「民主主義」という訳語はおかしい、間違っているという説は完璧に正しい説なのですか?それとも誤った俗説の類、あるいは有力説に過ぎない一つの立場という感じですか?外国では絶対に民主主義を主義としては扱っていないのですか?本当に明らかに間違いであるなら、これほど民主主義という用語が専門家の間でも使われているのは奇妙すぎる気がするので気になっています。

.「たまにそんなこと言う人がいる」という程度だと思います。政治体制を指す場合の民主主義は資本主義とかと同様のシステムとしての意味であって、主義主張の意味で捉える必要はありません。主義主張としての民主主義の場合は democracy ではなく democratism というべきという人もいますが、まあ、意味ははっきりしますがそんなに一般的な用語法というわけでもない。英語で democracy というときには政治体制としての意味と主義主張の意味がわりと混在していますし、むしろそのはっきり分けられない感じこそがこの概念の特色だろうと思います。
.文脈的にどうしても意味をはっきりさせたい場合には、政治体制を指す場合には「民主制」「民主政」などを使い、主義主張の場合は「民主主義」にするという使い分けもできますが、あまりやりすぎると democracy の多義性をむしろ殺いでしまうようにも思います。だからよほど文脈が限定されている場合を除けば民主主義でいいです。

View more