英語が苦手で色々な場面で苦労しているのですが、吉良先生は語学をどのように身につけられたのでしょうか?

.聞いたり話したりは苦労しているので特にアドバイスというほどのものもないです。何はともあれ毎日一定時間、英語に触れるのが大切なんじゃないでしょうか。たとえば TED はいろいろ面白いので、私はできるだけ毎日、何本か見るようにしています。英語字幕がついているので、よくわからない部分を確認できるのがいいですね。あと、仏独だとどんなふうに言うのかすぐわかるのもいいです。プレゼンテーションの参考にもなりますし。
.読んだり書いたりはなんだかんだで大学受験の勉強の延長上にあります。『英文和訳演習』とか、ありとあらゆるややこしい文章を取り上げてて、上級編ぐらいになると大学受験にはぶっちゃけ必要ないんですが、あれぐらいの文章の文法を全部解読できるぐらいになれば学術論文を読むにあたって不自由はないでしょう。そんなふうにいうと、え、そんなものなの?と思われるかもしれないのですが、研究者でも意外と、細かい文法とか気にしないでいい加減に読んでいるものなので、やはりきっちりやっておきたいところです。これは TOEIC や TOEFL のための勉強のようなスピードが求められるものだとなかなか身につかないんですね。昔ながらの文献購読ゼミみたいに、1日かけて数行しか進まないようなみっちりした読解を人生のどこかでやっておくのもいいんじゃないかと思います。もちろん、それはあくまで研究者向けの話であって、どういう英語能力が必要かによって勉強法はそれぞれでしょう。

View more

hyuntaro@hyuntaro