好きな実定法は?

.社会的に「重要な」ということだったら、かなりの法哲学者は「民法」と答えるんじゃないかしらん。私的な権利義務関係にデフォルト・ルールがあるのはやはり大切。あとは、多種多様な利害関係者のあいだで落とし所をはかっていく手続法にこそ法の真髄が現れる、みたいに考える人だったら民事訴訟法とか行政法をあげるかもしれない。一般の方が重要な法律としてイメージする憲法や刑法をあげる方は、おそらくかなり少数だと思います。
.個人的に「好きな」実定法、ということだったら、別に法律に好きも嫌いもないんですけど、勉強していて面白かったのは手形小切手法ですかね。いまどき手形なんて、というのと、さらにそれが転々流通してわけのわからないことになっていくなんて事態がそうそうあるわけないんですけど、にもかかわらず、というか、そうであるがゆえに、というべきか、むやみやたらに思弁的な論理体系が構築されています。二段階創造説とか、楽しいよ、楽しいよ。このへん好きな法哲学者はわりと多いみたいですね。ほかは普通に(?)憲法とか刑法総論をあげる人が多いんじゃないかと思います。

View more

Ask @tkira26:

About 吉良貴之@法哲学:

プロフィール
http://jj57010.web.fc2.com
主なQ&Aまとめ
http://jj57010.web.fc2.com/askfm.html

池袋