ロールズに始まる正義論って法哲学のトピックというより政治哲学っぽいと思うんですが。あれは、法は如何にあるべきかをテーマとしてるって考えればいいんですかね?なんだか正義の二原理とかの説明を読んでいると政治体制の話をしているように感じられて、政治哲学色が強いのかなぁと思ってしまいます。もっとも法哲学、政治哲学の区別が難しいのかも知れませんが。

.政治体制といってもロールズの場合だと、あるべき「憲法秩序」がどういうものかという議論に落とし込まれるわけで、そこだけでも法哲学的な要素が大きいでしょう。もちろん、そうした議論の過程で「正義」「権利」「自由」「善」といった法的に重要な概念の分析も同時になされていまして、そこはやはり法哲学的な議論の蓄積が生きてくる話になります。その他、メタ倫理学的な話もあれば合理的選択理論のような話もありまして、議論が多岐にわたっていますので、どの分野とか分類することにそれほど大きな意味はない、というところではないかと思います。これはロールズだけでなく、ノージックとかサンデルといった「ほとんど政治哲学っぽい」学者たちについても同様です。
.そして、これはかなり日本特有の事情になりますけど、日本の法哲学者には早いうちからそういった広い分野をカバーして積極的に取り組んでいる方が多かったーー具体的には、70年代に田中成明先生たちが切り開き、80年代に碧海門下の井上達夫先生前後の先生方が議論を一気に盛り上げたーーので、ロールズ以降の正義論のかなりの部分がまず法哲学者によって紹介された、という歴史的経緯もあるかと思います。このあたりは世代的な層の厚みという、多分に偶然的な事情もわりと大きいところです。こういった先生方が法哲学でなく、政治哲学や倫理学に進んでいたならば業界の事情も変わっていたかもしれません。

View more

Ask @tkira26:

About 吉良貴之@法哲学:

プロフィール
http://jj57010.web.fc2.com
主なQ&Aまとめ
http://jj57010.web.fc2.com/askfm.html

池袋