「現行憲法はGHQからの押し付けだから改憲すべき」という議論はもう古いですか? 個人的には「押し付けかどうかに関わらず、憲法それ自体としての良し悪しで判断するべきだ」という反論で納得してしまっていますし、あたかも押し付け憲法論者の人たちもそこを乗り越えられず衰退して行ったかのような印象を持っているのですが、そんなことは全然ないのでしょうか?

小野文良

.制定後70年だかにわたってずっと「追認」されてきたという事実でもってそうした原初の瑕疵は治癒されたと思うので、私はそういう主張を支持しません。が、「押し付け憲法論」が定期的に出てくるということは、「内容はともかく」、GHQに押し付けられたという一点をもって現憲法の正統性に「やましい」ところがあるというのが相応の説得力を持ってしまっているのでしょう。だから、内容どうでもいいんでとにかく「自主憲法」の制定を、と考える人がいるわけですね。
.自民党改正案を見てみれば、現行の日本国憲法にいろいろ些細な付け足しをした程度で、内容的にはまるでやる気がありません(立憲主義を否定するとかそんなたいそうなものではまったくない、ただ稚拙)。しかし、とにかく自分たちの手によって作り上げた、という手作り感がほしいわけで、それは憲法が「自分たちのもの」として受容されるにあたって無視できない重みを持つわけです。
.そんなふうに、「そもそも内容で勝負してない」主張に対しては、憲法それ自体の良し悪しで判断するべきだというのはあまり有効な反論になりにくいですね。だから、制定過程をよくたどってみれば日本側もだいぶ抵抗してGHQ案を修正させているし、そもそも現憲法の内容はいきなりGHQに押し付けられたものではまったくなく戦前の日本思想史のなかにそれなりに萌芽があったとか、「そもそも押し付けじゃないし」で反論するのも大切かと思います。なのに押し付けとか言ってる人は、そのへんの先人の努力を無視しやがってそれでも愛国者かコラ、とかそんなふうな。戦後70年の「追認」の努力もなんとこころえる。
.とはいってもこれ、だいぶややこしい話になってくるので、「押し付け憲法論」のスピード感にはなかなかかなわないところがあるのは否めないですね。なので、そういう反論を地道にしつつ、一方でもうちょっとキャッチーでリアルな護憲論も模索されていいんじゃないかと思います。

View more