@windfall_j

ぼたもち

東大2年生(経済学部内定)の者です。周囲の優秀な友人と何もできない自分を比べ、惨めになってしまうことがよくあります。こんな自分を克服したいのですが、どのような処方箋が考えられますか。

「ミスターサタンとセルが同じ教室で勉強してるような大学でコンプレックスとか気にしてたら病気になるに決まってる」とは優秀な先輩の至言です。ドラゴンボールを知らない人に説明すると、ミスターサタンは世界トップクラスの男性格闘家です。瓦割りしたり電話帳引き千切ったりといったパフォーマンスが出来るほどの実力があり、自信に満ちた態度で敵なしと言った安定感のある人物像には女性ファンも多いです。
一方でセルは最新鋭のバイオテクノロジーを駆使して生み出された人造人間です。作中に出てくる強い格闘家たち(悟空、ベジータ、ピッコロ)の細胞をこっそり採取培養して作られた生命体であり、彼らの強力な技を同じように使うことができます。誕生時点で強い格闘家数人分の実力がある訳です。チートですね。
セルはミスターサタンと同じく自分の強さに圧倒的な自信を持っていますが、ミスター・サタンと違うのは新しい戦闘スタイルを持つ相手と対峙した場合には冷静な分析を通して自らの戦闘法を進化改良させる点にあります。また作中ではセルが対戦用コロシアムのリングを作るシーンがありますが、その際にも切り出す石の材質を基準に土地を選ぶなどPetrology(岩石学)の知識も豊富であり、顕示しないが様々な教養を持っていることが伺えます。
しかも、ベジータのファイナルフラッシュで右半身が吹っ飛んだときには、ワザともだえ苦しむ振りをしたあとに「なんちゃって」と再生させるなどアドリブでのユーモアセンスにも長けており、おまけにイケメンでアニメ版の声優は若本規夫と来ています。
前述のリング上でセルはミスターサタンと戦うことになるのですが、連打をしているサタンに対してセルは眉一つ動かさずに岩に叩きつけて終了です。
質問から察する限り、あなたはセルかサタンで言えばサタン側に居るのだと思います。違いは自信がないことぐらいですかね(苦笑) きっと人間界での実力としては相当のものがあるのでしょうし、コミュニティによっては欠かせない存在や英雄の名誉を謳歌できる位置にいるのだと思います。でも残念、この大学には宇宙人や人造人間が多数居るのでした。名誉教授の孫や帰国子女で起業家の娘、既にWikipediaでページが出来ている人など化け物ばかりです。そんな人たちとまともに比較したら多角的に惨めに感じるに決まってます。
考えられる処方箋の1つ目は特化して努力することです。
全ての面で彼らを超えるのは無理です。諦めて下さい。それはブートキャンプではなくて親、出生地、習慣選びから抜本的に対策しないと無理です。元東大総長の蓮見氏が書いた『反=日本語論』とかにはもう圧倒的な教育格差が書かれています。子供の教育計画にでも託して下さい。
さて、何かの面で彼らを超えることは余裕で可能です。
ある程度知能のある人たちに共通することがあって、それは「何かをばっさりと切り捨てている」ことです。選択と集中の重要さを子供のときから知っているか、もしくは自分が快適だと思う空間を一度作ってしまったためにそこから抜けられないのかは不明ですが、特定分野の博学が特定の重要な常識に全くの無知であることはかなり多く観測されます。
もちろん無知な分野が恋愛とか公的手続とかそういう元々争っていた分野とかけ離れている場合は勝っても意味がありませんが(それでも自信は付くかもしれませんし、相手は引け目を感じたりあなたに頼るようになるかもしれませんね)、例えば経済でも計量経済的な知識がごっそり抜けていたり、他国の教科書を全く使ったことがないせいで情報源が不足していたり、どの教授の論文がどの分野を作ったのかなどの研究者データベースを知らなかったりすることはありそうです。またはガンガン自習するタイプの子である場合は、教授とのコネクションが手薄であることも考えられます。
ミスターサタンは実は、作品の最後でかけがえのない存在となります。ネタバレになるので詳しくは書きませんが、ミスターサタンはセルや他の登場人物には全くない競合優位性が実は存在しており、その優位性を活かして他の誰でもなく彼が居なければできなかったことを成し遂げて、世界を救うことになります。
大学が自習者の総合以上のものである理由の一つは、予想外のところで予想外の役立ち方をする人間ネットワークというものが確かに19世紀の古典文献学ゼミナール以降の歴史のなかで何百回何千回と観測されてきたからでしょう。
ただのサタンではなく、そんなミスターサタンを目指すのは良い中期目標かもしれません。
2つ目は諦めることです。
❤️ Likes
show all
noriprince’s Profile Photo berybery13’s Profile Photo acoustake’s Profile Photo YukiMuranishi’s Profile Photo hjuutccs’s Profile Photo

Latest answers from ぼたもち

(多変量解析について)回答ありがとうございます。学習の方向の参考にさせていただきます。m(. .)m

はい

徹底的に重回帰の理論を学んでみたいのですが、(難しめの)参考書でおすすめはありますか?

重回帰というより多変量解析であれば、竹内啓の多変量解析の本をパラ読みしていたような。ガチ数学なので僕は挫折しました。
単体で使うならそれに加えて図形的イメージと、現実のデータ点での見え方が大事な気がします。データ点の見え方だと久保先生の緑色した本(データ解析のための統計モデリング入門だったかそんな感じのやつ)はとても分かりやすいです。この本でしかほとんど見たことがない指摘がたくさんあります。
あと、ニューラルネットワークや一般化線形モデルは線形重回帰の拡張としても理解できるので、そういう発展を眺めるのも深い理解に繋がるかもしれません。どの応用においても、線形重回帰は単なるパーツの一つにしか過ぎません。そういう(ある意味では危うい)応用を見ておくと、回帰診断のような話の重要性がまた違って理解できると思います。

プレゼン資料をつくるといつも文字ばかりの資料が出来上がってしまいます。見にくいので直したいのですがどうすればよいでしょうか

人に見てもらうとフィードバックがもらえて良いですよ。厳しい人だとなお良いです。

文章を読む速さ(文意を掴む速さ)はどのような要素(能力)で決まると思いますか?

対象を捉える早さ
関係を捉える早さ
重要度の違いを推し量る早さ
でしょうか

C言語で計算式を書くしか出来ないレベルの物理学徒です。計算機科学に興味を持ち自習しようと考えています。レベル的には計算機の物理的性質(電子がどう情報に変換されるか)からOSとアプリケーション関係やそれらがどう書かれているかまで理解することを目指しています。餅さんが学んだ書籍で有用なものがあればlistを教えていただけませんか?

僕は学内の計算機科学クラスタでは底辺層ですし、とりあえず、計算機科学については東京大学の理学部情報科学科の卒業生の方?が良かった教科書を挙げていたと思うのでそちらを参考にしてください。教科書だって?あんな分厚いの読みたくないよと思われるかもしれませんが、情報科学者や一流エンジニアの卵が読む本なので「絶対に分からせてやる」感が強く、そんじょそこらのネット記事や薄っぺらい雑誌特集記事よりよほど適切に理解できることがあります。
あと、もし僕と同じ大学の方でしたら、大学側でWileyやSpringerという出版社の教科書を無料でダウンロードできる契約を一部結んでいるので、それも探してみてください。
ただし同時に、「どうしてこんな簡単なことや瑣末なリストの説明にわざわざ分かりにくい比喩を使って紙面を費やすのか」と思う場面もしばしばです。そのような場合に役立った書籍をいくつか下に挙げます:
『まつもとゆきひろコードの世界』…プログラミング言語で出てくる抽象的な文法や構造を、言語設計者自らが説明しています。Rubyは国産言語なので、英語よりも遥かに日本語母語話者が学習に有利な珍しい言語です。
Content-Addressable Memory Introduction ... https://www.pagiamtzis.com/cam/camintro/
ソフトウェアだとどんなに神業で実装しても遅いルックアップ処理が、ハードウェアだと定数時間で実装できるという話が載っています。このTCAMの話自体が大事というわけではなくて、「結局アルゴリズムというのは別にプログラミング言語上の書き方とか内部メモリの使い方とかにかぎらず、あらゆる材料(ハードウェアもソフトウェアも含む)で作られた計算資源を使って早くしてよいのだ」という事実に気付くことが重要です。そこに気づけると、分散型アーキテクチャや並列計算、ビットシフト演算やGPU、マルチコアプロセッサやストレージのヒエラルキーなどが見通し良く理解できると思います。
ちょっと疲れてていくつもは挙げれないですね…とりあえず上の2つを見るだけでも、案外見通しよくなるとは思います。

View more

お世話になっております。質問になります。例えば書籍や各種白書など、既に十分な情報が手元にあると仮定して、そこから何か見出し、深みのある仮説を構築することが出来ずにいるのですが、そういったデータを情報に変換する能力はどのように磨かれるのでしょうか?特に企業分析ゼミは東大生、しかも新入時はゼミ所属前の学部1・2回生の割合がかなり高いと伺ったので、実はそれこそ入試勉強が結構良い訓練になっているのかなぁ、等と最近感じています。モチさんはどう思われますか?

1つ目:圧倒的に人生経験と反復訓練だと思います。ただし訓練の場合は答え合わせができないとぼぼ無意味だと思います(人生経験はサンプル数が少なく偏りも大きい、ノイズの多い正解集合ですが、それでもまったく正解信号がないより遥かにマシです) 2つ目:受験で仮説思考が磨かれたなんて僕は一度も思ったことがないです。入試は記号操作能力を高めるだけだと思います

ピーター・ティールの伝記って興味ありますか?「綻びゆくアメリカ」という「ZERO to ONE」以前に書かれた本にそれに該当する章があるので、もし興味があれば立ち読みでもおすすめします。

おお!貴重な情報ありがとうございます。早速Kindleで購入しました。

ゼロトゥワンが今年最高の本なのは、ティールの思想が、本という形態でなければできない形で収められているからですか?それプラスティールの思想、戦略の中身自体の評価もこみですか?

前者です。読書は苦手だったので、本という形態がここまでの威力を持つとは思っていませんでした。ですが、言われてみれば後者も含めるとより評価が高まりますね。
彼の思想ですごいなと僕が思うのは、論点を網のように細かく張り巡らすように全体を捉えている点です。一言で言えば極めて体系だっています。ブログ記事でもなく、講演会のサイズでもなく、本のサイズがぴったりだったように思います。

おもちさんのアカウント名変更が楽しみな行事になってきました。

TLの彩りに役立ったのであれば幸いです

Language: English