法哲学とか政治哲学について、役に立たないことがいいんだ的な擁護は吉良ぴょんからみてどうですか?

.あえて強めのこと言いますが、迷惑です。役に立たないんだったら、「法学部離れ」がさんざん喧伝され「実用的な」科目へのテコ入れがなされるなか、あっさり切られてしまうでしょう。
.私の法哲学や法思想史の授業では、法学部での他の科目、特に憲民刑など基本的な法律科目の論点を新しく捉え直して理解を深めてもらうことを強く意識しています。また、各法律科目や、政治学・経済学など他分野とのリベラルアーツ的なつながりを作っていくとか、あるいはもっと大きくいうと、誰も疑わないようなことについて突飛な発想をどんどんぶつけ合って議論慣れしてもらい、クリティカル・シンキング的な能力を育んでもらうようにもしています。そうしたことは法学を学ぶうえで、あるいは社会に出て広くいろいろ考えていくうえでとても「役に立つ」ことだと思っていますし、法哲学は法学部のなかでそれが自由にやりやすいポジションにあるのですから、その役割を積極的にアピールしていくべきだと思っています。
.政治哲学についてはまた微妙に違った役割があると思いますが、直接の専門ではないのでコメントを控えます。

View more

Ask @tkira26:

About 吉良貴之@法哲学:

プロフィール
http://jj57010.web.fc2.com
主なQ&Aまとめ
http://jj57010.web.fc2.com/askfm.html

池袋