何をするかよりも日本人が全体として何をするかのほうが人類の未来に影響しそうです。
それはともかくとして、一般人も含めて経済的に余裕のある人に援助の義務があるかどうかというのはシンガーの問題提起以来倫理学で論争になっているテーマの一つです。わたしには「余裕があるなら援助しろよ」という立場の方が優勢に見えていますが、その辺の判断はたぶん立場によって違うでしょう。

View more

最近のおっさん見た目が若い気がするのですが何でだと思いますか?

年相応、地位相応のものを着るという社会的な慣習がだんだんアバウトになってきているからじゃないでしょうか?でもそういう質問を自分の見た目にも気を使っていない人間にするのは失敗だと思います。

View more

なんで道徳的に邪悪な哲学者は功利主義を支持するのですか?

功利主義以外の多くの倫理学理論において、「邪悪」であることはそれ自体で避けるべきであるのに対し、功利主義は邪悪な性格や行為が本当に悪いことかどうかを吟味する別の評価軸を持っているからでしょうね。

View more

統計モデルに基づいた理論で連続値の点推定(最尤推定)を行うということをどう解釈したらいいのでしょうか。連続確率分布による誤差構造を含むモデルで「その値になる確率」はゼロにしかなりませんが、「確率密度が最も高い」と述べたところでなんだかよくわかりません。

確率論をちゃんとやってらっしゃる方におききになった方がいいと思います。私自身は、われわれが経験する世界には数学的な意味での連続値も数学的な点も存在せず、それを理想化してモデル化したものが数学的な確率論なので、現実世界では意味がわからないことがおきても別にかまわないというくらいのスタンスです。

View more

内容ではなく、論文の構成って論文の出来の評価基準に入れてもよいと思う?ぐちゃぐちゃしておらずわかりやすい構成は+1点みたいな。

学生のレポートの採点でも論文の査読でも論文のくみたて方は評価軸の一つとして私自身採用していますし採用されてしかるべきだと思います。特に、構成が悪いせいで何を論拠に何を結論しているのかが定かでないような論文はそれだけで不採用と判断していいと思います。

View more

論理体系を作る動機として、科学を実行する基礎を作ることを目指す(どの推論が科学的に正しいか?を考える)ものと、人間の思考体系の模型を作ることを目指す(人間にとってどの推論が許容可能か?を考える)ものとがありますよね? その上で、後者は哲学者よりも人工知能技術者の方が詳しいでしょうか?

「科学的に正しい」とか「人間にとって〜許容可能」という特徴づけはどうかと思います。
その上で今「科学を実行する基礎を作る」ことを純粋に目指している人は哲学的論理学者にもほとんどいないと思います。

View more

清水幾太郎先生は、首相官邸に抗議する際、官邸の門に体当たりして「大学教授のお通りだ!」と言ったそうですが、同じことを言ったことありますか?

知らなかったエピソードを教えていただきありがとうございます。言ったことがありそうだと思いますか?

View more

ブラントの例外条項って規則帰結主義のシンプルさという魅力を削いでしまうん?

しまうんじゃないですか。新しい要素を入れれば入れるほど直観にたよる箇所が増え、それだけ体系の恣意性が高まってしまうんじゃないでしょうか。

View more

メタクリティカルシンキングの質問をした者です、もし面と向かって「〜影響力があったならよかったですね」と答えられたら殴りかかっていたと思います。他人の気持ちを忖度するのは苦手ですか?

こういう場ですので、本当に額面通りのことを思って質問してこられる方と、「伊勢田の反応を見てやろう」というような感じで質問してこられる方と、いろいろいらっしゃいます。ご質問は内容から判断して後者だろうと思ってそれにあわせたお答えをしました。本当になにかわたしの本が直接影響するような形でつらい思いをされて質問してこられたのでしたらすみません。

View more

反出生主義において,同性愛は異性愛よりも倫理的なのでしょうか。

べつにどっちがどっちということもないとおもいます。同性愛カップルが代理出産を依頼することもあれば異性愛カップルが子供を持とうとしないこともあるでしょうし。

View more

Next