ノージックの晩年についてまとまった文献があれば教えてもらえませんか?アナーキー国家ユートピアの後、政治哲学を離れて、晩年には相続税の強化を主張してリバタリアニズムを否定した。というような解説を図鑑で読み気になりましたです。又、別の質問ですが、実際ノージックはリバタリアニズムから脱却したのですか?それとも最小国家より少し後退して単に相続税の強化を主張しただけ?(相続税の強化だけを理由にアンチリバタリアニズムというなら森村進はどうなるのでしょ…。)

.ノージックだからといってアナ国ばっかり論じるのは芸がないぜ、ということで最近はそれ以降の著作にも焦点をあてる研究書が何冊か出ています。ただ、後期の認識論的な仕事などは、それはそれで検討に値するものだと思うのですが、リバタリアンな政治哲学との関係がどうかはよくわからないので、どの本もそんなに突っ込んで書いてない印象です。
.ノージック自身の著作で多少、政治的なことも書いてあって、しかもあまりリバタリアンぽくない本としては 'The Examined Life,' 1989(井上章子訳『生のなかの螺旋――自己と人生のダイアローグ』青土社、1993年)があるんですが(ここに相続税の話あったかな??)、これはどちらかというとかなり一般向けのゆるい哲学エッセイといった感じで、特に体系的でもないので、ここに書いてあるリバタリアンぽくない話でもって「転向」うんぬんしても仕方ない感じ。それ以外の本でもそれはほとんど書いてありませんので、後期ノージックの政治哲学的立場は「よくわからない」し、ロールズのように体系的な著作を残していない以上、立場が変わったかどうかにたいした意味はない、と思っています。
.ノージックの伝記的な話としては、そもそもあんまりリバタリアンとか考えてる人ではなかったようですね。学位論文は科学哲学者カール・ヘンペルのもとで 'The Normative Theory of Individual Choice,' 1963 というものを書いていて、これは題名から想像されるほど normative なものではなく、ヘンペルの議論(選択の「科学的」合理性うんぬん)を批判的に継承するものだったようで(未読)、後の 'The Nature of Rationality’, 1993 につながる話みたいです。
.政治的なことについては、当時のノージックははっきり社会主義への傾倒を示していたようで、著作として残してはいませんが、ノーマン・トーマスとかが活躍していた当時のアメリカ社会党(Socialist Party of America)に参加していたとのこと。しばらくはゴリゴリとそんなことしていたようですが、やがてブルース・ゴールドバーグとかマリー・ロスバードといったリバタリアン or アナーキストと個人的な親交をもつようになって、なんとかこいつらをやっつけてやろうと頑張るようになったんですが、最終的にはやっぱこれいいじゃん、という感じで「転向」してアナ国を書いたとのこと。でもなんかノージックとしてはこれはそのへんのサークル活動にケリをつけるための単発的な仕事という意識が強かったらしく、「続編」みたいなものを書くつもりはまったくなかった、自分はもっと哲学的なことをしたかったんだ、なんてことが最晩年の 'Socratic Puzzles,' 1997 には書かれています。なので、ノージックのキャリア全体からすればむしろアナ国だけぽかっと浮いてる変な本、ぐらいの捉え方のほうがいいのかもしれない。

View more

Ask @tkira26:

About 吉良貴之@法哲学:

プロフィール
http://jj57010.web.fc2.com
主なQ&Aまとめ
http://jj57010.web.fc2.com/askfm.html

池袋