@wadamo949264

もこう

What others replied to:

浅い人間で、浅しことしか感じられず、薄っぺらい言葉しか語らえない人間は、どのような事をしたら思慮深くて、聡い人間になれるのでしょうか?

show all (14)

自分がそうだと思うなら、本を読むのが良いと思いますが時間はかかります。他人に対してそう思うなら余計なお世話ですね
二人は通信できなければなりません。 言葉ではない場合は、何か他のもの。 しかし、彼らは道を見つけなければなりません。
意外と思われるかもしれませんが、映画や舞台をたくさん観ることや小説を読むことで大きく変わります。
浅い範囲で生きているというのは、イメージで言うと受けたボールをそのまま跳ね返している状態です。
逆に深い範囲で生きているというのは、相手がキャッチしやすいように投げ返したり他の誰かに手渡ししたりボールに空気を入れたりすることです。
そのために必要なのは相手や状況を目に見える範囲の外側まで想像することです。
突然「想像してください」と言われても
ボールを投げてきた相手が、足をくじいてる、右目だけ視力が弱い、2歳半の子供、車椅子……とか簡単に思いつかないじゃないですか。
そういう可能性があるという具体例をたくさん知ることが想像の種になります。
たとえば授業中に居眠りをする高校生がいるとしましょう。原因を想像してみてください。
昨日夜遅くまでゲームor勉強をした、部活の朝練が早かった、プールあとの授業だった、成長期、色々考えられますね。
小児がんの後遺症の可能性は想像できましたか。
小児がんの後遺症として疲れやすいというのがあります。1日の授業をすべて受けるのが難しい人もいます。
彼らは怠けているように見られることが多いのだそうです。「目に見えない」疲れやすさを想像すること難しいですね。
話を戻します。
映画や舞台、小説には物語や人生、感情がたくさんあふれています。
自分の人生には起こらないことがたくさんあります。
自分の生きている範囲の外側に目を向けることになります。
沢山のものに触れてください。
楽しいものからシリアスなものまで。
シリアスなもので心が痛むことがあるでしょう。
その心の痛みは傷となって、心のひだになります。
心のひだが深いものを受けとめるのです。
個人的に舞台の観劇は心がとても大きく揺さぶられるなぁと思います。
その時その場でしか感じることのできない空気の振動や緊張感があります。
今は配信もありますができることなら生の舞台がいいです。
さらに個人的オススメは宝塚歌劇団の上田久美子先生の作品です。「星逢一夜」「金色の砂漠」とか。
楽天とかで550円~で観れます。
この人の作品は心が抉られる感じがします。わかりやすい感動ものとかじゃなくて、人間のどうしようもないが故の苦しさとかそれに抗いながらも心は求めてしまうとか…観ていて胸が苦しくなるし重みが残り続けます。
「BADDY」は無条件に楽しい!考えながら観ると深い。楽しい!
自分も気になっていて観ようと思ってるのが、5/1 宙組『NEVER SAY GOODBYE』の配信です。(ちゃっかり宣伝しておく笑)
…スペイン内戦のお話なんですよ。戦争に巻き込まれてゆく人々の生きざま。自ら銃を取ることを選ぶ。今だから観ようと思います。
よければあなたも、ぜひ。

View more

とりあえずたくさん読書をしてみてはどうでしょうか?ジャンルなどは何でもいいです。本を読めばある程度知識がつくので、浅瀬からちょっとは深くなれると思います。
薄っぺらい言葉を自分が受けてどう感じたか、自分の薄い言葉を相手がどう受け止めたかを一つ一つ覚えて省みるしかないと思います。

Language: English