いつも先生のツイートを、楽しく読ませていただいております。ありがとうございます。 質問させていただきたいのですが、各種の面接や学会報告の際に受ける質問に、上手く応答するコツなどはありますでしょうか。想定外の質問をされると、頭が真っ白になってしまうことがあります。やはり、事前にできるだけ想定問答集を作っておくほかなのでしょうか。 どうぞよろしくお願いします。

.こちらこそありがとうございます。面接とか質疑応答はどうしても慣れなので、場数をふむのがやっぱ大切でしょうね。私も話下手でどうにもならんという自覚があるので、ここ数年は学会発表ほか、人前で話す機会を猛烈にたくさん作って経験を積んでいます。結果的にはまあ、以前よりはうまく話せるようになったのではないかと思っていますが、まあ、まだまだ鍛錬です。
.ほか、いろいろ方法はあると思います。
.1) うまい人のをとことん真似る:いろんな集まりとかで上手に答えている人のやり方から勉強するのがやっぱ有効です。できればそういう人と知り合いになって小一時間、問い詰めてみるのもいいんじゃないかと思います。
.2) 持ちネタを作る:想定問答集を丁寧に作るのももちろんいいと思いますが、あらかじめあらゆる質問に用意するのは無理ですよね。あまりそうしてたらかえって、考えてない質問がきたときにパニックになることもあります。なのであまり無理をせず、「どんな質問がきても強引にこっち方面にもっていく」という必殺ネタをいくつか持っておくほうが強いんじゃないかと思います。多少ズレていようとも、自信たっぷりにこじつければ案外いけるものです。
.3) 言葉の言い換えを上手にする:「ネガポ辞典」みたいなのってとても有効です。ちょっと自信がない話になるとついついネガティブな言葉を使ってしまいがちですが、そんなときにすかさずポジティブな言葉に変換すると印象がまったく違います。あるいは相手からキツめの質問をされた場合でも、それを単にポジティブな言葉に言い換えるだけでもそれなりのうまい返答になったりするものなんですよね。
.パッと思いつくのはそんなとこです。まあ、このへんはぶっちゃけ小手先のテクニックなので(もちろんそれは大切ですが)ちゃんと中身のある話ができるようにふだんからいろいろストックしておきましょう、という正論でまとめ。

View more