小選挙区制についてどう思いますか?中選挙区制の方がよかっという意見を時折目にするのですが

 ちゃんとした二大政党制を根付かせるためには必要なんじゃないかなあ、と考えています。日本にそんなものができるのか、というと、いまの民主党の状況とか考えると悲観的になるかもしれませんが、イギリスの労働党なんかも一時はとてもかわいそうなことになっていたのが持ち直しましたので、数十年のスケールで考えていくのがいいでしょう。福祉国家的「大きな政府」派と都市型リベラル的「小さな政府」派がうまいこと競争するのが最も健全であろうと思っています。まあ、行きつ戻りつしつつも、おおまかにはそんなふうにまとまっていくんではないでしょうか。
 中選挙区制や比例代表制によって多様な民意を幅広く反映させるのがいいかというとまあ、日本人はいろんなものがちょっとずついっぱいあるコンビニが大好き♪みたいな感覚でなんとなくいいことだと思う人も多いようですが、そうすると考え方のまるで違う党が離合集散を繰り返す連立政権ばかりになって、政治がすごく不安定になります。とはいっても、あんまり理念的に一貫した決定をされるのは逆に怖いから、ぐだぐだの妥協を延々と続けていくのが大人の政治である、というのもわからなくもないのですが、まあどうなんでしょう。日本の政治状況って、そういった「理性の狡知」に期待せざるをえないほどに利害対立が多元的に解きほぐしにくいようなものになっているかというと、それほどでもないんじゃないでしょうか。
 しかし、小選挙区制だけだと、3割ぐらいしか得票してない党が議会の3分の2をとってやりたい放題やって怖い、というのも理解はできますし、問題の種類によってはそうした横暴?を防ぐ仕組みを作っておく必要もあるかもしれません。憲法改正に高いハードルが課せられているのはその典型ですし、あるいは他にも、参議院を単なるカーボンコピーではなく良識の府として再生させる(決定権を弱める代わりに権威を高める仕組みをうまいこと作る――どうやって?)とか、心配な人は「安全弁」をどうするかという制度構想をもっと積極的に打ち出していくのがいいんじゃないかと思います。

View more

Ask @tkira26:

About 吉良貴之@法哲学:

プロフィール
http://jj57010.web.fc2.com
主なQ&Aまとめ
http://jj57010.web.fc2.com/askfm.html

池袋