憲法思想史を勉強したいのですが、何から読めばいいでしょうか?

 とりあえずは岩波文庫とかの世界憲法集をご覧になって、日本国憲法との違いをざーっと比較してみるといいんじゃないでしょうか。特に他の国の憲法では「何が書かれていないか」に注目してみるのがいいかもしれません。そうすると、現在いろいろいわれている「立憲主義」がそこまで自明でもないというか、少なくともいろんなあり方があるというのがわかるのではないかと思います。
 
 あとはできるだけ比較憲法的なものがいいと思いますが、入手しやすいものだと、阿川尚之『憲法で読むアメリカ史』(筑摩書房[ちくま学芸文庫]、2013年)がとてもすばらしいです。独仏でもこういう読みやすいものがあるといいんですが、かなり専門的な研究書が多くなってしまいます。入門的なものだと、樋口陽一、辻村みよ子、君塚正臣、塩津徹といった各先生が比較憲法の教科書を書かれていますので、そこからいろいろたどってみるのがよいのではないかと思います。
 日本の通史的なものだと、長尾龍一『日本憲法思想史』(講談社[講談社学術文庫]、1996年)が入手しやすい良書です。あとは信山社から出ている「日本憲法史叢書」で高見勝利先生や大石眞先生のご研究がとてもエキサイティングですが、このあたりはかなり本格的にのめり込みたい方向け。
 現代的な思想課題と立憲主義との緊張関係を問題にするものとしては、『岩波講座 憲法』(岩波書店、2007年、特に第1巻・井上達夫編『立憲主義の哲学的問題地平』、第6巻・長谷部恭男編『憲法と時間』)や、『講座 人権論の再定位』(法律文化社、2010年)などがありますので、ご関心に応じてどうぞです。

View more