法解釈って何ですか?条文をそのまま適応したらダメなんですか?解釈とか恣意的で危険じゃないですか?

.よく使われる例でいいますと「この公園で乗り物は禁止です」と書いてあったとします。自動車やバイクはまあ、誰が考えてもダメですよね。自転車だとどうか。大人用のだとダメそうですが、子ども用の補助輪付きとか三輪車だと別にいいかもしれない。乳母車や車椅子だと、こういう場合の「乗り物」には通常は含まれない。といった感じで、いろいろありうるわけです。乗り物禁止の目的も、子どもがたくさんいるから危ないといったことかもしれないし、芝生を保護するための一時的なものかもしれない。そういう背景によってまた、OKな乗り物とそうでないものが違ってきたりもする。
.こういうの全部、あらかじめ書いておくのは膨大になって不可能ですよね。ちょっと微妙な例になるともう、そのままの適用というのはできません。そこでは法の趣旨や目的を踏まえ、個別の事例に当てはめられるかどうかをその都度、考えないといけないわけです。これが解釈ということでして、この例は単純ですけれども、もっと複雑な例でも基本的には同じです。
.法解釈に客観的な「正解」がありうるか、あらゆる法解釈は結局のところ恣意的で主観的なものではないか、というのは法理論上の大問題で、すぐに答えが出るものではありません。しかし、現実的にはめちゃくちゃにバラバラになることもそうそうなく、私たち(少くとも法律の専門家)は解釈のための一定の「枠」を共有しています。乗り物の例だと、自動車やバイクは明らかにダメだろう、というのを共有しておけば普通はそんなに困らないわけですね。なので、理論的には確かに大問題だけれども、現実的に本気で困ったことになる例はそこまで多くない、ということでよいかと思います。

View more