Ask @toruoga0916:

教育学部出身が国際政治を大学院で学ぶっていうのは、難しいんですかね、、、

どうでしょうね。何を学ぶかにもよりますが、テキストは体系化されててわかりやすいと思うので、他学部から大学院に進んでもそんなに苦にはならないと思います。逆に外国語(とくに英語)に抵抗があると厳しいのかなと思います。

View more

お忙しいところ失礼致します。国際政治学を学ぶ学生におすすめの論文(日本語あるいは英語)がありましたから、教えていただけますでしょうか。

下位分野が分からないとなんとめおすすめしづらいのですが、『日本の国際政治学』(全4巻 有斐閣)、『講座国際政治』・『国際政治講座』(いずれも東大出版)あたりに入ってる論文を読んで土地勘を掴んでみると良いかもしれません。

View more

先生が取り組んでいらっしゃる科研費の改善、個人的には大賛成なのですが、国の取り決め(?)がSNSを通じて変わっていくのは問題ないんですかね。手続き的なスキップが生じると、科研費のようないい改善もあれば、改悪も容易に起きる気がして。

国の取り決めは実際には立法機関や行政機関での精査を経て変更されていくので問題ないのでは。

View more

お忙しいところ、すみません。最近、学会に参加してみたいと思っているのですが国際政治学に興味がある人におすすめな学会はありますでしょうか?

王道は国際政治学会。あとは国際法学会、国際安全保障学会、グローバル・ガバナンス学会、アジア政経学会、日本政治学会、平和学会、EU学会、アメリカ学会などをお好みに合わせて。

View more

国際情勢の情報を海外のサイトから集めたい場合、有名なのはやはりBBCやCNNなどですか?ほかにおすすめがありましたら、教えていただけると幸いです。

BBCは別格という気がしますが、ニュースという意味ではあとはGardianとかですかね。若干学術的な内容にもなりますが、Carnegie Council, Foreign Affairs, Foreign Policyなども良いと思います。

View more

学生のうちに学んでおくほうが良いと思う外国語はありますか?また、外国語以外にも学んでおいたほうがいいものがありましたら教えてください。

お返事遅れました。外国語は英は必須で、仏独伊中韓のどれか1つくらいという感じでしょうか。外国語自体というよりは外国語で書かれた情報に接することが大事だと思います(情報源を複数持つという意味で)。それ以外のスキルという意味では、(専攻分野にもよりますが…)①法律(条文、法案の読み方)、②統計、③あるいはもう少し広い意味での社会調査のうち、どれか1つといったところですかね。これはどういう進路に進んでどういう専門性を武器にしたいのかにもよります。

View more

大学(学部)の偏差値と業績は関係あると思いますか?

実際業績出せるかどうかはさておき、偏差値の高い大学は校務が緩い場合が多いので、「業績を出しやすい環境」にはあると思います。まあ旧帝大クラスの大学であまり業績出てないとΣ( ̄ロ ̄lll)ガビーンとは思いますが…。

View more

研究者になるには年齢は重要ですか? 修士まで取って民間企業に行ったのですが再勤務、アカデミアに進みたいと思うようになり悩んでいるところです。 関心分野は国際開発です。

弊分野の一般論として言えば、35歳くらいまでには博士号が欲しいところですが…そうではない例もそれなりにあるのであまり悲観することもないのかなと思うのと、開発系だと実務の方が多いのでますます年齢は関係ない気もします。

View more

学者になってよかったですか

他の職業を経験したことがほとんどありませんので判断が難しいところですが、なんでもそつなくこなすというタイプではなく、好きなこと/嫌いなこと、得意なこと/苦手なことの差が激しい人間としては、まあ落ち着くところに落ち着いたかなという気がしています(学者は総合評価ではなく、一点でも他者より秀でている要素があればそれが評価されるという世界だと思うので、そういう意味では良かったと思います)。

View more

国際政治学の勉強をする際、洋書のほうが良いでしょうか?また、おすすめの洋書の教科書等がありましたら、教えていただきたいです。

お返事遅れすみません…。ざっと教科書ということで言うと以下のような感じでしょうか。前半4つはアメリカ文脈、後半はイギリス文脈です。
・Joseph Nye, Understanding International Conflict (Longman)
・Paul Viotti and Mark Kauppi, International Relations Theory (Pearson)
・Robert Jervis and Robert Art, International Politics: Enduring Concepts and Contemporary Issues (Pearson)
・Karen Mingst and Jack Snyder, Essential Readings in World Politics (W W Norton)
・Chris Brown, Understanding International Relations (Palgrave)
・Richard Little and Michael Smith, Perspectives on World Politics (Routledge)
・Tim Dunne, Milja Kurki, Steve Smith, International Relations Theories: Discipline and Diversity (Oxford U.P.)
・Martin Griffins, Steve Roach, and Scott Solomon, Fifty Key Thinkers in International Relations (Routledge)
・Cynthia Weber, International Relations Theory: A Critical Introduction (Routledge)

View more

プーチンを山口県に招く利点はどう言った点があるとお考えでしょうか。

トランプのNY自宅訪問、プーチンを地元山口へご招待はいずれも親密さと連帯を国際社会に印象付けるという狙いがあると思いますが(安倍さんにとっては…)、トランプ、プーチンともに利害関係をドライに計算するタイプなのであまり意味があるとは思えません(逆にメルケルやクリントンだったら多少は意味があったのかも…とは思います)。また諸外国(EUとか中国)がプーチンの山口訪問を何らかのシグナル、メッセージと捉えて行動様式を変更する可能性もかなり少ないと思います。

View more

Next