PLSではどんなときにうまくいって、どんなときにうまくいきませんか?

PLSでは、説明変数の間に強い相関関係があったとしてもそれを少数の互いに無相関な成分で表現してから、目的変数との間で回帰を行います。よって、説明変数の間に相関関係があった場合でもうまくいきます。
しかし、説明変数の中に目的変数と関係のない変数があった場合、PLSではそのような変数でも多少なり目的変数との間の回帰のときに影響を与えてしまうため精度が悪くなる危険があります。
またPLSでは説明変数と目的変数との間の非線形を表現できません。
なので、不要な変数が説明変数の中に含まれるときや、説明変数と目的変数との間の関係が非線形のときにはPLSはうまくいきません。

View more