「コピペだけで15の変数選択手法を一気に実行して結果を比較する! (R言語)」を購入しました。ソースを見ると連続量に対する手法が中心だったのですが、2クラス分類やカウントデータの回帰のための変数を選択できるよう、何か工夫できないでしょうか。ロジットモデルや負の2項回帰で適用したいと考えております。

Takamichi Yanai
ご質問ありがとうございます。
またこのたびはプログラムをご購入いただき感謝致します。
2クラス分類やカウントデータで利用したいとのこと、まず2クラス分類では、2つのクラスを 0 と 1 で表現することで、今回のプログラムにより変数選択することが可能です。
次にカウントデータのとき、まずは値の範囲が 0 から 1 になるように変数変換してからロジット変換したものを目的変数にすることで、今回のプログラムで変数選択できます。
よろしくお願い致します。

View more