法概念論が不毛は言い過ぎですが、こんなに争う必要があるのか、争って何かそんなに良いことがあるのか、擬似問題に過ぎないのではないか、もっと簡単に考えられないのか、そもそもあんまり面白くない、と思ってしまいます。他のテーマは違います。法概念論の魅力や意義は何ですか?

.記述的なこととしては、人々は「法」という名のもとに本当にいろんな営みをしているわけで、そこの共通する特徴とかを見出して上手に説明するのはやはりそれ自体として面白いんじゃないでしょうか。もちろん、昨今の法実証主義論争のようにあまりにテクニカルになると何をしているのかわかりにくいんですが、少なくとも、ハート『法の概念』やドゥオーキン『法の帝国』のような画期的な著作は「法」というものの見方を一変させうる知的刺激に満ちたものだと思います。
.他のテーマは違うということなので、正義論などはもっと面白いのに、ということだと想像しますけど、最近の若い法概念論は多かれ少なかれ規範的な話とのつながりも意識されています。何が「法」である(べき)かという問題は、裁判官や立法者にそれぞれどういう正統な役割が期待されているかという問題と表裏一体ですし、ひいては(民主的な)政治過程をどんなふうに構想するかという話にもつながります。これは正義論単独でやってもいいといえばいいんですが、「法」とは何かという相当に抽象的な問題と、そういった具体的な政治構想を一貫して論じられるところが法哲学の面白いところではないかなあ、と私としては思っています。

View more

Ask @tkira26:

About 吉良貴之@法哲学:

プロフィール
http://jj57010.web.fc2.com
主なQ&Aまとめ
http://jj57010.web.fc2.com/askfm.html

池袋