留年を繰り返してしまったのですが、この後人生、やり直す事が出来るでしょうか。

.大学院に長いこといて「留年?何それ?」状態を経験した身からすると、学部の留年なんてどうってことないです。いやほんと。日本社会は伝統的に留年にはあんまりうるさくないので、何かやりたいことがあったとか、なくて自分探ししてたとか、うまいこといえばいいです。
.留年はそんな具合でダメージが少ないのですが、卒業した後に空白の期間ができてしまうとちょっと状況が厳しくなってきます。どうしても「新卒一括採用」至上主義みたいなところは残っていますからね――とはいっても、最近は卒業後3年以内は新卒扱いにするとかいうのもあって(これどこまで守られてるのか疑問に思わなくもないですが)、以前よりはマシになっているとは思います。
.新卒でなくなってからであっても、雇用の流動性は年々高まっておりまして、どこの企業も新卒だけ採用してどうにかなる時代でもなくなってきています。なのでまあ、そこまで悲観的にならないで、けっこうやり直しはきくもんだ、と思っておくほうがいいです。
.……いや、教える側の立場からすると、別に悲観的になんてなってないしぃ、親もまだ元気だからなんとかなるっしょ、というふうに人生ナメている若い人のほうが目につくので(例:大学院に行くなど)、そういうときはもうちょっと厳しく考えてくれと言いたくもなります(自分がナメてた側なのであまり説得力はないのですが)。なので、そんなふうに危機感をお持ちということは、それよりはずっと望みがある状態であると思いますよ。

View more

hyuntaro@hyuntaro
halt@yuanshanlong