最近聞くようになった「リバタリアン・パターナリズム」とはどのようなものなのですか?一般的なリバタリアンなどの間でも評価は高いのですか?それとも生粋のリバタリアンはこんなのリバタリアンじゃないと反発していますか?吉良さん自身はどう評価しますか?

.たとえば食堂で野菜を前のほうに置いておくと、みんな無意識に野菜をたくさん食べて健康!とかそんなのです。「おら、肉ばっか食うな、野菜食え」と強制しているわけではなく、あくまで自由な選択に任されているからリバタリアンでありつつ、でも本人にとっていいことが実現されやすくなっているのでパターナリズムでもある(それは両立する)、という主張ですね。食堂の野菜の例は卑近すぎるかもしれませんが、行動経済学とかの知見が積み重なっていくにつれ、日常生活のありとあらゆるところでそういった無意識の誘導が可能になっています。これって「自由」を侵害されてないの?というのはどうしても問題になるところですが、さてどうしたものか。
.より立ち入った検討としては森村先生によるものがよいと思いますが*、先生はこれをリバタリアンとしてわりと好意的に捉えていらっしゃいますね。これはリバタリアン的に保障すべき自由が消極的自由(他者からの意図的な侵害がない状態)に限定されているためで、リバタリアン・パターナリズムはそれを侵害しているわけではない(強制しているわけではない)から、ということになります。ただ、いくら選択の自由があるとはいっても、無意識の部分で操作されていて事実上それが骨抜きになっているとなると、ちょっとそれはどうかね、と思うリバタリアンも多いでしょう。わたしもちょっとそれはイヤだな、と思いますが、それへの対策として考えられるのは以下の2つなど。
.1) リバタリアンが保障すべき「自由」概念が狭すぎるからそういった問題をうまく扱えないのであって、そんな古典的な消極的自由ばかりでなくてもっと、事実としての自律が実現されているかどうかといった積極的な再定位をなしていくべきではないか、というもの。これはこれでありだと思いますが、リバタリアン的には危険な滑り坂のようでちょっと慎重に考えたいところ。次に、2) 事実としての自律とかそういうのはリバタリアンが直接に論じる対象ではない、と放逐するもの。もし、リバタリアン・パターナリズム的なものによって無意識に侵害される何かがイヤであるならば、それはあくまで社会運動として、こんなアーキテクチャによって我々はじわじわ支配されているぞ!というのを啓発していくべきだと考えるわけです。これは自由概念の変更なしにできるのでリバタリアン的に穏当だし、そうやっていろいろ告発していくことは現実にけっこうできます(あの店、椅子を硬くして早く帰らせようとしているぞ、とか)。
.おそらく問題はこの先で、こうしたリバタリアン・パターナリズムというかアーキテクチャ的支配は、誰かが何か操作しているというのがわかるうちは、1)2)の戦略も相応に有効なんですけど、こういう支配のえげつないところは、そもそもそういった「操作されてる感」そのものが生じないように目指されているところなわけで、そうするともう最初から負けを運命づけられた絶望的な話になってしまう。あるいはもっといって、誰が何を操作しようとしているかわかるうちはまだしも、やがてその意思が忘れられたり、アーキテクチャそのものが自己増殖したり複合的に作用したりして当初の意思から離れた場合、そうしたビッグブラザーなき後のトマソン的支配に我々は何か有意味な抵抗ができるのか、というのは相応の難問ではないかと思います。抵抗しなくてもいいかもしれないんだけどね。というか「トマソン的支配」って言いたかっただけのところもあるんだけどね。ラララ。

* 森村進「キャス・サンスティーンとリチャード・セイラーの「リバタリアン・パターナリズム」」、一橋法学7巻3号、2008年
http://ci.nii.ac.jp/naid/110007620125

View more